インタビュー

『オオカミ狩り』チャン・ドンユン&チョン・ソミン オフィシャル・インタビュー

©2022 THE CONTENTS ON & CONTENTS G & CHEUM FILM CO.,LTD. All Rights Reserved.

 第47回トロント国際映画祭ミッドナイトマッドネス部門に正式出品され、ほかジャンル映画祭を席巻した韓国映画史上最も強烈なバイオレンス・サバイバル・アクション『オオカミ狩り』が4月7日(金)より新宿バルト9ほか全国にて絶賛公開中! 残酷描写ゆえ本国ではR18+に指定された本作が、日本ではまさかのR15+で日本に上陸!

極悪犯罪者 VS 警察 VS 怪人
生死をかけた海上監獄バトルロイヤルがいま、始まる。

 フィリピンに逃亡した極悪犯罪者たちと護送官の刑事を乗せた貨物船“フロンティア・タイタン号”。太平洋のど真ん中に浮かぶ監獄は、犯罪者たちの反乱により血で海を染める。そして、〝怪人”が目覚めたとき船上は地獄と化す。果たして、生き残るのは……。

 監督を務めるのは、『メタモルフォーゼ/変身』『共謀者』などを通じて“ジャンル映画のマスター”として地位を築いてきたキム・ホンソン。2017年にフィリピンへ逃亡した韓国人犯罪者47名の集団送還のニュースから着想を得て、想像を絶する残虐な映画を創り上げた。そんな本作は、韓国映画としてはポン・ジュノ監督の映画『グエムル-漢江の怪物-』以来16年ぶりに第47回トロント国際映画祭のミッドナイトマッドネス部門に正式出品となったほか、第55回スペイン・シッチェス国際ファンタスティック映画祭コンペティション部門で審査委員特別賞・特殊効果賞を受賞するなど、各国のジャンル映画祭を席巻。容赦ない残酷描写で話題の「『哭悲/THE SADNESS』に匹敵するほど血生臭い映画」と評されている。

 第一級殺人の国際手配犯・ジョンドゥを演じるのは、8年ぶりの映画復帰作『パイプライン』でセクシー且つワイルドな魅力を開花させた盗油師役も記憶に新しいソ・イングク。全身にタトゥーを入れて大胆なイメージチェンジをはかり、海に浮かぶ監獄で反乱を主導する狂気に満ちた極悪非道な犯罪者を熱演。初の悪役を演じるにあたり、16キロ増量し肉体改造して挑んだ。ナイフ使いの寡黙な犯罪者・ドイルを演じるのは、「ノクドゥ伝~花に降る月明り~」「サーチ ~運命の分岐点~」など主演ドラマを筆頭に目覚ましい活躍が続く次世代俳優のチャン・ドンユン。海洋特殊救助団のチーム長には数々の映画・ドラマに出演するベテラン俳優のソン・ドンイル。そして、ドラマ「刑務所のルールブック」のパク・ホサン、「還魂」のチョン・ソミンが刑事役に扮する。

 R18+で本国公開された本作は、容赦ない暴力描写と血しぶき舞うアクションで観客を魅了し、興行収入ランキング初登場第1位(2022.9.22~25 BOX OFFICE MOJO調べ)を記録した。

 この度、チャン・ドンユン、チョン・ソミンのインタビューが到着! 併せて二人の最新画像が解禁となった。まず、本作へ出演を決めた理由を聞かれるとチャン・ドンユンは「これは面白そうな作品だと思いました。魅力的な作品だったので、監督と何度も話し合って出演することに決めました」と語り、チョン・ソミンは「今までにない役をやってみたいと思っていて、少しハードな作品にも挑戦したかった頃だったので台本を読んですぐに出演を決めました」と前のめりに語ってくれた。役作りについては、チャン・ドンユンは「僕が演じたドイルは表現できることが非常に限られる役だったので、監督に毎シーン彼の感情を確認しながら演じていきました」と丁寧な役作りを語った。チョン・ソミンは、「私が演じたダヨンという女性は、強くてカッコいいだけでなく、弱者にやさしいキャラクターです。最後まで使命感や責任感を持ち、何とかみんなで生き残ろうとするところがダヨンを演じるにあたって一番大事な部分でした」と、真摯な姿勢を語ってくれた。


 撮影現場の雰囲気を聞かれると、チャン・ドンユンは「劇中ではお互い殺し合う関係ですが、裏では和気あいあいとしていました」と楽しかった現場を振り返る。チョン・ソミンは「本当に家族みたいでした。環境的に自分たちだけで孤立したような錯覚に陥りやすかったし作品のジャンルや雰囲気がああいう感じだと現場の空気は重くなりやすいんです。でもみんなで集まると会話が盛り上がって楽しかった記憶があります」と、作品のテイストとは反して2人そろって現場の雰囲気を絶賛する。
 本作の主人公ジョンドゥ役を演じたソ・イングクとの共演を聞かれるとチャン・ドンユンは、「序盤でジョンドゥとして登場なさった時にすごいと思いました」と先輩のカリスマ性を称賛する。チョン・ソミンは「『空から降る一億の星』というドラマで相手役を務めたことがあります。また共演したいと思っていたところでした。このジャンルで敵役として共演するとは思っていなくて、でもだからこそ楽しかったとも言えます。頼れる同僚が現場にいるだけで気分がすごく楽になりました」とソ・イングクとの再共演を喜んだ。


 雰囲気抜群の現場で生みだされた、韓国映画史上最も残酷な映画『オオカミ狩り』。果たして、生き残るのは誰だ? 怪人の正体とは?オオカミ狩りの意味とは? 

公開表記

 配給:クロックワークス
 新宿バルト9ほか全国にて絶賛公開中!

(オフィシャル素材提供)

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました