イベント・舞台挨拶TVドラマ・ネット映画

『SEE HEAR LOVE~見えなくても聞こえなくても愛してる~』劇場公開初日・舞台挨拶

©2023「SHL」partners

 『私の頭の中の消しゴム』のイ・ジェハン監督が主演に山下智久、ヒロインに新木優子を迎えた究極のラブ・ストーリー『SEE HEARLOVE 見えなくても聞こえなくても愛してる』のディレクターズ版劇場公開の初日舞台挨拶が7月7日(金)に新宿バルト9で行われた。織姫と彦星の伝説の7月7日、七夕の公開にちなんで、浴衣姿で登壇したキャスト陣。絵になる二人が会場を華やかに彩った。

 この日は七夕当日ということで、壇上には大きなささの葉が鎮座。そんな会場内に山下、新木、そして深水という“絵になる男女”が浴衣姿で登場すると、会場からはため息交じりの歓声が。自身はなかなか浴衣を着る機会がないという山下は「先週まで韓国、香港、台湾、タイと、アジア・プロモーションでまわっていたんですが、こうやって日本に帰ってきて。着物をビシッと着付けてもらうと、なんだかあらためて日本に帰ってきたなという気持ちがします。僕自身もなかなか浴衣を着る機会がないので。しかもこの特別な七夕の日にこうやって浴衣を着ることができて、とてもうれしく思っています」とコメント。

 続く新木も「わたしも浴衣を着る機会はなかったので。こういうイベントで、しかも特別な七夕の日に、こうやって着物を着て、作品とともに舞台挨拶ができるというのがとてもうれしいですし、着付けていただいている時から、忘れられない日になるなと思ってうれしいです」と笑顔。さらに深水も「普段、プライベートで着ることはなくて。でも今日は着付けの先生にキチッと着付けをしていただいたんで。今日はみんなにいっぱい写真を撮ってもらいたいと思っています」とご機嫌な様子を見せた。そしてそんなキャスト陣を見守っていたイ・ジェハン監督も「わたしも着たいですね。日本の伝統衣装は見れば見るほど美しい。韓国に帰る前に買って帰りたいと思います」とほほ笑んでいた。

 6月9日よりPrime Videoで配信中の本作だが、今回劇場で上映されるのは配信では見られない特別映像も含むディレクターズカット版となる。そのことに「もちろん自宅で、配信で観ていただけるというのもとてもうれしく、感謝しているんですけど、現場では監督が撮影や音響など、本当に隅々までこだわっているので。大きなスクリーンだとより感じていただけるかなと。こうやって皆さんでひとつの場所に集まって、この作品を一緒に観ていただけるというのは本当に特別な気持ちです」と晴れやかな顔を見せた。

 日韓のスタッフで作りあげた本作。イ・ジェハン監督も「今回は、日本の皆さんと仕事ができる特別な経験でした。そしてもっとも印象深かったのが、若いスタッフの皆さん。責任感があり、思いやりがある彼らが印象に残ってます」と切り出すと、「日本の役者さんとの仕事を通じて、彼らの情熱、演技力、インスピレーションをいただくことができて、学びの多い現場でした。そして何よりこのようなカッコいい主人公と顔を合わせて仕事ができたのはとても楽しかった。それからとても美しい女優さんと仕事ができてしあわせで。毎日撮影現場に行くのが楽しみでした。わたしは韓国でも、カッコよくて美しい俳優とたくさん仕事をしてきましたけど、二人はとにかく美しくてカッコいい。そのうえ演技もすばらしいかったので、本当に幸せでした」としみじみ語った。

 山下と新木は、本作のプロモーションとして、およそ10日間にわたって韓国・香港・台湾・タイをめぐるアジア・プレミア・ツアーも敢行。その日々を「ただただ感動しました」と振り返った山下は、「行くところ行くところで、温かく迎え入れてくれて。まさか自分たちをこんなにも待ってくれる人がいるなんて、という驚きもありましたけど、皆さんに届けられるものを増やしたいと思っていたので、初めての経験だったので。自分自身、活力をいただきました」とコメント。新木も「わたし自身、わたしのことを応援してくださる方が、いろいろな国にいるというのは、SNSを通じてだったり、わざわざ会いに来てくださったりということがあったので。知ってはいたんですけど、今回、各国にまわらせていただいたんですが、本当に空港に迎えに来てくださったり。待っていてくれたりして。わたし自身が、ファンの皆さんが住んでいる国に会いに行ける機会って、本当に少ないと思うので。山下さんでさえ、これだけお仕事をされていてはじめてということなので、本当に貴重な機会だなと。たくさんの方から声援をいただいたり、ボードを作ってくださったりしたので。本当にうれしかったですね」と笑顔を見せた。

 そしてこの日は七夕ということで、短冊に願いを書き記した登壇者たち。まずは深水が「家族がみんな元気で、健康に過ごせますように」と家族への思いを吐露すると、新木が「世界中、たくさんの人に観てもらえる映画になりますように」。そして山下も「たくさんの人にとどけ」と本作のヒットを祈願。そんな中、イ・ジェハン監督が「結婚したいです」とおちゃめなコメントを発し、会場を笑いに包みこんだ。

 そんな大盛り上がりのイベントもいよいよ終盤。最後のコメントを求められた山下は「ぼくがこの作品を通じてはじめて監督にお会いした時に、監督は『今も、本当にたくさんの企画を成立させるために走り回っている人がいるし、この企画が成立して撮影をはじめることができるというのは本当に奇跡的なことなんだ』とおっしゃっていたんです。もしかしたら僕もこの作品が最後になるかもしれないし、だからこそ、この作品を今までの僕の作品の中で一番すばらしいものにしたい、というような情熱を教えていただきました。そしてその教えていただいた情熱をしっかりとこの作品に注ぎ込むことができたかなと思っております」と切り出すと、「昨今はデジタルでいろんなことができるようになって。僕らが忘れかけているような情熱や魂のようなものを、この映画に込められたと思っております。この役を通じて僕は、本当に大切なものは、目に見えなくて、聞こえないものなんじゃないかというふうに感じました。皆さんも耳をすまして、心をすまして、この映画を感じていただけたらうれしいなと思います」と観客にメッセージを送った。

 登壇者:イ・ジェハン監督、山下智久、新木優子、深水元基

『SEE HEAR LOVE~見えなくても聞こえなくても愛してる~』作品情報

 原作:「見えなくても聞こえなくても愛してる」ⓒ NASTY CAT/SUPERCOMIX STUDIO Corp.
 製作:2023「SHL」partners
 監督・脚本:イ・ジェハン(John H, Lee)
 主演:山下智久、新木優子/高杉真宙、山本舞香/深水元基、渡辺 大(友情出演)、加藤雅也(友情出演)、菅原大吉/山口紗弥加、夏木マリ

ストーリー
 漫画を描いて生計を立てている漫画家、泉本真治は病を患い、視力を徐々に失うことになってしまう。それにより、やっと軌道に乗って人気がでてきた連載漫画も休載。また一緒に暮らしていた祖母の面倒も見切れなくなっていく……。一人になった真治は孤独と恐怖に襲われ、ベランダから身を投げ出そうと考える。
 そんな時、真治の漫画のファンで、耳が聞こえない相田響に助けられる。こうして出逢った真治と響。二人が支え合いつつ織りなす切なくも温かい感動ラブ・ストーリー。

映画『SEE HEAR LOVE 〜見えなくても聞こえなくても愛してる〜』オフィシャルサイト
監督・脚本:イ・ジェハン(John H. Lee) 山下智久 新木優子 2023年Prime Videoにて配信予定

 Twitter:@SHL_2023

 配信情報:Prime Videoで独占配信中!
  ※作品の視聴には会員登録が必要です。(AmazonプライムについてはAmazon.co.jpサイトをご覧ください。)
  ※Amazon、Prime Video及びこれらに関連するすべての商標は、Amazon.com, Inc. 又はその関連会社の商標です。

(オフィシャル素材提供)

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました