イベント・舞台挨拶

岩手県・釜石を舞台に家族の再生を描く人情喜劇『釜石ラーメン物語』初日舞台挨拶

©「釜石ラーメン物語」製作委員会

 岩手県・釜石市を舞台に家族の再生を街の人々の人情とともに描き出す映画『釜石ラーメン物語』の初日舞台挨拶が7/8に新宿K’s cinemaにて行われ、主演の井桁弘恵、出演の池田朱那、利重 剛、今関あきよし監督が登壇した。
 本作は、釜石でラーメン屋「小川食堂」を営む父と妹の所に、音信不通だった長女・正実が突如帰ってきたことから巻き起こる騒動を描いた人情喜劇。3年ぶりに突如実家のラーメン屋に戻り、波乱を巻き起こす姉・正美を井桁が溌剌と演じた。

 登壇者は満員の劇場に、観客からの大きな拍手を受けながら登場。
 映画初主演となる井桁は、「いつかやらせていただけたらいいな、とは考えていましたが、こういう形で叶うとは思っていませんでした。監督が長年温められてきた作品の主演ということで不安もありましたが、それ以上に嬉しい気持ちでいっぱいでした」とオファー時の心境を口にした。

 今関あきよし監督も、「2014年に釜石に行って、震災で傷ついた街が元気になる映画を撮りたいと思いました。あとはなんといっても井桁さん。彼女無くしてこの映画はないので」と井桁の存在が不可欠だったと明かす。

 井桁が演じたのはマイペースで破天荒なラーメン屋の長女という役柄。自身との共通点を問われると、「私は普段はあんなお騒がせしないですが、お酒が好きなところは似ています。海宝漬け(釜石の特産品)を食べながら飲むところは幸せでした」と笑顔で答えた。

 井桁演じる正実の妹役で出演した池田朱那は、川を挟んで井桁と喧嘩するシーンの苦労を語る。「川の幅が思っていたより倍はあったんです。声が届かなかったら会話にならないぞと緊張しました。ただ、むしろ声を上げることによって感情がその分乗ってきたので、よかったです」と話す。井桁も「役柄としても負けるわけにはいかないし、演じる上でも負けたくなかったんです。お互い『喧嘩に勝ってやるぞ』という感情になって、撮り終わった時は達成感のあるシーンでした」と振り返った。

 父親を演じた利重 剛は、「イントネーションが地域によって微妙に違うんです。その塩梅が難しかった」と役作りの苦労を吐露。「井桁さんと池田さんのお興奮した時は出る釜石弁はかなり上手でした」と賛辞を送った。

 最後に井桁が「釜⽯の街の⽅の優しさにたくさん助けられて完成した作品なので、この映画を通して全国の⽅に釜⽯の魅⼒を知ってもらい、家族のや街の⽅たちとの繋がりなど⼩さな幸せにも気づいていただきたいと思って作品の制作に携わりました。ぜひ釜⽯にも⾜を運んで、釜⽯ラーメンもが⾷べていただければと思います」と伝え、イベントを締めくくった。

 登壇者:井桁弘恵、池田朱那、利重 剛、今関あきよし監督

公開表記

 配給:ムービー・アクト・プロジェクト
 全国公開中!

(オフィシャル素材提供)

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました