イベント・舞台挨拶TVドラマ・ネット映画

『SEE HEAR LOVE~見えなくても聞こえなくても愛してる~』配信直前イベント

©2023「SHL」partners

 6月9日(金)よりPrime Videoにて独占配信される映画『SEE HEAR LOVE 見えなくても聞こえなくても愛してる』の配信直前イベントがルミネゼロで開催され、主演の山下智久、共演の新木優子、山本舞香、山口紗弥加とメガホンを取ったイ・ジェハン監督が出席。レッドカーペットを歩いて、ステージに上がった。

 本作は、『私の頭の中の消しゴム』(04)のイ・ジェハン監督が山下智久を主演に迎えたラブ・ストーリー。目が見えなくなる病を患った漫画家の真治(山下)と、それを支える生まれつき聴覚障害を持つ女性、相田 響(新木)の切なくも温かなふたりの愛の姿が描かれる。山下がラブ・ストーリーを演じるのは、ドラマ「ボク、運命の人です。」(2017)以来、約6年ぶりとなる。

 今作で視覚障害者という難役に挑んだ山下は「深くてすごく情熱的な作品に仕上がっています。今は、デジタルでいろいろなことができてしまう時代ですが、自分のなかにある情熱を呼び起こしてくれる作品になりました」と作品をアピール。「僕らの想いや魂を受け取っていただけたら……」と客席に向かって呼びかけた。

 山下は、「目が見えるところから見えなくなってしまう。そんな真治の絶望を表現することも大事だなと思っていました。技術的に、どうしたら目が見えないことに説得力が生まれるのかということも考えました。実際に視覚障害がある方にインタビューをさせていただいたり、家で目隠しして数時間過ごしてみたりしました」と説得力のある役作りをすることに励んだことを明かす。
 山下は、「ジェハン監督からはその都度ご指導いただいたので、いい化学反応が起きたのではないかなと思います」と話し、「ジェハン監督は、『映画はいろいろな奇跡が重なって出来上がるもの。あと何本の映画に携われるか分からないからこそ、この作品を今までで一番いいものにしたいし、時間が許す限り現場にいたい』と話されていました。その熱が伝わる現場に毎日通えたのは大きな経験になりました。関わってくれたすべての方に感謝したい気持ちです」と心からの感謝を伝えた。

 生まれつき聴覚障害を持つ女性・響役を務めた新木は、山下との共演は『劇場版 コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』(18)以来5年ぶりとなる。
 新木は役作りで手話やピアノに挑戦している。荒木は「なるべく自然に、違和感を抱かせないように研究しました。ピアノは毎日2時間くらい。4ヵ月半ほど頑張りました。やりがいも達成感もありました」と話した。

 山下は、新木が手話やピアノにまっすぐに向かい、時間を費やして役を作っている努力家な部分に「リスペクトを抱きました」と感心しきり。また、撮影中、「大変な撮影だったので、ピリッとしてくる瞬間もありましたが、そこに新木さんが来てくれると場がなごみました。僕も助けてもらいました」と感謝を伝えた。

 新木は「最初に共演させていただいた時は、まだまだ新人でしたが、まさかこうやって同じ地点に立って、お芝居をする日がくるなんて。本当に光栄でした」と感慨深け。「5年前に共演したときもそうでしたが、山下さんが変わらずそこにいてくださいました。人に対して緊張感を与えないし、誰に対しても分け隔てなく、スタッフさんにも共演者の皆さんにも気を使ってくださる姿に、みんな助けられていました。ありがとうございます」と山下に感謝の気持ちを伝えた。

 ジェハン監督は、「原作のポジティブな『傷害は心の中にあるんだ』という部分を映画にしました」とコメント。「山下さんの演技はとても繊細で、細やかな手の動き、手の先まで演技が行われていることに驚かされました」と山下の演技を称えた。また、新木の声が気に入っているというジェハン監督は新木の手話やピアノに対する頑張りを称賛。新木は、毎日1つは韓国語を憶え、それを現場で使うようにしてスタッフたちとの交流をはかるようにしていたという。

 山口は「優子ちゃんが『毎日1つは韓国語を覚える』と言って、覚えたての言葉でいろいろな人に話しかけてコミュニケーションを取っていた。見ていて元気になった」と話した。

 ジェハン監督が「団結するためのいい方法の一つは、みんなで一緒に食事をすること」と明言。日本と韓国のスタッフが集った撮影現場に笑顔をもたらしたのは、“食”だったという。山下からの温かいラーメンの差し入れに山本も新木もスタッフ全員が「おいしかったぁ~」と大感激だったそうだ。1、2月の寒い時期での撮影現場では温かい食べ物がみんなに笑顔をもたらしたようだ。


 山下は「言葉の壁を超えて『いいものを作りたい』という結束力が生まれていた現場でした。日々学びの多い現場でした」と充実の表情を見せた。
 最後に、山下は「熱くて深くてすごく情熱的な作品です」。新木は「見終わった後に、皆さんの大切な人に連絡したくなるような、そんな作品です」と本作の魅力を伝えてイベントは終了した。

 主題歌「I See You」も山下が担当している。

 登壇者:山下智久、新木優子、山本舞香、山口紗弥加、イ・ジェハン監督

 (取材・文・写真:福住佐知子)

『SEE HEAR LOVE~見えなくても聞こえなくても愛してる~』作品情報

 原作:「見えなくても聞こえなくても愛してる」ⓒ NASTY CAT/SUPERCOMIX STUDIO Corp.
 製作:2023「SHL」partners
 監督・脚本:イ・ジェハン(John H, Lee)
 主演:山下智久、新木優子/高杉真宙、山本舞香/深水元基、渡辺 大(友情出演)、加藤雅也(友情出演)、菅原大吉/山口紗弥加、夏木マリ

ストーリー
 漫画を描いて生計を立てている漫画家、泉本真治は病を患い、視力を徐々に失うことになってしまう。それにより、やっと軌道に乗って人気がでてきた連載漫画も休載。また一緒に暮らしていた祖母の面倒も見切れなくなっていく……。一人になった真治は孤独と恐怖に襲われ、ベランダから身を投げ出そうと考える。
 そんな時、真治の漫画のファンで、耳が聞こえない相田響に助けられる。こうして出逢った真治と響。二人が支え合いつつ織りなす切なくも温かい感動ラブ・ストーリー。

映画『SEE HEAR LOVE 〜見えなくても聞こえなくても愛してる〜』オフィシャルサイト
監督・脚本:イ・ジェハン(John H. Lee) 山下智久 新木優子 2023年Prime Videoにて配信予定

 Twitter:@SHL_2023

 配信情報:6月9日(金)Prime Videoで独占配信!
  ※作品の視聴には会員登録が必要です。(AmazonプライムについてはAmazon.co.jpサイトをご覧ください。)
  ※Amazon、Prime Video及びこれらに関連するすべての商標は、Amazon.com, Inc. 又はその関連会社の商標です。

(オフィシャル素材提供)

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました