作品紹介

『キングダム 運命の炎』

©原泰久/集英社 ©2023映画「キングダム」製作委員会

イントロダクション

大いなる夢を、新しい時代を、その手で掴め――。
熱い「キングダムの夏」が再びやってくる!

 時は紀元前、中国春秋戦国時代を舞台に、天下の大将軍になるという夢を抱く戦災孤児の少年・信と、中華統一を目指す若き王・嬴政(えいせい)を壮大なスケールで描く漫画「キングダム」(原泰久/集英社)。2006年1月より「週刊ヤングジャンプ」にて連載を開始し、今では68巻まで刊行され累計発行部数は9700万部(2023年4月時点)を記録するも、その壮大なスケールから長らく映像化は不可能と言われてきた。
 そんな中、2019年についに夢が現実のものとなった――。

 邦画史上でも類を見ない大規模なプロジェクトとして、この原作の映画化に挑戦した映画『キングダム』は、公開されるや興行収入はその年に公開された実写邦画作品の中で1位を獲得。映画館のスクリーンを通して数多くの熱いファンを生み出した。3年後には待望の続編『キングダム2 遥かなる大地へ』が公開され、前作を超える圧倒的な映像体験で数多くの驚きをもたらして再び大ヒットを記録。興行収入はまたもやその年の邦画実写作品の中で1位を記録し、シリーズ累計では早くも100億円を突破! また映画のヒットだけではなく、更なる高みを目指して挑戦し続けたキャストとスタッフに数多くの映画賞をもたらすなど、名実ともに日本映画界に大きいインパクトを残してきました。

 そしてこの度、シリーズ3作目となる最新作が7月28日(金)に公開されることが決定した! タイトルは『キングダム 運命の炎』。この規模の超大作としては異例となる2年連続での公開となり、前作で映画館に駆けつけたファンの盛り上がりはそのままに、再びあの熱い夏がやってくる。待望の最新作で描かれるのは「馬陽の戦い」と「紫夏編」。これまでのシリーズ同様に原作者の原 泰久が脚本に参加し<キングダムの魂>ともいえる「何故、中華統一を目指すのか」というテーマに挑戦する。亡き友と誓った夢に向かって突き進む「信」。中華統一に挑む覚悟を問われる「嬴政」。そして何かに導かれるようにして戦地へ舞い戻ってきた「王騎」。それぞれの運命が交わる時、まだ見ぬ未来をかけた戦いが始まる。

©原泰久/集英社 ©2023映画「キングダム」製作委員会

ストーリー

 500年にわたり、七つの国が争い続ける中国春秋戦国時代。

 戦災孤児として育った信(しん)(山崎賢人)は、亡き親友と瓜二つの秦の国王・嬴政(えいせい、吉沢 亮)と出会う。

 運命に導かれるように若き王と共に中華統一を目指すことになった信は、仲間とともに「天下の大将軍になる」という夢に向けて突き進んでいた。

 そんな彼らを更なる脅威が襲う。

 秦国に積年の恨みを抱く隣国・趙の大軍勢が、突如、秦への侵攻を開始。

 残忍な趙軍に対抗するべく、嬴政は、長らく戦から離れていた伝説の大将軍・王騎(おうき、大沢たかお)を総大将に任命する。
 決戦の地は馬陽。これは奇しくも王騎にとって因縁の地だった……。

 出撃を前に、王騎から戦いへの覚悟を問われた嬴政が明かしたのは、かつて趙の人質として深い闇の中にいた自分に、光をもたらしてくれた恩人・紫夏(しか、杏)との記憶。

 その壮絶な過去を知り、信は想いを新たに戦地に向かう。
 100人の兵士を率いる隊長になった信に、王騎は『飛信隊』という名を授け、彼らに2万の軍勢を率いる敵将を討てという無謀な特殊任務を言い渡す。

 失敗は許されない。
 秦国滅亡の危機を救うため、立ち上がれ飛信隊!
 運命に導かれ、時は来た。キングダム史上最大の戦いがいま始まる――。

 (2023年、日本)

キャスト&スタッフ

 出演:山﨑賢人
    吉沢 亮 橋本環奈 清野菜名
    満島真之介 岡山天音 三浦貴大
    杏 山田裕貴
    髙嶋政宏 要 潤 加藤雅也 高橋光臣 平山祐介
    片岡愛之助 山本耕史 長澤まさみ
    玉木 宏 佐藤浩市
    大沢たかお

 監督:佐藤信介
 脚本:黒岩 勉、原 泰久
 原作:「キングダム」原 泰久(集英社「週刊ヤングジャンプ」連載)

ギャラリー

予告編

オフィシャル・サイト(外部サイト)

映画『キングダム 運命の炎』公式サイト
映画『キングダム 運命の炎』公式サイト

公開表記

 東宝、ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
 2023年7月28日 全国東宝系にてロードショー

(オフィシャル素材提供)

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました