最新ニュース

『バビロン』第80回ゴールデングローブ賞助演男優賞ノミネート!ジャック・コンラッド役ブラッド・ピット 新場面写真解禁

©2022 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

 『ラ・ラ・ランド』でアカデミー監督賞を史上最年少で受賞、いま最も映画に愛される若き天才監督デイミアン・チャゼルが、オスカー俳優の大スター、ブラッド・ピット、いま世界で最も輝く女優の一人マーゴット・ロビーほか豪華キャストを迎え、再びハリウッドを舞台に描く夢と音楽のエンタテインメント最新作『バビロン』が、2023年2月10日(金)に全国公開!

 ゴールデンエイジ(黄金時代)と呼ばれた1920年代ハリウッド、サイレント映画からトーキー映画へと移り変わる時代。富と名声、野心に彩られた映画業界で夢を叶えようとする男女の運命を描く。ほか共演者には、トビー・マグワイア、サマラ・ウィーヴィング、オリヴィア・ワイルド、キャサリン・ウォーターストン、新鋭ディエゴ・カルバ、レッド・ホット・チリ・ペッパーズのベーシストのフリー、など多彩なキャストが集結。また楽曲は、現在もCMで連日使用される『ラ・ラ・ランド』のあの名曲を作曲し、第89回アカデミー賞®作曲賞・歌曲賞を受賞したジャスティン・ハーウィッツが担当。ジャズ・エイジと呼ばれたジャズ全盛期の音楽をいかに作曲するかも注目のポイントとなっている。『ラ・ラ・ランド』以来の脚本執筆となったチャゼル監督の、映画に対する強い情熱を感じさせ、賞レース常連の監督・スタッフとメインキャストによる夢の組合せが実現した。

長きにわたり最前線で映画界を牽引しつづけている、トップオブトップの俳優ブラッド・ピットがおよそ100年前・サイレント映画界の頂点に君臨するスター、ジャック・コンラッド役を熱演。いつの時代のハリウッドでも、変わらぬオーラと輝きを放つブラピの場面写真を一挙解禁!

 本作でブラッド・ピットが演じるのは、サイレント映画界の頂点に君臨するスター、ジャック・コンラッド。ジャックはファンの群衆の中で、たとえ短い時間であっても、一息つくことなくその場にいる皆に話しかけ、誰をも虜にする、大御所ならではの余裕と色気に満ちた魅力的なキャラクターだ。今回解禁となったピットの場面写真は、大御所の映画スターらしくサングラスをかけタバコを片手にニヤリと微笑む表情や、タキシード姿で大物女優フェイ(リー・ジュン・リー)と見つめあう艶やかな2ショット、ハリウッドに夢をみてジャックの元に飛び込んできた青年マニー(ディエゴ・カルバ)と遠くを見つめる立ち姿、さらにチャゼル監督と撮影現場でディスカッションをしている貴重なメイキング・カットだ。

©2022 Paramount Pictures. All Rights Reserved.
©2022 Paramount Pictures. All Rights Reserved.
©2022 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

 チャゼル監督は、華やかな映画界の最先端をいくジャックのキャラクターの特徴を「世界で最も高い興行収入を稼ぐ主演男優だ。まさにその瞬間にスターダムの頂点を極めた人物の一人であり、映画スター界という概念が比較的新しかったこの時代に、彼が呼び起こすヒステリックな愛と称賛は、現代の我々には到底考えつかないものだ」と解説。まさにブラッド・ピットのような本物のトップ俳優こそが演じられる役柄で、ピットは「過去に遡り、勉強した。ジョン・ギルバート、ダグラス・フェアバンクス、ルドルフ・ヴァレンチノの作品をたくさん見たよ。彼らの演技には真の魅力がある。サイレント映画は頼りとなる台詞はなく、たまに字幕が出るだけだ。だから演技もそれに合わせたスタイルがあり、今の僕らのものとは違うんだ」と映画史にその名を刻む往年の名優たちを参考に、サイレント映画独特の役作りを自身に落とし込んだことを語る。
 果たして現代の映画界のトップスター、ブラッド・ピットは100年前の映画スターをどのように演じているのか。そしてサイレント映画界では頂点に君臨するジャックは果たして世間に受け入れ始められた“トーキー映画”という新たな波に乗ることはできるのか……ジャックの行く末や如何に……!

 人々の欲望と思惑がうずまく映画界を生き抜く強かさ、そして併せ持った情熱の純粋さと美しさで“黄金期“と呼ばれたハリウッドを、頂点からの景色も底辺から駆け上がっていく姿も映し出す本作。グローバルプレミアでのお披露目も経て、観る者に強烈なインパクトを与え、一心不乱に、時に大胆に夢を追いかける姿に心奪われる人が続出中! ピットが見せる、栄光と葛藤を絶妙に調和させた熱演には世界中から絶賛の声が絶えず、アカデミー賞®前哨戦と言われる第80回ゴールデングローブ賞で助演男優賞にもノミネート。もし、本作で受賞した場合は『12モンキーズ』(95)、『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』(19)につづき3度目の受賞となり、その先のアカデミー賞®へとますます期待が膨らむ!

 『ラ・ラ・ランド』で映画と音楽の魔法により世界を虜にした監督が描く、夢と音楽のエンタテインメント最新作。マーゴット・ロビー、トビー・マグワイア、サマラ・ウィーヴィング、オリヴィア・ワイルド、キャサリン・ウォーターストン、新鋭ディエゴ・カルバなど、豪華キャスト陣との競演にもご期待を!

公開表記

 配給:東和ピクチャーズ
 2023年2月10日(金)『ラ・ラ・ランド』監督が贈る“最高のショー”が始まる!

(オフィシャル素材提供)

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました