作品紹介

『兵馬俑の城』

©Fantawild Animation Inc.

イントロダクション

 躍進が進む中国のアニメ会社・FANTAWILDが制作したフルCGアニメ映画『兵馬俑の城』が6月16日(金)に公開となる。
 本作は、2021年7月に中国で公開し、約7000万元(約14億円)のヒットを記録。さらに2021年、第24回上海国際映画祭最優秀アニメーション作品賞にノミネートされた話題作。心を持った兵俑のモンユエンと家族を奪われた人間の少女シーユイとの出会い、旅路の中で生まれる恋、そして世界を揺るがす霊獣との闘いが中国全土を魅了した。
 2023年、新たなに日本語吹き替え版『兵馬俑の城』が満を持して再上陸。楽天家で優しい心を持った主人公の兵俑・モンユエンを演じるのは、福山 潤、家族を奪われた人間の少女・シーユイを演じるのは寿 美菜子、更に中島ヨシキや星野貴紀という豪華声優陣が参加。命を授けられた兵俑・モンユエンと、家族を奪われた人間の少女・シーユイの地底バトル・ラブファンタジーが開幕した!

©Fantawild Animation Inc.

ストーリー

 中国歴代の皇帝によって作られた兵馬俑。その兵馬俑達が眠るはずの巨大な地下都市には、大きな秘密があった。
 兵馬俑たちは、神から命を授けられ、もう一つの世界が作られていたのだった――。
 兵俑の雑用係・モンユエンが住む秦陽城は、凶暴な霊獣たちの襲撃に悩まされていた。その霊獣に拮抗するシアホウ将軍の姿に憧れたモンユエンは精鋭部隊「鋭士」への入隊を希望するが、将軍から「霊獣・地吼(ディーホウ)を捕まえる」という条件を出される。
 霊獣・地吼を追う旅の途中、モンユエンは謎多き少女シーユイと出会う。旅の途中で二人は地下の世界では見られない美しい風景や世界の広さを知る。次第に惹かれ合う二人。モンユエンは、家族を探すシーユイの力になりたいと考えるようになる。そして、二人はついに、地吼を追い詰めるが……。

原題:俑之城、2021年、中国、上映時間:115分)

キャスト&スタッフ

【オリジナル版スタッフ】
 製作:尚琳琳、鄭志昊、徐天福、李暁東、蔡懐軍、支穎
 プロデューサー:劉艶娟、李小虹、李錦、王磊、任旭、黄帆順
 監督:林永長
 副監督:陳嬌艶
 脚本:徐蕓、崔鉄志、王鋼
 ビジュアルエフェクト監督:張雅蓓、王強
 編集特別監修:王懐佩、唐緒恒
 美術監督:郭尚振、王剣龍、李弘毅
 音楽:黄英華
 音楽監修:秦早
 制作スタジオ:Fantawild Animation Inc.

【日本語吹替版スタッフ】
 演出:菊田浩巳
 翻訳:藤原由希
 音響制作:楽音舎
 日本語吹替版制作統括:ライブ・ビューイング・ジャパン、面白映画
 提供:Fantawild Animation Inc.、面白映画、Open Culture Entertainment

日本語吹替版声優:蒙遠(モンユエン)役/福山 潤、史玉(シーユイ)役/寿 美菜子、シャオバオ役/中島ヨシキ、シアホウ将軍役/星野貴紀、九尾大師役/水島 裕、オババ役/桜岡あつこ、キツネ役/橘 潤二、ゴン役/白石兼斗、ガマ役/杉崎 亮、ヤセ役/株元英彰、太っちょ役/石狩勇気、ワン親方役/武田太一、妖術使い役/小林康介

ギャラリー

予告編

オフィシャル・サイト(外部サイト)

映画『兵馬俑の城』公式サイト|2023年6月16日(金)公開
命を授けられた兵馬俑と、家族を奪われた人間の地底バトル・ラブファンタジーが開幕。霊獣との壮絶な戦いの果てに、彼らが直面した真実とは。モンとシー・ユイの旅の果てに待つのは、希望か、それとも―

 公式Twitter:@heibayounosiro

公開表記

 配給:ライブ・ビューイング・ジャパン、エレファントハウス
 6月16日(金)より グランドシネマサンシャイン池袋ほか全国公開

(オフィシャル素材提供)

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました