作品紹介

『自分革命映画闘争』

©ISHII GAKURYU

イントロダクション

 石井岳龍監督最新作『自分革命映画闘争』が、3月18日(土)より神戸・元町映画館にて先行公開、3月25日(土)より渋谷・ユーロスペースにて劇場公開が決定した。
 『パンク侍、切られて候』(2018)以来、5年ぶりとなる石井岳龍監督最新作がついに劇場公開。2006年より神戸芸術工科大学教授に着任して以降、17年間に至る映画創作研究活動の集大成にして原点たるハードコア精神に立ち返った石井岳龍最大の問題作にして意欲作が遂にベールを脱ぐ!
 冒頭から突然の失踪! 強烈な印象を残す「石井岳龍教授」を監督本人が演じ、さらに制作スタッフ全員がカメラの前に立ち、フィクションとドキュメントがせめぎ合ってゆきながら、映画を学び、作り上げていく混濁したプロセスそのものを、石井岳龍の脳内電気信号純度100%で出力した! 40数年の監督史において常に表現のフロンティアを切り開いてきた石井岳龍による厳格な実験精神と秘めた獰猛さが結実したISHII映画の到達点たる2時間45分のインナートリップ!

©ISHII GAKURYU

ストーリー

 神戸芸工大映画コース教授でありながら、自らの思想「自分革命映画闘争ワーク」の実践に駆られ狂的状態に陥り、突然失踪してしまう石井岳龍。
 彼が残した「個の想像力や認識の拡張、意志の強化を目指す内意識革命の為のワークテキスト」の扱いに、大学同僚の武田助教、助手谷本は困惑。葛藤後、任意の学生とワークの実践を試みる選択をし、同時に武田は失踪した石井の影を追い、やがてそれは謎の洞窟探検にまで至ることになる。
 学生たちはそれぞれが選択したテキストの実践をすることによって、まるで映画の中のような拡大した想像力と意識拡張の迷宮世界に迷いこむのだが……。

 (2023年、日本、上映時間:165分)

スタッフ&キャスト

 製作:石井岳龍、KDUF
 監督・脚本:石井岳龍
 撮影・照明・編集・VFX:武田峻彦
 音楽・音響スーパーバイザー:勝本道哲
 美術:谷本佳菜子
 録音・音響編集:折野正樹
 助監督・劇中デザイン:向田 優
 出演:神戸芸術工科大学・映画コース関係者有志

ギャラリー

予告編

公開表記

 配給:ブライトホース・フィルム
 3月18日(土) 神戸・元町映画館にて先行公開
 3月25日(土) 渋谷・ユーロスペースにて劇場公開

(オフィシャル素材提供)

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました