作品紹介

『アシスタント』

© 2019 Luminary Productions, LLC. All Rights Reserved.

イントロダクション

 ニューヨーク・タイムズスクエアの裏手にある薄汚れたオフィスで、18日間という短期間で撮影された本作は、サンダンス・ベルリンを始めとした世界中の映画祭や各メディアによって高く評価された。

 『ジョンベネ殺害事件の謎』(2017)で知られるドキュメンタリー映画作家のキティ・グリーンは、2017年に巻き起こった #Me Too運動に自身初の劇映画の題材を見出し、今日の職場における大きな問題をフィクションの形で掘り下げた。英語で匿名の女性を指す“Jane Doe”に由来するジェーンというキャラクターは、数百にも及ぶ労働者へ対して行われたリサーチとインタビューによって監督が得た膨大な知見、とりわけ女性の痛みや混乱の経験から形成されている。
 そして、ヒエラルキーの末端で働く人々の代弁者でもあり、現代のジャンヌ・ディエルマンとも言えるジェーンを全身全霊で演じたのは、いま最もエキサイティングな若手俳優として急速に地位を確立しているジュリア・ガーナー。

 一つの確信によって、思いもよらない自らの立場が明らかになるとき、彼女はどのような選択をするのか――静かな衝撃に打ちのめされる87分。

ストーリー

 名門大学を卒業したばかりのジェーンは、映画プロデューサーという夢を抱いて激しい競争を勝ち抜き、有名エンターテインメント企業に就職した。業界の大物である会長のもと、ジュニア・アシスタントとして働き始めたが、そこは華やかさとは無縁の殺風景なオフィス。早朝から深夜まで平凡な事務作業に追われる毎日。常態化しているハラスメントの積み重ね……しかし、彼女は自分が即座に交換可能な下働きでしかないということも、将来大きなチャンスを掴むためには、会社にしがみついてキャリアを積むしかないことも分かっている。
 ある日、会長の許されない行為を知ったジェーンは、この問題に立ち上がることを決意するが――。

 (原題:The Assistant、2019年、アメリカ、上映時間:87分)

キャスト&スタッフ

 監督・脚本・製作・共同編集:キティ・グリーン
 出演:ジュリア・ガーナー、マシュー・マクファディン、マッケンジー・リー
 製作:スコット・マコーリー、ジェームズ・シェイマス、P・ジェニファー・デイナ、ロス・ジェイコブソン
 サウンドデザイン:レスリー・シャッツ
 音楽:タマール=カリ
 キャスティング:アヴィ・カウフマン

予告編

オフィシャル・サイト(外部サイト)

映画『アシスタント』オフィシャルサイト
6.16 fri ROADSHOW|憧れの映画業界――新人アシスタントの決定的な一日を描いた、静かな衝撃作

 公式Twitter:@theassistant_jp
 公式Instagram:https://www.instagram.com/senlisfilms/(外部サイト)

公開表記

 配給:サンリスフィルム
 6.16 fri 新宿シネマカリテ、恵比寿ガーデンシネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国順次公開

(オフィシャル素材提供)

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました