最新ニュース

『交換ウソ日記』第2弾キャスト解禁!

©2023「交換ウソ日記」製作委員会

 シリーズ累計発行部数50万部突破、いま最もティーンに支持されている、櫻いいよによる青春小説「交換ウソ日記」(スターツ出版文庫)が実写映画化、2023年7月7日(金)に公開する。

 学校イチのモテ男子で、思ったことを口にするド直球な性格の瀬戸山潤(せとやま・じゅん)を演じるのは、本作が恋愛映画初主演となる、高橋文哉。2019年、『仮面ライダーゼロワン』で主人公に抜擢され、7クール連続でドラマに出演。「最愛」(21/TBS)や「君の花になる」(22/TBS)での好演も話題を呼び、2022年には日経トレンディが選ぶ「来年の顔」にもなった、いま最も勢いのある俳優若手俳優。
 瀬戸山とは真逆に、つい空気を読みすぎてしまう不器用なヒロイン、黒田希美(くろだ・のぞみ)を演じるのは、桜田ひより。子役からキャリアを重ね、映画『おそ松さん』(22)、「彼女、お借りします」(22/ABC ・ EX)、「silent」(22/CX)など、話題作への出演が途切れない、最注目の若手女優で本作が恋愛映画ヒロイン初挑戦となる。

 先日、映画化情報が発表となり、すでに話題沸騰中の本作だが、この度、瀬戸山と希美のクラスメイトを演じる追加キャストが発表! 希美の親友で、瀬戸山が手紙を送った本当の相手・松本江里乃(まつもと・えりの)役に茅島みずき。2019年、ポカリスエットのCM出演を機に注目を集め、Seventeenの専属モデルとしても活躍。第100回全国高校サッカー選手権大会の応援マネージャーを務め、今後も多くの待機作が控えている。作品ごとに確かな存在感を放っている茅島は「江里乃というキャラクターはみんなに憧れられ、完璧な人だと周りから思われていますが、心の中では葛藤があります。江里乃の心情や、希美との関係性にも注目してほしいです!」と意気込みを語る。
 瀬戸山の親友でムードメーカー・米田晴人(よねだ・はるひと)役には曽田陵介。TikTokのフォロワー数は約60万人とティーン層を中心に圧倒的な支持を得ているほか、ドラマ「不幸くんはキスするしかない!」(22/MBS)では初主演を務め難しい役どころに挑戦、演技の幅を広げている曽田は、公開中の映画『なのに、千輝くんが甘すぎる。』(23)やドラマ「unknown」(23/EX)など話題作への出演が続く。本作のメイン・キャストの中で最年長の曽田は「出演のお話を頂いて、嬉しいと思うのとともに、25歳になっても制服を着こなせるという所も皆さまに見ていただきたいなと思いました」と本作への思いとやる気をみせている。
 米田に片想い中で、希美と江里乃の親友・林優子(はやし・ゆうこ)役に齊藤なぎさ。「明日、私は誰かのカノジョ」(22/MBS・TBS)で見せた迫力の演技で女優として注目を集め、雑誌「LARME」ではレギュラー・モデルも務めるなど幅広く活躍。アイドル・グループ=LOVEでは人気メンバーとして活躍し、今年の1月に惜しまれながらも卒業。、本作が女優として本格スタートとなる。齊藤は、原作小説を「一番好きな本」と公言しており、「優子のイメージに近づけられるように頑張ります!」と気合い十分。現在は「花束とオオカミちゃんには騙されない」 (23/ABEMA)に出演中。
 プロデューサーは原作を読んだ際に、それぞれの配役は茅島、曽田、齊藤で即決だったと語っており、人気・実力のみならずイメージも見事にはまった、これ以上ないキャスティングが実現した。高橋文哉をはじめ、5人のSNS総フォロワーが300万人越えとティーンからの支持も厚く、人気と期待を兼ね備えた、若手ネクスト・ブレイク・キャストが勢揃いした。 瀬戸山や希美に、江里乃と米田、優子が加わり、どんな恋模様を見せるのか? 物語が進行していく中で、変化していく5人の距離感にも注目していただきたい。

公開表記

 配給:松竹株式会社
 2023年7月7日(金) 全国公開

(オフィシャル素材提供)

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました