イベント・舞台挨拶

『ハロウィン THE END』公開直前プレミア試写イベント

©2022 UNIVERSAL STUDIOS

 超人気シリーズ『ハロウィン』最終章となる『ハロウィン THE END』が4月14日(金)に全国公開となる。4月10日(月)、本作の公開直前プレミア試写イベントが実施された。当日はティーンたちの間で絶大な人気を誇るギャルモデルゆうちゃみが登壇し、映画にちなんだ自身の恐怖体験エピソードを披露。また、イベントの最後にはブギーマンによる恐怖のサプライズに絶叫する場面も!

 観客からの盛大な拍手で迎えられ登場したゆうちゃみ。黒のワンショルダーのワンピース姿で現れたゆうちゃみに、高校生が大勢集まった会場からは「かわいい!」との声援が。はじめに「今日はよろしくお願いします。ティーンがいっぱいですね! 嬉しい」と元気いっぱいに挨拶した。映画の感想を問われると「もう、夜寝られなくて。ドキドキとハラハラ、臨場感があっておもしろかった!」とホラーが苦手ながらも作品を楽しんだ様子。

 『ハロウィン』シリーズといえば、マスクにつなぎ姿の殺人鬼ブギーマンことマイケルが象徴的な存在だが、「ブギーマンは何をしても倒せない。そこが本当に謎で。まず見た目がほんまに怖いし、大勢の人を殺すってどういう神経なのか、理由がないのが恐ろしい」と、マイケルのサイコパス振りに圧倒されたという。そんなマイケルと長年対峙してきたローリーの最終決戦が描かれる本作。ローリーを演じるジェイミー・リー・カーティスについても触れ「(カーティスの)アクションがすごいし、前作で娘を殺されて復讐をちゃんとする姿がかっこいいと思いました。最後まで真相を追って家族を守るところがすごい」とコメントし、「私の母はブギーマン以上に怖いので一番怒らせたくないですね(笑)」と自身の母に姿を重ねたそうだ。

 また、映画の内容にちなみ、最近身近であった恐怖体験について話す場面も。「妹が霊感があって。夜景を観に行っていたときに、車のアクセルが全然上がらなくなった時があって、あとで妹に聞いたら車の目の前に女の子が走っていたようで、スピードが上がらなかったんです」と、恐怖体験を明かし、会場も思わず凍り付いた。

 神出気没のブギーマン。もし遭遇したらどうするかという話題になると「どうしよう、逃げられないし、どうしようもないですよね。透明人間になる道具があれば助かりますよね」とブギーマンの回避法について語っていると、突然会場が暗転。暗闇の中からブギーマンが登場! 思わぬサプライズに、観客も騒然となる。ゆうちゃみも「え、待って! 怖い、無理、まじで怖い、来ないで!」と大パニック。恐る恐るブギーマンと並んだゆうちゃみは「怖かったけどおもしろかったです!」とブギーマンに直接映画の感想を伝えた。「これでラストだとしても、ブギーマン2みたいな存在が出てくるかもしれませんよね。もしブギーマンと共演するとしたら、ブギーマンの暴走を止める妹役でギャルのブギーマンがいいかな」と語り、最後に「この春全力でドキドキとワクワクを感じて欲しいです!」としっかり映画をPRし、イベントは幕を閉じた。

 登壇者:ゆうちゃみ、MC:坂本梨紗

公開表記

 配給:パルコ
 2023年4月14日(金)、TOHOシネマズ 日比谷、渋谷シネクイントほか全国公開

(オフィシャル素材提供)

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました