最新ニュース

A24が新たに贈る心揺さぶる実話『インスペクション ここで生きる』場面写真一挙解禁

©2022 Oorah Productions LLC.All Rights Reserved.

 A24が新たに贈る注目作『THE INSPECTION』が、『インスペクション ここで生きる』の邦題で8月4日(金)よりTOHOシネマズ シャンテ、新宿武蔵野館ほかにて全国公開となる。

 『ムーンライト』『エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス』ほか、革新的な作品を次々と送り出してきた映画会社A24。業界屈指の目利きたちが次に見出したのは、ある新鋭監督の半生を描いた実話だった――。
 イラク戦争が長期化する2005年、アメリカ。ゲイであることで母に捨てられ、生きるためにすがるような想いで海兵隊に志願した青年。しかし、彼を待ち受けていたのは、軍という閉鎖社会に吹き荒れる差別と憎悪の嵐だった。
 海兵隊に在職中だった20代で初めてカメラを手にし、そこから映像記録担当としてキャリアを始めたエレガンス・ブラットン監督の長編デビューにして、彼の体験に基づく実話である本作。社会からも除外され、“透明だと思っていた”自分を癒すために映画を撮ろうと決意した監督は、「この映画で主人公が感じる欲望、恐れ、そして最終的に抱く目標まで、すべて本物です」と語る。
 主人公であるエリス・フレンチを演じるのは、俳優、そして歌手としても活動し、2019年のトニー賞では別々のパフォーマンスで2つの部門(演劇主演男優賞/ミュージカル助演男優賞)にノミネートされるという、史上6人目の快挙を成し遂げたジェレミー・ポープ。本作では第80回ゴールデングローブ賞で主演男優賞(映画・ドラマ部門)にノミネートされたほか、世界各国で高い評価を受けた。また、音楽は「21世紀の最重要バンド」と評されるアニマル・コレクティヴが担当。逆境に屈せず前を向く主人公フレンチの姿をエモーショナルに彩っている。

 この度、ジェレミー・ポープが演じた主人公・フレンチや母、海兵隊の教官らを映した場面写真を一挙解禁!


 ジェレミー・ポープは1992年生まれの現在30歳。2018年に『ムーンライト』の原案の著者で劇作家タレル・アルヴィン・マクレーニー初のブロードウェイ作品『クワイア・ボーイ』でブロードウェイデビュー。その後すぐに、1960年~70年にかけて大ヒットを飛ばし続けたモータウンの伝説のグループ、テンプテーションズを題材にした舞台『エイント・トゥー・プラウド』に出演。2019年にこの2作での演技が評価され、演劇界のアカデミー賞といわれるトニー賞で2つの部門(演劇主演男優賞/ミュージカル助演男優賞)にノミネートされるという、史上6人目の快挙を成し遂げ、俳優としての評価を確立。昨年上演された、アンディ・ウォーホルとジャン=ミシェル・バスキアの交流を描いた舞台『ザ・コラボレーション』で、ジャン=ミシェル・バスキア役を演じ、オリジナルキャストでの映画化も決定。アンディ・ウォーホル役のポール・ベタニ―と共に、再びバスキア役を演じる事で注目を集めている。飛ぶ鳥を落とす勢いの彼は、自身で作詞作曲を手掛けた楽曲をリリースし、ミュージシャンとしても活動。情熱的なボーカルスタイルで知られる彼が歌唱した舞台『エイント・トゥー・プラウド』は、2020年のグラミー賞最優秀ミュージカル・シアター・アルバム賞にもノミネートされている。
 また、卓越したファッション・センスの持ち主でもあり、毎年さまざまなセレブが参加し、決められたドレス・コードに合わせて衣装を披露することで知られるメットガラでのドレスアップも大きな話題に。世界最大の超豪華なファッション・イベントの本年のドレス・コードは、2019年に亡くなったファッション・デザイナー「カール・ラガーフェルドへの敬意」であったが、ジェレミーはラガーフェルド肖像をあしらった10メートル近いマントを羽織って登場。5000メートル以上のシルクシフォン生地を用いて70人以上の職人が縫製したといわれるゴージャスな衣装で、ラガーフェルドに敬意を表し会場の度肝を抜いた。

Jamie_McCarthy+GettyImages


 多彩な才能を持つ彼にとって初めての主演映画となった『インスペクション ここで生きる』。生きていくためのたったひとつの選択肢として志願した海兵隊で、自らのアイデンティティを貫き居場所を見つけていく青年役を、力強く繊細に表現し、ゴールデングローブ主演男優賞、インディペンデント・スピリット賞主演男優賞にノミネートされる快挙を成し遂げた。自身を投影した主人公を演じたジェレミーを、監督は“盟友”と表現。更に「彼を最初のオーディションで見た時から心を動かされていました。彼はとても才能豊かで、私の人生経験を体感してくれて慈しんでくれます」と賞賛している。

 解禁された場面写真では、海兵隊ブートキャンプに入隊するフレンチが「お前は同性愛者か?」とセクシュアリティの“検閲・点検”=《インスペクション》されるシーンや、16歳で彼を捨てた母との2ショット、眼差しから意志の強さを感じさせる軍服姿のフレンチなどが映し出されている。

 セクシャリティ、宗教、人種。すべてが検閲・点検<インスペクション>される場所で、自らのアイデンティティを貫き、そして他者からの理解を諦めずに闘ったフレンチ。A24が新たに贈る、ある新鋭監督の実話を描いた物語『インスペクション ここで生きる』がこの夏、きっと観る者の心を震わせる――。

公開表記

 配給:ハピネットファントム・スタジオ
 8/4(金) TOHOシネマズ シャンテ、新宿武蔵野館ほか全国公開

(オフィシャル素材提供)

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました