イベント・舞台挨拶

『M3GAN/ミーガン』公式アンバサダー就任イベント

©2023 UNIVERSAL STUDIOS. All Rights Reserved.

 『ソウ』『死霊館』や『アナベル』シリーズで知られる巨匠ジェームズ・ワンと、『ハロウィン』『透明人間』のジェイソン・ブラム率いるブラムハウスが待望の再タッグを組み、心に傷を負った少女の親友になるようプログラムされたAI人形<M3GAN>の行き過ぎた愛情と狂気を描く、制御不能サイコ・スリラー『M3GAN/ミーガン』。全米興収9,504万ドル〈約131億円〉、全世界興収1億7,611万ドル〈約243億円〉突破(2023年5月25日現在)の大ヒット作がついに、6月9日(金)より全国公開!

 交通事故で両親を亡くし、悲しみからふさぎこんでしまった9歳の少女ケイディ。おもちゃメーカーの才気あふれる研究者ジェマは、この姪を引き取ることになるが、仕事ひと筋の独身者にとって育児はハードルが高い。そこで彼女は研究段階のAI搭載の人形M3GAN(ミーガン)を、実験を兼ねてケイディにあたえる。ケイディは“彼女”との交流によって笑顔を取り戻していった。ケイディが親しめば親しむほど、彼女によかれと思えることを次々と実行していくミーガン。しかし彼女の中に芽生えたケイディへの愛情は、やがて狂気へと変わり、とてつもない惨劇を引き起こす……。

 この度、あのちゃんとヒコロヒー、そしてミーガンガールズが本作の魅力をアピール! 公式アンバサダー就任イベントが実施された!

 イベントでは、全世界で話題沸騰の“ミーガンダンス”を、可愛くも不気味な「ミーガンガールズ」たちが披露! そして本作の公式アンバサダーに就任した、歌手・モデル・タレント・そして俳優とマルチに活躍するあのちゃんが、先日解禁された特別動画《5/26(金)解禁》でも披露した“ブロンド”ヘア&ミーガン衣装で共に華麗に登場した! さらに、ミーガンのお友達になりたい代表ゲストとしてお笑い芸人のヒコロヒーも会場にかけつけ、作品の魅力、そしてこじらせ気味なお友達AI人形ミーガンに因み、“最近こじらせてるなと思うこと”をフリップトークしたりと、このイベントだからこその熱い女子トークを繰り広げた。

 イベントの開始とともに音楽に併せて、キュートなブロンドヘアでミーガンの格好に扮したあのちゃんと、彼女を取り巻くようにミーガンガールズが登場。そして「ミーガンとお友達になりたい代表」ゲストとして、ヒコロヒーも参戦。「ミーガンとお友達になりたい一心でここにきました!」と挨拶を述べた。このままミーガンガールズも並んで立ったままなのかと思いきや、あのちゃんからの「座ってもらって見ていてください!」という指示に従い、自分たちで椅子をもって後ろに移動。「僕の言うことは聞くの」と話すあのちゃんに、ヒコロヒーは「いや、段取りやろうけどなぁ」と冷静にツッコんだ。ヒコロヒーもミーガンガールズに指示を出してみるが聞いてくれず、どうやら、あのちゃんのお願いにだけ反応する様子を窺わせた。

 ミーガンガールズたちの目線が気になる中、質疑応答へ。あのちゃんは「不気味で怖かったけど……ケイディを守ろうとして、どんどん狂気的になっていったから嫌いじゃなかった。それに今AIが進歩して世界中の人がいろいろやってるじゃん。だから未来が怖くなった」、ヒコロヒーは「ミーガンというキャラが個性的でしたよね! 突然踊ったりとか突拍子もない行動をしだすのが不気味でありながら面白かったですね」と各々本作の感想を述べ、後ろでトークを聞くミーガンガールズたちも納得のジェスチャー。

 何をしでかすか分からないミーガンの個性が可愛さでもあり怖さでもある本作。ミーガンのもつ魅力について聞かれると、あのちゃんは「手元に置いておきたくなる。守ってくれるってめちゃいいと思って。人間よりも頭の能力が高いから頼りがいがある」。これにはヒコロヒーも「確かに。あのちゃんの横にいてくれたら、今言いたいこととか言ってくれるよね」と共感。くわえてあのちゃんは「僕よりしゃべるのが上手くて尊敬してます。歌も上手で。それに不気味なのがすごく趣味にあいました!」と語る。
 ヒコロヒーも「何をしでかすか分からない。例えばダンスとか、突然なんでそういうことをするの!?という可笑しさもあり、人知を超えたという意味で、何なんだこのキャラは!?みたいなところもあってそこが魅力だと思います」とミーガンの魅力に言及した。

 このイベント冒頭で披露されたミーガンガールズのダンスは、劇中でミーガンが踊る通称<ミーガンダンス>で、海外でも「コワかわいい」と、大きな話題に。あのちゃんは先日、この劇中シーンをイメージした特別映像にも出演した。ここで改めてその映像を観ることに。丁度ステージ上のモニターがミーガンガールズで隠れてしまったため、あのちゃんが「どいて! そっちに行って。そう、ベストポジションです」と指示を出した。
 映像終了後、開口一番あのちゃんが「どう? すごいキレあったでしょう」とヒコロヒーに問うと「すごいキレなかったよ……(笑)?」と返答。劇中シーンに挑戦したこのダンス映像は限られた時間の中でかなり頑張ったとのことで、「直前にたくさん教えてもらった。やっぱりミーガンダンスは難しいからやりがいあると思う。人間にはできない関節の動きが力を抜けばできると思ってたからそこが難しかった」とあのちゃんは撮影時を振り返った。
 アイコニックな衣装に関しては「本当に可愛い。ヒコロヒーもミーガンみたいなロン毛似合いそう」と比較的髪の長いヒコロヒーへ言うと、「え、私の髪型、坊主にみえてる?」とツッコミ。再び笑いが巻き起こった。あのちゃんは「僕は元々黒髪ボブなので、このミーガンの髪型は自分じゃないみたいで違和感。普段の髪型はもう長いのでもう飽きました(笑)」と続け、新鮮さを感じていた様子だった。

 ミーガンはお友達AI人形で、対象を守るために行動するキャラクター。そんなミーガンがもし家にいたら一緒に何をしたいか?もしくは何を頼みたいか?との質問には、まずあのちゃんが「冷蔵庫からお茶とかとってほしい。あとは……サウナとか一緒に行きたい。友達がいなくて、サウナに興味あっても一歩踏み出せないから、ミーガンだったら一緒に行ってくれると思う」。


 「温度とか湿度とか、結構気をつけなきゃいけなさそうだけど……?」とのヒコロヒーの疑問には「多分、余裕だと思う」と返した。ヒコロヒーは一緒にしたいことして「人にお金借りる時に一緒についてきて欲しいですね(笑)。太もも見せてもらったり。色仕掛けで」と述べ、あのちゃんから「最低ですね……」と突っ込まれた。

 絶叫映画界のニュー・ヒロイン「ミーガン」の魅力をミーガンの“お友達”として伝えるなら、どんな推しポイントでアピールする?という質問には、あのちゃんは「友達として推しポイントを紹介するなら、歌が歌える子なので友達になって以来、一緒にアコースティックライブしてます!と言います」と独特な回答。これにはヒコロヒーも思わず「もう一発売れたくて、変な嘘つきだした(笑)!?」と反応した。対して、ヒコロヒーは「今一番言ってほしい言葉を言ってくれるみたいなところは推したいですよね! すごく気が利く発言をしてくれる感じ。友達として紹介するなら、金髪のすごい奴がおんねん! 一緒に麻雀やろうや!という感じでやりますね(笑)」と回答。

 本作では、ミーガンのケイディに対するこじらせぶりが狂気を生んでゆくことにちなみ、「私、こじらせているなぁ……」と思うことについてフリップトークをすることに。
 あのちゃんはこじらせていることについて【歯鑑賞】と回答。「人の歯を観るのがすき。歯磨きしてるときにYouTubeで歯の治療動画をみながら歯を磨いたり、自分の歯が抜けたら、収集したり。歯に執着というこじらせ。がちゃがちゃの歯がすきで。永遠と何時間もみちゃう」と続ける。


 「前は、さらば青春の光の森田哲矢さんが好きって言ってたけど今は?」というヒコロヒーの質問には「今はウエストランドの井口浩之さんです。墓場みたいな歯。東野幸治さんも歯の隙間がスゴイからよく見てみてください」と謎のこだわりを覗かせた。続けてヒコロヒーは【言いがかりをつけてしまう】と回答。「最近、物事の悪い面がみえてしまうというか。この前、ソファーを買いに行こうと見に行った時に、なんでこのソファー偉そうやねん!と思ってしまって、座布団を買って帰りました。座布団の方が謙虚で可愛らしかった……(笑)」と独特なこじらせをアピールした。

 続くミーガンとの相性を図るための〇×テストでは、一問目、【親友が浮気をされていたら、平和的な解決策をアドバイスする?】という質問に対し、あのちゃん、ヒコロヒー共に×をあげた。「平和に終わったら、復讐とかできないから」とあのちゃんが答えた。

 二問目、【買い物中、残りひとつとなっていたお目当ての商品に手を伸ばした瞬間、他の買い物客も同時に手を伸ばしてきました。その商品を譲る?】との質問にはあのちゃんは〇、ヒコロヒーは×と意見が分かれた。「絶対、うわってなって手をひっこめちゃう。タクシーとかも、急に後から来て止めた人へ譲っちゃう。譲ったきっかけから譲り続けてしまって交通整備にまわってしまう……」と意外な一面を語り、笑いを誘った。

 三問目は、【恋人の様子がなんだかおかしい……? こっそりスマホを覗いてみる…?】という問いにはあのちゃん、ヒコロヒー、共に×をあげ「見ていいことないでしょ! こわいです」と両者、同意見を述べた。

 ○×質問を終え、ヒコロヒーはミーガンの性格に近しい回答を答えることができたため、ミーガンと友達になれそうな雰囲気に。あのちゃんは「ヒコロヒーさんはもはやミーガンになれるんじゃない? 相性ばっちりだと思います。ミーガンガールズの皆さんはどうですか?」とガールズに問うと、手で大きな〇を作り、お近づきになれたことをアピール。

 イベントの締めくくりにはまずヒコロヒーが「本当に、サイコ・スリラーとして期待通りの部分もあるし、そんな感じでくるんだ!?という意外な部分もある。ユーモア、ユニークあり、きっちりおっかない部分もあるいろいろな意味で面白い作品だと思います!」、続けてあのちゃんが「ミーガンが可愛いって思って観たら、怖い部分もありますし、どんどん狂気的になる姿は痛快でした。そして、怖いんだけど面白いところもたくさんあって、ミーガンに惹かれていきましたので皆さんもぜひ観てください」と述べ、本イベントを締めくくった。

 登壇者:あのちゃん、ヒコロヒー、ミーガンガールズ

公開表記

 配給:東宝東和
 6月9日(金)より、全国ロードショー!

(オフィシャル素材提供)

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました