イベント・舞台挨拶

『なのに、千輝くんが甘すぎる。』公開前夜祭舞台挨拶

©2023「なのに、千輝くんが甘すぎる。」製作委員会 ©亜南くじら/講談社

 亜南くじらによる超⼈気コミック「なのに、千輝くんが⽢すぎる。」が実写映画化。主⼈公に「なにわ男⼦」の⾼橋恭平ら今旬でフレッシュなキャストが集結した胸キュンシーン連続の“⼥⼦憧れ度No.1”⻘春ラブストーリーが3⽉3⽇より全国公開となる。
 本作の公開を祝し、3⽉2⽇(⽊)に【公開前夜祭舞台挨拶】が開催され、主演の⾼橋恭平(なにわ男⼦)、ヒロインを演じた畑 芽育、板垣李光⼈、莉⼦が登壇し映画公開を控え、喜びを語った。

 客席からの拍⼿と歓声に迎えられながら、なにわ男⼦初の映画主題歌「Special Kiss」とともに登壇したキャストたち。
 本作で主演を務めた⾼橋は「明⽇公開となりますが、ドキドキもしてますけど、今⽇はこの30分間を楽しんでいきたいと思います」と挨拶。ヒロインを演じた畑は「本当に感極まりそうなんですが、⾃分がヒロインとしてこんな素敵な役で出演させていただいて、皆さんにその作品を届けられることが嬉しくて、本当に夢みたいな気持ちでいます」と喜びを伝えた。続く板垣は「⼿塚は10代らしいというか、思春期の不安定な気持ちを持った⼦。そこらへん共感していただけたらなと思いますし、映画全体としても胸キュンシーンがたくさんありますが、そこだけでなく、それぞれの⼈間の⼼の揺れ動きなど、共感しながら楽しんでいただけたらと思います」と作品の魅⼒もアピール。莉⼦は「いよいよ明⽇公開ということで、撮影から今⽇まであっというまでした︕今⽇は楽しみながら作品の魅⼒を伝えられれば」と挨拶した。

 2022年初夏の撮影から本⽇に⾄るまで様々なプロモーション活動を⾏なってきた登壇者たち。これまでを振り返った⾼橋は「初主演ということで、番宣などたくさんのことやらせていただきました。全てが初めての体験で、皆で全⼒で作品を盛り上げようとやってきて、すごく楽しかったです。いよいよ公開を迎えて、皆さんにどう届くのか楽しみです」と語った。座⻑としての気持ちを聞かれると「全員が座⻑です! 横並びです! ワンフォーオール・オールフォーワンという感じで!」と話す⾼橋に「(⾼橋が引っ張ってくれていたのは)みんな感じています」と板垣がフォローする場⾯も。畑は「撮影期間中から、今⽇に⾄るまで莉⼦とはずっと会っていたんです。莉⼦と遊んでいたらもう公開だと。映画で出会ったお友達と、映画のことを考えていたらあっというまに今⽇が来てしまったという感じです。⾼橋さんもおっしゃっていたように、番宣などたくさんの経験をさせていただいて、新鮮な気持ちと、作品を背負っているんだなという、いままでに感じることのなかった責任感も感じることができました」と今⽇までの⽇々を振り返った。


 ここでトークのテーマは本作に登場する「秘密の⽚想いごっこ」にちなみ、キャストのヒミツを告⽩してもらうコーナーに!
 トップバッターに指名された莉⼦は「芽育しか知らないエピソードなんですが」と前置きをしつつ「『真綾』と呼びかける少しシリアスなシーンで、ちょっと疲れていたんですかね? 本番で⾒事に(畑の本名の)『芽育』って⾔っちゃって。本当に⾃分で⾔っていた感覚はなかったんですが、芽育がツボにハマっちゃって、謝りたいなと。芽育が好きすぎて出てしまいました」と可愛らしい失敗談を明かした。畑も「こんな⼤事なシーンで『芽育』って⾔いながら駆け寄ってくる莉⼦ちゃんがツボにハマっちゃって、役が作りづらかったです」と笑いながら撮影を振り返った。


 続く板垣も、撮影初⽇の失敗談を披露。「現場に初めて⼊って、撮るぞという場⾯で、恭平くんと⼀緒に歩いてたんですよ。僕は⽇傘をさしていたんですが、⽇傘を恭平くんにさしてしまって。なんて幸先が悪いスタートなんだろうと」と申し訳なさそうに明かすも、⾼橋からは「そこから僕たちの絆が始まりましたからね、そのコミュニケーションから絆が作れた気がします」とすかさずフォローが。⼈⾒知りを⾃称する2⼈だが、「⾏き過ぎるとダメなんですよ」と話す⾼橋に呼応するように「そこか⼼地良い。(⾼橋は)すごい周り⾒てるんだろうなと思いました」と板垣が返す微笑ましい⼀⾯も。

 畑は、撮影も終盤に差し掛かった頃に起こった出来事を告⽩。「朝起きた時に左に違和感を感じまして。ものもらいになってしまっていて病院に駆け込みました。ヒロインのくせにものもらいになりやがってと……。⽬⽴たないようになっているんですが、ちょっとだけ⽬が腫れてるシーンがチラっとあります」と話した。⾼橋は「俺、撮影中に⾜の⽑を剃ったんですよね」と⼤胆発⾔! 板垣から「少⼥漫画原作映画でこんなに⽑の話しますか?」とツッコミが⼊る⼀幕も。
 イベントは終盤となり、2⽉28⽇に23歳の誕⽣⽇を迎えたばかりの⾼橋へのサプライズプレゼントとして、ハートがたくさんあしらわれた特製の誕⽣⽇ケーキが登場! さらに、観客からは「おめでとう」と書かれたハートのカードを掲げられ、ケーキを覗き込みながら「嬉しいですね、ちょっとびっくりしてます。皆さんに祝ってもらうことがあまりなかったので、嬉しいです」と喜びをあらわにした。
 23歳の抱負を聞かれると「初主演映画もやらせていただいて、こっからいろんな役だったり、グループとしても、もっとメンバーに還元できるような、23歳らしいしっかりした⾼橋恭平を。知的キャラで、賢い⾯もそろそろ⾒せたほうがいいかなと思っています」と⼒強く語った。
 そして、イベントの最後には⾼橋から「明⽇から全国公開されます。この作品は本当に⽼若男⼥皆さんに楽しんでいただける、胸キュンも⻘春を楽しんでいただけますし、新しいラブ・ストーリーを楽しんでもらえるんじゃないかなと思います。あとは、なにわ男⼦の映画初主題歌『Special Kiss』もよろしくお願いします。映画も主題歌もどちらも最⾼ですので楽しんでください!」と熱いメッセージでイベントは幕を閉じた。

登壇者:高橋恭平(なにわ男子)、畑 芽育、板垣李光⼈、莉⼦

公開表記

 配給:松竹
 3月3日(金)より全国ロードショー

(オフィシャル素材提供)

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました