最新ニュース

イザベル・ユペール主演『私はモーリーン・カーニー 正義を殺すのは誰?』10.20(金)日本公開決定!

©2022 le Bureau Films-Heimatfilm GmbH + CO KG-France 2 Cinema

 イザベル・ユペールが、仏総合原子力企業アレバ(現オラノ)社のCFDT(フランス民主労働組合連盟)代表モーリーン・カーニーを演じ、国家的スキャンダルに巻き込まれていく社会派サスペンス『私はモーリーン・カーニー 正義を殺すのは誰?』(原題:LA SYNDICALIST)の日本公開が、10月20日(金)よりと決定した。

 本作は、会社とその未来、そして従業員の雇用を守るため、中国とのハイリスクな技術移転契約の内部告発者となったモーリーンが、自宅で襲われるという肉体的暴力と、それを自作自演だと自白を強要する権力側からの精神的暴力に対し、屈することなく6年間闘い続け、無罪を勝ち取るまでを描いた、驚愕の実話の映画化だ。

 世界最大の仏原子力会社の労働組合代表だったモーリーン・カーニーを演じるのは、フランスを代表する女優のイザベル・ユペール。彼女は、中国とのハイリスクな極秘取引を知り、内部告発者となってそれを明るみに出した。その取引が5万人以上の雇用を脅かすものだったからだ。彼女は政府の閣僚や企業のトップに捨て身で立ち向かう……。社会や組織における女性、政治と経済の権力構造、労働組合、裁判、原子力発電、中国問題、夫婦の関係など、今の日本にも共通する問題が、モーリーンを軸にサスペンスフルな展開で浮かび上がってくる。今年3月にフランス本国で公開され大ヒットした。

 監督は、これまでもイザベル・ユペール主演作品『ゴッドマザー』(2021)を手掛けたジャン=ポール・サロメ。脚本は『ローズメイカー 奇跡のバラ』(21)のファデット・ドゥルアール、撮影は『1640日の家族』(22)のジュリアン・ハーシュ、音楽は『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』(16)のブリュノ・クーレが担当。

 この度解禁されたポスタービジュアルも、モーリーンを演じたイザベル・ユペールが、強い信念と正義感をまとい大勢の従業員を背に、壮絶な戦いに身を投じていく瞬間を切り取ったデザインとなっている。

スタッフ&キャスト

 監督:ジャン=ポール・サロメ
 脚本:ファデット・ドゥルアール
 撮影:ジュリアン・ハーシュ
 音楽:ブリュノ・クーレ
 出演:イザベル・ユペール、グレゴリー・ガドゥボア、フランソワ=グザヴィエ・ドゥメゾン、ピエール・ドゥラドンシャン、アレクサンドリア・マリア・ララ、ジル・コーエン、マリナ・フォイス、イヴァン・アタル

 後援:在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ

 (原題:LA SYNDICALIST、2022年、フランス・ドイツ、上映時間:121分)

公開表記

 配給:オンリーハーツ
 10月20日(金)よりBunkamuraル・シネマ渋谷宮下ほか全国順次公開

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました