作品紹介

『逃げきれた夢』

©2022『逃げきれた夢』フィルムパートナーズ

イントロダクション

 光石 研主演映画『逃げきれた夢』が6月9日(金)より新宿武蔵野館、シアター・イメージフォーラムほか全国公開することが決定した。
 人生のターニング・ポイントを迎えた中年男が新たな一歩を踏み出すまでの可笑しくも切ない物語を描く映画『逃げきれた夢』。本作の監督を務める二ノ宮隆太郎は、初の長編監督作『魅力の人間』(2012)をはじめ、『枝葉のこと』(17)、『お嬢ちゃん』(19)が国内にとどまらず海外の映画祭でも高く評価を受けるほか、俳優としては「全裸監督 シーズン1」(19)、『ヤクザと家族 The Family』(21)、「新聞記者」(22)といった話題作に出演するなど、マルチに活躍の場を広げている。瀬々敬久監督が審査員を務めた2019年フィルメックス新人監督賞のグランプリ受賞作である脚本をもとに、二ノ宮監督自ら映画化することで、ついに商業デビューを飾ることとなった。
 主演は映画デビューから45年、日本の映画・ドラマ界を支える重要な存在として活躍してきた名優の光石 研。アテ書きの枠を超え、光石本人の人生を取材し、そのエッセンスを注入した物語を生まれ故郷であり、青春時代を過ごした地である“福岡県北九州市”オールロケで撮影。2011年公開作『あぜ道のダンディ』から12年ぶりの映画単独主演を飾ることとなった。
 光石 研が演じる主人公・末永周平は北九州の定時制高校で教頭を務めるが、あることをきっかけに人生をふと振り返ることで平穏な日々から一歩ずつ離れ、不安定に心が揺れ始める。物語のカギを握る周平の元教え子・平賀 南には、光石研と同じく北九州出身の吉本実憂。総勢800人のオーディションを見事突破し、役を掴んだ若手女優のホープ。また、主人公の妻を坂井真紀、娘を工藤 遥、さらに旧友役を光石 研本人とも気心の知れた松重 豊が務めるなど、フレッシュな演技と熟練の技がぶつかり合う姿も注目ポイントとなっている。

©2022『逃げきれた夢』フィルムパートナーズ

ストーリー

 北九州で定時制高校の教頭を務める末永周平。ある日、元教え子の南が働く定食屋で、周平は支払いをせず無言で立ち去ってしまう。記憶が薄れていく症状によって、これまでのように生きられなくなってしまったようだ。待てよ、「これまで」って、そんなに素晴らしい日々だったか? 妻の彰子との仲は冷え切り、一人娘の由真は、父親よりスマホ相手のほうが楽しそうだ。旧友の石田との時間も、ちっとも大切にしていない。「これから」のために、「これまで」を見つめ直していく周平だが――。

 (2023年、日本、上映時間:96分)

キャスト&スタッフ

 監督・脚本:二ノ宮隆太郎
 出演:光石 研、吉本実憂、工藤 遥、杏花、岡本 麗、光石禎弘、坂井真紀、松重 豊ほか
 製作総指揮:木下直哉
 プロデューサー:國實瑞惠、関 友彦、鈴木徳至、谷川由希子
 撮影:四宮秀俊
 音楽:曽我部恵一
 助監督:平波 亘
 制作担当:飯塚香織
 企画:鈍牛倶楽部
 製作:木下グループ

ギャラリー

予告編

オフィシャル・サイト(外部サイト)

映画『逃げきれた夢』公式サイト
6月9日(金)新宿武蔵野館、シアター・イメージフォーラムほかロードショー。2019フィルメックス新人監督賞 グランプリ受賞作品

公開表記

 配給:キノフィルムズ
 6月9日(金)より新宿武蔵野館、シアター・イメージフォーラムほか全国ロードショー

(オフィシャル素材提供)

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました