最新ニュース

『夜が明けたら、いちばんに君に会いにいく』製作&公開日決定/W主演キャスト・監督決定

© 2023「夜が明けたら、いちばんに君に会いにいく」製作委員会

 映画『夜が明けたら、いちばんに君に会いにいく』(制作プロダクション:C&Iエンタテインメント、アスミック・エース 配給:アスミック・エース)の製作とW主演キャスト、監督が決定した。

無彩色で息苦しいこの世界。救い出してくれたのは、“私を嫌い”な君でした――。
マスクが手放せない「優等生」の茜と、自由奔放で絵を描くことを愛する銀髪の青磁。
しかし、彼らにはそれぞれ誰にも言えない過去と秘密があり――。

 原作は、多くのヒット小説を生み出してきた小説サイト「野いちご」で連載され、第1回野いちご大賞を受賞した、汐見夏衛の「夜が明けたら、いちばんに君に会いにいく」(スターツ出版 刊)。累計発行部数30万部を超え、丁寧に描かれた登場人物の心情と、表現豊かな風景描写で圧倒的共感と感動を呼び、「10代女子が選ぶ文芸小説No.1」にも選ばれた(出展:日販W+)珠玉のラブ・ストーリーが待望の映画化!

© 2023「夜が明けたら、いちばんに君に会いにいく」製作委員会

 W主演を務めるのは、これまでに発売した6作のシングル全てがオリコン週間シングル・ランキングで1位を獲得、昨年末には「第73回NHK紅白歌合戦」への初出場を果たし、アジア最大級の音楽授賞式「2022 MAMA AWARDS」では“Favorite Asian Artist”を日本人アーティストで唯一受賞するなど、国内外から熱い注目を集めるグローバルボーイズグループ・JO1メンバーの白岩瑠姫と、「マリーミー!」(20/ABC)、「青春シンデレラ」(22/ABC)、「ブラザー・トラップ」(23/TBS)、『おとななじみ』(23年5月12日公開予定)など、映画・ドラマの主演作が相次ぎ、女優として華々しい活躍を見せるだけでなく、non-no専属モデルを務めるなど、ファッションアイコンとしても同性から圧倒的な支持を集める久間田琳加。
 白岩は、JO1のメンバーとして映画初主演。今回白岩が演じるのは、自由奔放で、絵を描くことが好きな銀髪の高校生・深川青磁。クラスの人気者で、久間田演じるクラスメイトの茜に「嫌い」だと正面から告げるようなはっきりとした性格ながら、謎めいた一面もある複雑な役柄に挑戦している。青磁役を演じるにあたり、白岩は自身のトレードマークでもあるハイトーンの髪色と、その透明感あふれる儚いビジュアルで、まるで物語から飛び出してきたかのように作品の世界観をリアルに体現。自分の感情や、絵を描くということにまっすぐに向き合う芯の強い様を溌剌と演じる一方、「秘めた過去」を持つ青磁の翳りを帯びた心情を繊細に表現するなど、映画初主演とは思えない堂々たる演技を披露している。

 「青春シンデレラ」(22/ABC)、「ブラザー・トラップ」(23/TBS)、『おとななじみ』(23年5月12日公開予定)など、主演作が相次ぎ、近年ますます女優として躍進著しい久間田が演じるのは、過去の「ある出来事」が原因で、優等生を演じている女子高生・丹羽 茜。学校では「マスク」が手放せず、本当の自分と周囲からのイメージのギャップに思い悩む、自由奔放な青磁とは正反対のキャラクターだ。久間田はマスクをなかなか外せない役柄という、実社会に生きる現代の若者の姿とも重なる難役をエモーショナルに表現。青磁と触れ合うにつれ心を開き、カラフルな世界の「美しさ」に気付いていく表情の変化にもぜひご注目いただきたい。

 監督を務めるのは、映画祭でグランプリを受賞後、商業映画デビュー作となった『はらはらなのか』(17)などで映画ファンから熱い注目を集め、「映像作家100人2020」にも選出された酒井麻衣。「明日、私は誰かのカノジョ」(22/MBS)や、熱狂的なファンを生み出した、劇場版の公開も決定した第59回ギャラクシー賞 マイベストTV賞グランプリ受賞作「美しい彼」(21・23/MBS)など、話題作を続々と手がける気鋭のクリエイターだ。そんな酒井監督の作家性の特徴のひとつが、登場人物たちのリアリティあふれる精緻な人物描写と、物語の情感を彩るカラフルで幻想的な世界観。「色鮮やか」なラブ・ストーリーである本作をどう染め上げていくのか期待が高まる。脚本は、酒井麻衣監督が演出を手がけた「明日、私は誰かのカノジョ」(22/MBS)や「雪女と蟹を食う」(22/TX)などの話題作に参加している、イ・ナウォン。

 本作は、2023年1月~2月に行われた撮影を経て、無事クランクアップ。劇場公開は2023年9月1日(金)を予定。次世代の日本映画界を担う若き才能・酒井麻衣監督が、白岩瑠姫、久間田琳加ら今をときめくフレッシュなキャストとともに染め上げる、純度100%の“色鮮やか”なラブ・ストーリーである本作。今後の展開にぜひご注目を!

プロフィール&コメント

主演:白岩瑠姫【しろいわ・るき】(深川青磁【ふかがわ・せいじ】役)

© 2023「夜が明けたら、いちばんに君に会いにいく」製作委員会

 1997年11月19日生まれ、東京都出身。
 これまでに発売した6作のシングル全てがオリコン週間シングルランキングで1位を獲得し、昨年末の「NHK紅白歌合戦」への初出場を果たした大活躍中のグローバルボーイズグループ・JO1のメンバー。個人としては、「JO1のオールナイトニッポンX(クロス)」のメインパーソナリティーを務めている。22年にJO1主演ドラマ「ショート・プログラム」(Amazon Prime Video)に出演。本作が映画初出演・映画初主演となる。

コメント
 最初にオファーを頂いた時は、初めての映画の主演ということで、嬉しい気持ちと同時に不安もあって「感情」が忙しかったです。今回、絵が得意な青磁というキャラクターを演じる上で、実際に絵を描くシーンにも挑戦したのですが、現場の雰囲気がすごく良く、酒井監督やスタッフの皆さんにも優しくフォローしていただいたおかげで、楽しく撮影に臨めました。現場に入ってすぐの頃は、実は少し人見知りをしてしまったのですが、酒井監督から、主演を務める座長として、周りの皆とコミュニケーションを取って欲しいとのアドバイスを頂きました。そこから茜役の久間田さんや共演者の皆さん、スタッフの皆さんに積極的に話しかけるようにして、良い関係を築くことができたと思います。酒井監督には演技面ではもちろん、それ以外の部分でも支えていただき、とても感謝しています。皆で一緒に作り上げた作品ですので、『夜きみ』をたくさんの方に愛して欲しいなと思います。

主演:久間田琳加【くまだ・りんか】(丹羽 茜【にわ・あかね】役)

© 2023「夜が明けたら、いちばんに君に会いにいく」製作委員会

 2001年2月23日生まれ、東京都出身。
 これまでの主演作に、『ヌヌ子の聖★戦~HARAJUKU STORY』(18/進藤丈広監督)、「マリーミー!」(20/ABC)、「青春シンデレラ」(22/ABC)、「ブラザー・トラップ」(23/TBS)など。雑誌「non-no」の専属モデルも務め、同性代女子からの圧倒的な人気を誇る。主な待機作に、「ながたんと青と-いちかの料理帖-」(23/WOWOW)、「君に届け」(23/Netflix)、主演作『おとななじみ』(23年5月12日公開/髙橋洋人監督)などがある。

コメント
 私が演じる茜はマスクが手放せない女の子です。原作小説が書かれたのはコロナ禍の前ですが、マスク習慣が広まった今では、さらにいろいろな見方ができる作品だと思います。今回共演した青磁役の白岩さんは、初めてお会いした時はクールな印象だったのですが、撮影に入るとおしゃべり好きなことが分かって、役作りでもとても助けられました。酒井監督の作品はこれまでも拝見していたのですが、どの作品も画がとても綺麗で、いつかお会いしてみたいと思っていました。今回演じた茜役はマスクをするシーンが多く、目線の演技が大切になるため、難しい役柄でもあったのですが、酒井監督にはたくさんアドバイスをいただき、助けていただきました。この作品には、どの世代の方が観てもときめく要素が散りばめられています。私も演じていて心地いいと思う瞬間が何度もあったので、スクリーンを通して伝わったら嬉しいです。

監督:酒井麻衣

 1991年生まれ。映画祭でグランプリを受賞し、2017年『はらはらなのか。』で商業デビュー。「映像作家100人2020」に選出される、代表作に、ドラマ「恋のツキ」(18/TX)、「ぴぷる-AIと結婚生活始めました-」(20/WOWOW)、「荒ぶる季節の乙女どもよ。」(20/MBS)、「明日、私は誰かのカノジョ」(22/MBS)、MVなにわ男子『初心 LOVE(うぶらぶ)』、優里『レオ』、Nissy『I Need You』など、多岐にわたって活躍する。『劇場版 美しい彼~eternal~』が大ヒット公開中。

コメント
 「マスクの着用が個人の判断に委ねられる」時期がやってきました。自分にとってマスクは、いつしかお守りのようになっている部分があったので、戸惑っているというのが、本心です。そんな時に出逢ったのが、コロナ前に書かれたこの物語でした。優等生であり学校ではマスクを手放せない茜と、自由奔放で画家を目指している青磁のお話。
 この2人は、自分の気持ちを代弁してくれたような、晴れやかな気持ちにさせてくれました。ガラスのように割れやすくも 綺麗な青春の煌めき、将来への期待と恐怖、初めて知る恋心、全てが綺麗で、心が洗われました。
 白岩さんの持つ儚い強さと、久間田さんの持つ優しい眼差しが、役を通し交わり、エモーショナルな瞬間を捉えられ、とても幸せでした。
 スタッフ一同、真摯に純度の高い青春と向き合いました。皆様にお届けする日が待ち遠しいです。

原作:汐見夏衛

コメント
 この度『夜が明けたら、いちばんに君に会いにいく』の映画化が決定いたしました。
 酒井監督の彩り豊かでありながら透き通る清澄感に満ちた世界観、白岩さんの全身から放たれる圧倒的な存在感と吸い込まれそうな瞳、久間田さんの内側から発光するような透明感と弾けるような笑顔を拝見して、僭越ながら『素晴らしい作品になるに違いない!』と確信しました。
 このような機会を頂けたのは他でもなく、これまで本作を応援して下さった皆様のおかげです。本当にありがとうございます! 一緒に公開を心待ちにしていただけましたら幸いです。

ストーリー

 無彩色で息苦しいこの世界。救い出してくれたのは、“私を嫌い”な君でした――。
 マスクが手放せず、周囲の空気ばかり読んでしまう「優等生」の茜。
 自由奔放で絵を描くことを愛する、銀髪のクラスメイト・青磁。
 何もかもが自分とは正反対の青磁のことが苦手な茜だったが、彼が描く絵と、まっすぐな性格に惹かれ、茜の世界はカラフルに色づきはじめる。
 次第に距離を縮めていくふたりだったが、彼らは互いに誰にも打ち明けられない秘密を抱えていた――。
 圧倒的共感を呼ぶ、純度100%の色鮮やかなラブ・ストーリー。

 (2023年、日本)

キャスト&スタッフ

 出演:白岩瑠姫(JO1)、久間田琳加
 原作:汐見夏衛「夜が明けたら、いちばんに君に会いにいく」(スターツ出版 刊)
 監督:酒井麻衣
 脚本:イ・ナウォン、酒井麻衣
 製作:『夜が明けたら、いちばんに君に会いにいく』製作委員会
 制作プロダクション:C&Iエンタテインメント、アスミック・エース

オフィシャル・サイト(外部サイト)

【公式】映画『夜が明けたら、いちばんに君に会いにいく』オフィシャルサイト
9月1日(金)全国ロードショー|白岩瑠姫(JO1)久間田琳加 W主演!純度𝟏𝟎𝟎%の色鮮やかなラブストーリー。

 公式Instagram:https://www.instagram.com/yorukimi_movie/(外部サイト)
 公式Twitter:https://twitter.com/yorukimi_movie(外部サイト)

公開表記

 配給:アスミック・エース
 9月1日(金) 全国ロードショー

(オフィシャル素材提供)

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
Translate »
タイトルとURLをコピーしました