イベント・舞台挨拶

『映画ネメシス 黄金螺旋の謎』大ヒット御礼舞台挨拶

©2023映画「ネメシス」製作委員会

 2021年に放送されたドラマ「ネメシス」の最終回から2年後の世界を描き、広瀬すず、櫻井 翔ら豪華キャスト陣に加えて劇場版から新たに登場となった佐藤浩市や魔裟斗が物語に更なる深みを与え大きな話題となっている 『映画 ネメシス 黄金螺旋の謎 』。 本日4月12日(水)にW主演の広瀬&櫻井、そして江口洋介、勝地 涼、魔裟斗、入江 悠監督が登壇した大ヒット御礼舞台挨拶が開催された。

 映画の公開から早くも2週間が経ち、“追いネメシス”をするリピーターも続出している本作。今回上映後の客席にも“追いネメシス”をしている方が数多く見受けられ、広瀬、櫻井らも「13回!? おぉ~すごい!」と驚きを見せつつ、周囲からはさまざまな反響があったようだ。周囲からの声を広瀬は「『魔裟斗さんと戦えるなんて……』と男性陣からの反響がすごかったです」と魔裟斗と対峙したことへの大きな反響を明かした。一方で、劇場版から初登場となった謎の刺客・ジッポ男役の魔裟斗は「これまで(格闘技で)63戦を戦ってきたんですけど、(広瀬さんとのシーン)あれほど緊張したアクションはなかったです(笑)。僕こそ周りから『広瀬さんと戦えて羨ましい!』と言われますよ(笑)」と返し笑いを誘った。江口も「魔裟斗さんは本当に戦っていた人だから、芝居の間合いは大変だろうなって思いました。殺陣の立ち回りって独特なので」と質問すると、魔裟斗は「(撮影に)入ってすぐに江口さんたちと同じシーンだったんですけど、中学生の頃、江口さんのことめちゃくちゃ見ていたので『あ! 江口洋介だ』って実際は思っていたんですよ!」と撮影当時を振り返り笑顔を見せた。

 そんな元K1世界王者が繰り広げるバトル・アクションは本作での大きな見どころとなっており、魔裟斗は「まず台本を読んで“ジッポ男”ってやばい奴だなって思って。僕は普段優しいパパなんですけど、『昔の冷酷な魔裟斗を思い出せ!』って昔の戦っている頃の冷酷さを思いだしながら演技をしました」と現役当時の闘争心を意識したと語り、実際に対峙した広瀬も「魔裟斗さんが向かってくる圧が本当にすごかったです……。勝てるわけもないのに、私もメラメラしてきて(笑)。雰囲気だけは負けないぞって気持ちでやっていました」と世界王者に立ち向かった際の気持ちを明かした。また本作では、シリーズ最大の敵・窓(佐藤浩市)による謎を解くたびに誰かが死ぬとされる“黄金螺旋の謎”がアンナたち探偵事務所ネメシスや、彼らを支えてきたチーム・ネメシスの面々を窮地に追い込むことになる。そのような切迫した場面が多かったことについて勝地は「カー・クラッシュがすごいでしょ! あまりにも怖くて撮影時はすごい顔をしてたんですけど、すずに『先輩、すごい顔してましたね(笑)』って言われ まして」と撮影中のエピソードを話すと、すかさず広瀬も「翔さんも同じような顔をしてました(笑)」と暴露する一幕も。

 ここで本作のタイトル『映画 ネメシス 黄金螺旋の謎』にも入っている“謎”というキーワードにちなみ登壇者の「謎なところ」を聞くコーナーに。まず櫻井は「勝地くんです。江口さんとすずちゃんと何回かインスタライブやったんですけど、必ず参加してくれるんですよ。舞台の稽古もしているのに。忙しいのにどのタイミングで参加してくれてたの?」と映画公式SNSでのライブ中継に欠かさず参加する勝地の話題に。勝地は「インスタライブに出られるという情報をゲットして、それに合わせてスケジュール組みましたね(笑)」と即答し、「音は出せないけど聞けるな、とかコメントは書けるなとか(笑)」とスケジュールの合間を縫って参加していたことを明かした。すると広瀬も「私も勝地さん。撮影中に足を痛めてしまって。そしたら勝地さんが『大丈夫!?』って寄ってきてくれて、『これやるよ』って翔さんの似顔絵のアクリルスタンドをくれて(笑)。『何か分からなくて、これ何ですか?』って聞いたら勝地さんが『翔さんだよ!』って。一応トイレに飾ってます(笑)」と撮影中のエピソードを披露。これには勝地も「櫻井さんは皆さんにとっての太陽だから。元気ないときに見たら元気出るでしょ? もちろん今日も持ってきてますよ」と勝地から櫻井への愛が溢れるやりとりが繰り広げられ、ドラマ・シリーズから築き上げたチームワーク の良さに会場はさらなる盛り上がりを見せた。


 最後にドラマから映画と「ネメシス」を共に支えてきた櫻井から広瀬に「すずちゃんと初めて一緒したのが5年前の『ラプラスの魔女』という作品。ただ それ以来、映画に出演していないので、“櫻井翔映画史”というとこで切り取ると【広瀬100%】なんですよ(笑)。5年経って、また一緒にやれて嬉しく思いますし、昔共演したときは10代で、今は20代になって女優さんとしての活躍はもちろんですけど、これからの広瀬すずとしての活躍を楽しみにしているので、またご一緒できることを楽しみにしており ます」と伝えると、広瀬も「こんなに安心感のある先輩と何度もご一緒できて嬉しく思います。プロモーション活動もたくさんある中、作品のために一生懸命になられている姿に刺激を受けますし、尊敬するところがたくさんある先輩なので、また5年後、【広瀬200%】にして、ご一緒できるように頑張ります」とユーモアを交えながらお互いの再共演を願い、大ヒット御礼舞台挨拶は終了した。

 登壇者:広瀬すず 、櫻井 翔、江口洋介、勝地 涼、魔裟斗、入江 悠監督

公開表記

 配給:ワーナー・ブラザース映画
 大ヒット上映中!

(オフィシャル素材提供)

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました