作品紹介

『ロストケア』

©2023「ロストケア」製作委員会

イントロダクション

 松山ケンイチ、長澤まさみが初共演する、映画『ロストケア』が2023年3月24日に全国公開することが決定。本作は連続殺人犯と検事が対峙し、なぜ彼が殺人を犯したのかに迫る社会派エンターテイメントとなっている。
 主人公の心優しい介護士・斯波宗典を演じたのは大河ドラマの主演をはじめ、映画、ドラマと数々の話題作に出演する演技派俳優、松山ケンイチ。また斯波と対峙する検事・大友秀美を演じたのは日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞するなど、人気と実力を兼ね備えた俳優、長澤まさみ。本作で初共演を果たす2人の鬼気迫る演技は必見だ。

ストーリー

 早朝の民家で老人と介護センター所長の死体が発見された。
 犯人として捜査線上に浮かんだのは死んだ所長が務める訪問介護センターに勤める斯波宗典(松山ケンイチ)。彼は献身的な介護士として介護家族に慕われる心優しい青年だった。検事の大友秀美(長澤まさみ)は斯波が務める訪問介護センターで老人の死亡率が異常に高いことを突き止める。この介護センターでいったい何が起きているのか? 大友は真実を明らかにするべく取り調べ室で斯波と対峙する。
 「私は救いました」。斯波は犯行を認めたものの、自分がした行為は「殺人」ではなく「救い」だと主張する。斯波の言う「救い」とは一体何を意味するのか。なぜ、心優しい青年が未曽有の連続殺人犯となったのか。斯波の揺るぎない信念に向き合い、事件の真相に迫る時、大友の心は激しく揺さぶられる。
 「救いとは?」、「正義とは?」、「家族の幸せとは?」、現在の日本が抱える社会と家族の問題に正面から切り込む、社会派エンターテインメント映画が、今幕を開ける!

 (2023年、日本、上映時間:114分)

キャスト&スタッフ

 原作:「ロスト・ケア」葉真中顕 著/光文社文庫刊
 監督:前田 哲
 脚本:龍居由佳里、前田 哲
 主題歌:森山直太朗「さもありなん」(ユニバーサル ミュージック)
 音楽:原摩利彦
 制作プロダクション:日活、ドラゴンフライ

 出演:松山ケンイチ、長澤まさみ
    鈴鹿央士、坂井真紀、戸田菜穂、峯村リエ、加藤菜津、やす(ずん)、岩谷健司、井上肇
    綾戸智恵、梶原 善、藤田弓子、柄本 明ほか

予告編

オフィシャル・サイト(外部サイト)

映画『ロストケア』公式サイト
松山ケンイチ×長澤まさみが贈る、魂を揺さぶる衝撃の社会派エンターテインメント。

公開表記

 配給:東京テアトル 日活
 2023年3月24日 全国ロードショー

(オフィシャル素材提供)

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました