最新ニュース

『クリード 過去の逆襲』監督&キャストが熱く語る特別映像”圧倒の体験編“到着

© 2023 Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. All rights reserved.
 CREED is a trademark of Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. All rights reserved.

 伝説のボクシング映画『ロッキー』。そのDNAを継承した『クリード』。数々の死闘や因縁と、自身のアイデンティティを描き、世界中に興奮と感動を伝えてきた。そんな、映画史の中でも最も成功したサーガの新たな“物語”の始まりを告げるゴングが、2023年5月に鳴り響く! 自身のルーツに向き合った『クリード チャンプを継ぐ男』(2015)、父・子の2世代に渡る因縁を描いた『クリード 炎の宿敵』(2019)、ロッキーのサポートを受けながら、数々の激戦を繰り広げてきたアドニス・クリード。ロッキーの魂を引き継ぎチャンプとなった彼の前に現れたのは、封印した“己の過去”だった……。シルベスター・スタローンからサーガを託された主演のマイケル・B・ジョーダンは『クリード チャンプを継ぐ男』で全米映画批評家協会賞の主演男優賞など数々の賞を受賞し、マーベル作品『ブラックパンサ―』では悪役エリック・キルモンガーが歴代ヴィランNo.1と絶賛され、一躍トップスターに上り詰めた。
 最新作の本作では初監督も務め、スポーツ映画初、IMAX®認証デジタルカメラでの撮影も敢行! ド迫力のファイト・シーンは、更なる飛躍を遂げ、まるでリングサイドにいるかのような圧巻の臨場感を与えている。

『ロッキー』&『クリード』サーガ史上最高のオープニングで初登場1位を記録した『クリード 過去の逆襲』は、公開3週目を迎え、前作『クリード 炎の宿敵』(2億1400万ドル)の全興収を超える累計2億2420万ドル(3/20時点)を突破! また、全米だけの比較でも『ロッキー』『クリード』サーガ全ての作品を越える1億2800万ドルの大ヒット記録を更新する快進撃を続けている。世界での大ヒットを受けて、栄光をつかんだチャンプ・クリードの前に現れる“最強の敵”デイムを演じたジョナサン・メジャースも登場する特別映像“圧倒の体験編“が到着、その強靱な肉体に圧倒される場面写真と合わせて緊急解禁された。

 特別映像は、初監督に挑んだマイケル・B・ジョーダンが「インディペンデント映画もハリウッド大作も大好きだから、両方の要素を盛り込みたかった」と語り、「濃密だけど壮大なストーリーだ」とジョナサン・メジャースが続ける。メイキング映像に重ねて「高ぶる感情とボクシングのスペクタクルを描き、次のレベルにいけるようハードルを上げた」と監督が言葉を重ねる。
 そして、リングに仁王立ちするジョナサン・メジャースが演じる幼なじみのデイムの姿がとらえられる。クリードが封印したはずの“過去”を背負い、鍛え上げられた肉体で目の前の敵を睨みつける最強の敵の姿は強烈だ。「『クリード』は全作映画館で観ていた」と語るジョナサン・メジャースは「全てにおいて映画館で観るべきだ」と力を込める。世界の観客を興奮の渦に巻き込んだ映像は、スポーツ映画史上初の26分にも及ぶIMAX®カメラ撮影による超ド級のファイト・シーンが炸裂し、最高の音響がエモーションを加速させていく。クリードの妻ビアンカを演じたテッサ・トンプソンも「本当にリングの上に立っているような気分になる」と目を輝かせる。
 最後にマイケル・B・ジョーダンは、「ファイト、アクション、全てにおいて大スクリーンで体験するにふさわしい。全ての人が映画館を出たときに“その場にいたようだ”と思って欲しい」と結んでいる。

全世界が注目する俳優ジョナサン・メジャースが演じるデイムの場面写真3点が同時解禁となった。

 2023年のアカデミー賞授賞式プレゼンターとしてマイケル・B・ジョーダンと2ショットで登場したジョナサン・メジャースは、全世界で大ヒット中の『アントマン&ワスプ:クアントマニア』で征服者カーンを演じ、圧倒的な存在感を見せた。『クリード 過去の逆襲』では、主人公クリードの幼なじみのデイムを演じ、『ロッキー』&『クリード』サーガ史上最高記録更新に大きく貢献した最注目俳優だ。

 名門イェール大学在学中にキャリアをスタートさせたジョナサン・メジャースは、オバマ元大統領が2019年のベスト作品に選んだ『ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ』で一躍脚光を浴びた。2020年には、スパイク・リーの戦争ドラマ『ザ・ファイブ・ブラッズ』(Netflix)でチャドウィック・ボーズマンと共演した。2021年にはマーベル・シネマティック・ユニバースのシリーズ『ロキ』に参戦、TVAの職員タイムキーパー/在り続ける者に起用された。今年はすでに『アントマン&ワスプ:クアントマニア』の最凶の男カーン、本作で最強の敵デイムを演じ両作の世界的ヒットで大ブレイクしている。

 新解禁となる場面写真、最初の一枚はパーカーにタンクトップのデイムがふてぶてしい表情でリングに向かう姿。続いて、リングサイドで目の前の敵を見据えているカット。鍛え上げた大胸筋、三角筋と上腕二頭筋から繰り出されるパンチ力の凄まじさを感じさせる。三枚目はビーチで半裸になりロード・ワークに励むデイムをとらえている。背筋が伸びた全身から漲るパワーを感じさせる一枚だ。征服者カーンの戦いの鎧を脱いだジョナサン・メジャースが、復讐を誓う男デイムとなってどんなファイトを見せるのか。期待は高まる。


 クリードとデイムの“過去”に何があったのか。突然現れた最強の敵を前に、クリードはどんな戦いを見せるのか。全世界を興奮の渦に巻き込んで『ロッキー』&『クリード』史上最高の大ヒット記録更新中の『クリード 過去の逆襲』は、5月26日(金)日本に上陸する。

ワーナー・ブラザース・ディスカバリー

 ワーナー・ブラザース・ディスカバリー(Nasdaq:WBD)は、テレビ、映画、ストリーミングなどあらゆるポートフォリオを埋めるたくさんの作品と ユニークなブランドを持つ、世界をリードするメディアでありエンターテイメントを提供する企業です。我々が制作し配給する番組やサービスは 220 以上の国や地域、50 以上の言語に対応しており、代表的なブランド、ネットワークを通じて世界中の皆さまに情報やインスピレーション を与え、笑いと感動を提供しています。ワーナー・ブラザース・ディスカバリー傘下の主なブランド、ネットワークは以下の通りです。
 ディスカバリーチャンネル、discovery+、CNN、DC、Eurosport、HBO、HBO Max、HGTV、Food Network、OWN Investigation Discovery、TLC、Magnolia Network、TNT、TBS、truTV、MotorTrend、アニマルプラネット、Science Channel、ワーナー・ブラザース映画、ワーナー・ブラザーステレビジョン、ワーナー・ブラザースゲームス、ニュー・ライン・シネマ、 カートゥーン ネットワーク、MONDO TV、旅チャンネル、Adult Swim、ターナークラシック映画、Discovery en Español、 Hogar de HGTV 他 詳細については、https://wbd.com/(外部サイト)をご覧ください。

公開表記

 配給:ワーナー・ブラザース映画
 5月26日(金) 全国ロードショー
 IMAX®/Dolby Cinema®/4D同時公開

 IMAX® is a registered trademark of IMAX Corporation.
 Dolby, Dolby Cinema, and the double-D symbol are trademarks of Dolby Laboratories.

(オフィシャル素材提供)

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました