最新ニュース

『ふたりのマエストロ』8/18(⾦)より全国順次公開!場面写真解禁&クラシック名曲にも注目

© 2022 VENDÔME FILMS – ORANGE STUDIO – APOLLO FILMS

 ある依頼間違いによって互いの⼼に向き合うことになった⽗と息⼦の物語を描くフランス映画『ふたりのマエストロ』が、8⽉18⽇(⾦)よりヒューマントラストシネマ有楽町、Bunkamura ル・シネマ 渋⾕宮下、シネ・リーブル池袋ほか全国順次公開となる。

 ⽗も息⼦も、パリの華やかなクラシック界で活躍する指揮者の親⼦。ふたりの間には⻑年、不協和⾳が鳴り響いていた。ある⽇、⽗・フランソワに夢にまで⾒た世界最⾼峰<ミラノ・スカラ座>⾳楽監督就任の依頼が。しかし息⼦・ドニはスカラ座の総裁から呼び出され、なんと⽗への依頼は⾃分宛の誤報だったと知らされる。⽗に真実を切り出せず悩むドニ。息⼦が⽗を超えるとき、何を想うのか――。ぶつかり合いながら道を模索するふたりは、渾⾝のタクトで⾃らの⾳楽を再び輝かせる!

プライドや嫉妬など、同じ道に進んだ素直になれない親⼦の葛藤、再起していく家族を名優たちが熱演! フランス・パリの街並みとともに場⾯写真解禁

 解禁となった場⾯写真は、真剣な眼差しでオーケストラと向き合い指揮を振るドニ(イヴァン・アタル)、スカラ座からの依頼に思わず微笑む⽗・フランソワ(ピエール・アルディティ)をはじめ、夜の街をドニとドニの息⼦・マシュー(ニルス・オトナン=ジラール)、バイオリニストでドニの恋⼈・ヴィルジニー(キャロリーヌ・アングラーテ)と楽しそうに歩くカット、さらにフランソワと妻・エレーヌ(ミュウ=ミュウ)がパリの煌びやかなレストランで⾷事をするシーンなど、印象的な家族の場⾯を多く切り取った。

フランスが誇る俳優2⼈が演じる、互いへの絶対的な愛を持つ”夫婦”
ミュウ=ミュウ「夫婦の結託が感じられる」、ピエール「レストランでフランソワは⻘年に戻る」

 1980年代のアラン・レネ監督作品に数多く出演した名優ピエール・アルディティと、⽇本では特に『バルスーズ』(75)のヒロインとして知られるミュウ=ミュウは、本作で3度⽬の夫婦役を演じる。30年以上前に知り合い、気⼼の知れた友⼈でもある2⼈は⽉⽇を重ねた複雑で繊細な夫婦関係を⾒事に体現し、印象的なレストランでのシーンについて次のように振り返った。

ピエール・アルディティ
 「ミュウ=ミュウは良き仲間であり深く愛している⼈だから、愛を告⽩するのは簡単だった。互いの動きを⾒て楽しんだりね。レストランのシーンはフランソワが⻘年に戻る場⾯だ。(夫婦のこれまでが)毎⽇がバラ⾊というわけではなかったが、当然ながら全て彼⼥のおかげだと認めているんだ。」

ミュウ=ミュウ
 「ピエールとはいつも上流階級の夫婦役なのよね。とても気が合うし信頼があるからうまくいっていると思う。エレーヌは⺟親でありながら、夫に永遠に恋をしている⼥性。彼らが持つお互いへの絶対的な愛はとても印象深い。レストランのシーンでは夫婦の結託が感じられて、彼らがどんな⼈⽣を過ごしてきたかが想像させられる。」

監督のこだわり︕物語を彩るクラシック名曲の数々にも注⽬

 本作にはクラシックの名曲がふんだんに使⽤されている。予告編で流れるモーツァルト「フィガロの結婚 序曲」、ベートーヴェン「交響曲第9番」をはじめ、ブラームス「間奏曲第7番」、シューベルト「セレナーデ」、ラフマニノフ「ヴォカリーズ」、ドヴォルザーグ「⺟が教えてくれた歌」、モーツァルト「ヴァイオリン協奏曲第5番」ほか多数の楽曲が随所に散りばめられた。⾳楽担当と夜通し語り明かすこともあるほどクラシック⾳楽が⼤好きだというブリュノ・シッシュ監督は「登場⼈物を表現できる⾳楽を選んだ」と明かした。たとえば、息⼦・ドニを表現する曲としてノスタルジックな調べと⽢すぎない旋律が特徴のブラームス「間奏曲第7番」が繰り返し登場。ドニを演じたイヴァンはピアノ演奏シーンのためこの曲を習得したという。数々のクラシック名曲にもぜひ注⽬してほしい。

公開表記

 配給:ギャガ
 8/18(⾦) ヒューマントラストシネマ有楽町、Bunkamura ル・シネマ 渋⾕宮下、シネ・リーブル池袋 ほか全国順次公開

(オフィシャル素材提供)

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました