最新ニュース

『ヌーのコインロッカーは使用禁止』4月7日(金)公開決定!予告映像&ビジュアル解禁

©上西雄大

 上西雄大が監督・脚本・プロデューサーを務めた映画『ヌーのコインロッカーは使用禁止』が、4月7日(金)に公開することが決定した。
 本作は、発達障害でありながら素晴らしい絵画を描く山﨑宥さんがモデルとなった作品。監督、脚本、プロデューサーを務めるのは、映像劇団テンアンツの代表である上西雄大。
 本作について、「発達障害についてお話を聞く機会があり、そこに触れたさまざまな言葉や心に、心を動かされ、本作の脚本を書きました。映画作品となり、本作の主人公が、多くの方々に、何を渡すのか、主人公ヌーは、コインロッカーベイビーであり、発達障害児であり、紛れもない天使であります。ぜひ、一人でも多くの方に観ていただきたいと思います」と話し、2021年マドリード国際映画祭では見事最終優秀作品賞を受賞。
 主人公のヌーを演じるのは、『ひとくず』で北村 凛役を演じ、 第7回ニース国際映画祭 助演女優賞 受賞、マドリード国際映画祭2019 助演女優賞 受賞した実力派女優、古川 藍。本作でも、2021年マドリード国際映画祭で外国語映画部門 最優秀主演女優賞、ロンドン国際映画祭2021外国語映画部門 最優秀主演女優賞を受賞し、世界から注目を集めている。

この度、本作の予告映像とポスタービジュアルが解禁となった!

 予告映像は、「泣いちゃダメよ~」とヌーの優しい純粋無垢な笑顔からはじまる。お金が必要な男が覚醒剤をコインロッカー入れようとした瞬間、「“ぬ5515”は使用禁止でございます」とヌーは叫び、その後二人が交流を深めていく様子が描かれている。後にヌーはこのコインロッカーに捨てられていたことが発覚。男はヌーの純粋な心に触れていき、本物の家族のよう可愛がっていたが、突然ヌーが倒れ……。

 ビジュアルでは「スケッチブックを抱えたコインロッカー生まれの無垢な天使」というコピーとともにヌーの無邪気な笑顔が映し出され、優しい仕上がりとなっている。大阪を舞台にした切なくて愛しい喪失と再生の物語にぜひご注目を!

公開表記

 配給:10ANTS
 4月7日(金) 公開

(オフィシャル素材提供)

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました