イベント・舞台挨拶

『プチ・二コラ パリがくれた幸せ』舞台挨拶

© 2022 Onyx Films – Bidibul Productions – Rectangle Productions – Chapter 2

 第75回カンヌ国際映画祭正式出品&2022年アヌシー国際アニメーション映画祭クリスタル賞(最高賞)受賞のアニメーション映画『プチ・ニコラ パリがくれた幸せ』の公開記念舞台挨拶が6月11日(日)に都内映画館で行われ、日本語吹き替え版声優の堀内賢雄(ゴシニ)、小野大輔(サンペ)、小市眞琴(ニコラ)が出席した。

 あいにくの雨模様ながらも、満席で迎えたこの日。本作出演をきっかけに『プチ・ニコラ』を知ったという堀内は「この映画を通して僕は完全にハマりました。フランスで長らく愛される児童書の名作が原作であることを知り、超感動しました」とすっかりお気に入り。小野は「作品に初めて触れるのに、懐かしさと温かみを感じた作品です。フランスで語り継がれる名作を知ることができて良かった」と感激。小市は「親しみがあって懐かしさもあるイラストで、そこにニコラとして声を当てる緊張感もあったけれど、ニコラとして作品に携わることができて良かった」と喜んだ。

 堀内と小野は2人でアフレコ収録に参加。堀内は「音楽や絵に引き込まれ、僕の想いがゴシニにオーバーラップ。これは僕のプチ・ニコラでもあると感じた。魂を入れ込むことで気持ちも入りました」と熱演を報告し「吹き替えだと声を張ることが多いですが、今回は優しい抑えの演技を意識。(小野)大輔の目を見つめながらアフレコしました」とジョーク。その小野は「僕は画面を見ていたけれど、(堀内)賢雄さんは僕のことを見ていたのか……!?」と戸惑いつつも、「アフレコ中はサンペとして生きたので、ゴシニを演じられた賢雄さんが歳の離れた友達に見える。実際は大先輩ですけど……」と相思相愛だった。

 一方、一人で収録に臨んだ小市は「演じる上ではフランス版原音の男の子の声のトーンを崩したくなかった。堀内さんや小野さんの声からはナチュラルさや柔らかさが伝わってきたので、ニコラの声を演じる際も柔らかさがありつつも子どもならではの元気さを表現できればと思った。事前にお二人の声を聞けたのがニコラの演技に繋がりました」と先輩二人の熟練の技に感謝。すると堀内は「こういう子どもでありたいというのが出ている素晴らしい声だった」、小野も「マジで子どもがしゃべっていると思った」と絶賛し、小市は「今の思い出だけでこの先10年はゴハンを食べられる!」と感激していた。

 また本作の魅力については「テレビが届いたとか、女の子にカッコつけるとか、世代的にジーンと来るものがある。早食い競争なんてまさしく自分の子ども時代の思い出そのもの」と堀内。小野は「家族をも超えた友情から生まれた物語だからこそ、長く愛される。絵と音楽に引き込まれた」といい、小市も「ニコラの姿に昔の自分がフラッシュバックしました。音楽も1950年代当時の曲が使用されているので、その時代に私も行かせてもらえていると思った」と本作の魅力を言葉にしていた。

 最後に小市は「最後のほうに等身大のニコラ君が出てくるところは涙を誘われます。アフレコ中は涙を我慢していましたが、映像チェック中は涙を流しました。字幕版も素晴らしいので日本語吹き替え版と共にご覧ください」とアピール。小野は「ものを作る人の情熱や絆を深く優しく描いた点に感銘を受けました。自分たちが作ったものが、これから先も愛されていくことは嬉しいこと。エンターテインメントに携わることへと素晴らしさと尊さを改めて感じさせてくれた作品です」としみじみ。堀内は「いい作品に出会って感動するセリフを言えた時は喜びを感じる。こんないい作品に出合えたことをたくさんの人に伝えてほしいです。アフレコ収録後に心地の良い気分で帰れるのはそうないこと。自分としても達成感を得た作品です」と大ヒットを祈願していた。

 登壇者:堀内賢雄、小野大輔、小市眞琴

公開表記

 配給:オープンセサミ、フルモテルモ
 公開中!

(オフィシャル素材提供)

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました