最新ニュース

『エゴイスト』第22回ニューヨーク・アジアン映画祭2023にて主演・鈴木亮平がライジングスター・アジア賞受賞!

©2023 高山真・小学館/「エゴイスト」製作委員会

 第22回ニューヨーク・アジアン映画祭2023(New York Asian Film Festival/略してNYAFF)にて、『エゴイスト』主演・鈴木亮平がライジングスター・アジア賞 (Rising Star Asia Award) を受賞することが決定した! ニューヨーク・アジアン映画祭は北米でもっとも由緒あるアジア系映画祭と称され、今年で22回目を迎える。
 2023年7月14日から30日までニューヨーク、リンカーン・センターで開催され、各国から60以上の作品が出品される。『エゴイスト』は世界的に注目度の高いアジア映画を紹介するStandouts部門に出品され、現地時間7月15日にリンカーン・センターにて行われる上映の際に授賞式が行われる。
 また、舞台挨拶には鈴木亮平とともに松永大司監督も出席予定。

 ライジングスター・アジア賞は、世界的にもっとも活躍が期待される俳優に贈られる賞になり、過去の日本人では池松壮亮、小松菜奈、綾野 剛らが受賞している。鈴木亮平は、大河ドラマ「西郷どん」(2018)や「エルピスー希望、あるいは災いー」(22)出演、『孤狼の血 LEVEL2』(21)では日本アカデミー賞最優秀助演男優賞をはじめとする数々の賞を受賞、最近では映画『TOKYO MER~走る緊急救命室~』の大ヒットも記憶に新しく、日本を代表する俳優のひとりとして活躍を続けている。なお、2013年には鈴木亮平出演の『HK/変態仮面』がNYAFFにて観客賞を受賞している。『エゴイスト』では恋人とその母へ愛情を注ぐゲイの主人公を演じた繊細な演技が高く評価され、この度の受賞に繋がった。

 なお、映画『エゴイスト』は、2023年2月10日の劇場公開以降今なお日本中でロングラン上映を続けており、動員数は20万人を突破、興行収入は約3億円と、ロングランヒットを記録している。
 2022年東京国際映画祭コンペティション部門への出品を皮切りに国内外でも本作は大きな反響を呼び、北米に加えてアジアでは香港、韓国、台湾で『エゴイスト』の公開が決定、映画祭は、アジア全域版アカデミー賞と言われる「第16回アジア・フィルム・アワード」(助演男優賞受賞/宮沢氷魚)の他、「ウディネ・ファー・イースト映画祭」(イタリア)、「第23回ニッポン・コネクション」(ドイツ・フランクフルト)、「フレームライン映画祭」(米/サンフランシスコ)、「プロビンスタウン映画祭」(米)、「富川ファンタスティック映画祭」(韓国)など続々と出品が決定している。

鈴木亮平 コメント

 愛する街ニューヨークで、このような重要な賞をいただき非常に光栄です。
 また、映画『エゴイスト』が国境や文化の違いを越えて評価されていることをとても嬉しく思います。
 『エゴイスト』は「恋人との愛」「親子愛」「救い」などのテーマと共に、セクシュアリティやアイデンティティについて大きな気づきを与えてくれた、私にとっても特別な作品です。この作品がさらに世界中に広がり、たくさんの方々の心に届いてくれることを願っています。
 「ライジング・スター」という名に恥じぬよう、今後とも俳優として、人間として研鑽を積んでいきたいと思います。

公開表記

 配給:東京テアトル
 大ヒット公開中!

 (オフィシャル素材提供)

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました