最新ニュース映画祭・特別上映

『少女は卒業しない』第23回ニッポン・コネクション日本映画祭 ニッポン・ヴィジョンズ部門 正式招待決定!

©朝井リョウ/集英社・2023 映画「少女は卒業しない」製作委員会

 直木賞作家・朝井リョウの同名連作短編小説を映画化した『少女は卒業しない』が、2月23日(木・祝)より全国公開中!
 廃校が決まり、校舎の取り壊しを目前に控えたとある地方高校を舞台に、世界のすべてだった“学校”と“恋”にさよならを告げる4人の少女たちの卒業式までの2日間が描かれる本作。原作は、直木賞作家・朝井リョウの連作短編小説。監督・脚本を手掛けたのは、短編映画『カランコエの花』が国内映画祭で13冠を獲得し話題を呼んだ中川 駿。彼氏へのある“想い”を抱えながら卒業生代表の答辞を担当する料理部部長の主人公・山城まなみを演じるのは、本作が初主演となる河合優実。将来の夢のために進路の違いで彼氏と離れることを選んだバスケ部の部長・後藤由貴役には小野莉奈。軽音部の部長で同じ部内の中学校からの同級生に恋心を抱く神田杏子役に小宮山莉渚。クラスに馴染めず図書室に通いながら先生に密かな想いを寄せる作田詩織役に中井友望。まなみの彼氏・佐藤駿役に窪塚愛流。神田が片思いする軽音部員の森崎剛士役に佐藤緋美。バスケ部員で後藤の彼氏・寺田賢介役に宇佐卓真。そして、作田が恋焦がれ図書室を管理する現代文の先生・坂口優斗役を藤原季節が演じる。

第23回ニッポン・コネクション日本映画祭 ニッポン・ヴィジョンズ部門に正式招待決定!

 2月23日から公開となった本作は、国内最大級の映画レビューサービス「Filmarks」で初日満足度ランキング1位を獲得。SNSでは「美しく静かに迎えるラストは自然に涙が溢れた」「懐かしい気持ちを思い出させる青春映画」「観賞後も余韻が抜けない」「“恋”を一番美しく描いた最高傑作」など、早くも〈今年のベスト映画〉の声が続々とあがっている。さらに、映画の中盤から明かされる、ある〈秘密〉について「ネタバレ喰らう前に鑑賞オススメ」と呼び掛ける声も。そんな本作が第23回ニッポン・コネクション日本映画祭のニッポン・ヴィジョンズ部門への正式招待が決定した。

 今年で23回目を迎えるニッポン・コネクションは毎年ドイツ・フランクフルトで開催される映画祭で、厳選された映画プログラムや文化プログラムを通じて、伝統から現代に至るまで日本の多彩な面に触れられる映画祭。毎年100本あまりの日本映画の上映を通じて多彩な表情を見せる日本映画の“今”を伝え、劇映画以外にも短編映画やドキュメンタリー映画、アニメ映画を含み、その大半は当映画祭で、ドイツ、ヨーロッパ、または日本国外での初公開を迎える。
 今年は現地時間6/6~6/11で開催され観客賞、審査員賞を競うコンペがある。

 選出部門のニッポン・ヴィジョンズへの選出基準について、映画祭は「この部門では、学生映画から自主制作のドラマ映画、実験映画に至るまで、独自のアプローチでストーリーを構築し、大胆な映画製作を行なう才能のある新人監督を選出しています。主な目的としては、メジャー作品をはるかに超えた隠れた才能を見つけることです」とコメント。本作の選出理由については「巧みな演出と実力派キャストによって、今作は日本の高校の小世界(縮図)をユニークに描いていました。同時に、青春の最後の日々へ送る感動的な賛歌でもあると思います」と称賛している。

 本映画祭の正式招待が決まったことを受けて中川 駿監督からコメントが到着。
 「ニッポン・ヴィジョンズ部門へご選出いただき、とても光栄に思います。本作の特徴であるノスタルジックな情景や、制服や卒業アルバムといった象徴的なアイテムがドイツの皆様にどう届くのか、とても興味深いです。ぜひ楽しんでいただけましたら嬉しいです」と喜びのコメントを寄せている。
 ドイツでプレミア上映となる本作、観客の反応はいかに――。

 誰もが経験のある「卒業」と「恋の別れ」。後悔と希望を胸に迎える卒業式に、恋する喜びと切なさを心に刻む少女たち。二度と戻れない“あの頃”の感情を呼び起こす、新たな青春恋愛映画の金字塔『少女は卒業しない』に引き続きご注目を!

公開表記

 配給:クロックワークス
 新宿シネマカリテ、渋谷シネクイントほか全国公開中

(オフィシャル素材提供)

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました