最新ニュース

巨匠ラース・フォン・トリアー最新作『キングダム エクソダス〈脱出〉』待望の予告編&本ポスタービジュアルが解禁!

© 2022 VIAPLAY GROUP, DR & ZENTROPA ENTERTAINMENTS2 APS

 7/28(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷、シネマート新宿ほかにて全国公開の『キングダム エクソダス〈脱出〉』について、待望の日本版予告編と本ポスタービジュアルが解禁となった。

 カンヌ・パルムドール受賞など輝かしい受賞歴を誇り、観る者を挑発する作風で圧倒してきたラース・フォン・トリアー。その中でも、90年代に制作されたドラマシリーズ「キングダム」はデンマーク最高視聴率50%越えを記録し、社会現象を巻き起こした伝説の作品だ。そして四半世紀の時を超えて最新作『キングダム エクソダス〈脱出〉』が全編5時間超の「映画作品」として第79回ヴェネチア国際映画祭でワールドプレミア上映を果たし、ついに日本で待望の劇場公開が決定!!

監督の盟友たちが衝撃(笑撃)の怪演!
笑うウィレム・デフォー!浮かび上がるウド・キア!

 今回解禁された予告編は、『キングダムⅠ&Ⅱ』のダイジェスト映像から開幕。懐かしいキャストの姿も見られる中、インパクト大のポスタービジュアルにも登場する一人の老婆が、吸い寄せられるように巨大病院キングダムの入口を通り抜けると、いきなり懐かしいテーマ曲が鳴動! 90年代に世界を震撼させたホラー・シリーズの世界観へ一気に引き込まれる。その後も、超自然現象、奇怪な儀式、ソープオペラさながらの医師と患者たちのドタバタ劇が繰り広げられ、「フォン・トリアー作品で最も告白的かつ暴露的だ!(Roger Ebert.com)」「常軌を逸したキャラクターや設定に彼の美学が貫かれている(Variety)」といった海外レビューにも嘘偽りのない濃厚な内容となっている。

 また、シリーズの「お約束」ともなっているスウェーデン人とデンマーク人のいがみ合いをネタにした会話も健在で、往年のファンの頬を緩ませるだろう。後半には、フォン・トリアー監督の盟友ウィレム・デフォーも衝撃(笑撃)の登場で怪演を披露! さらに、『キングダム』シリーズといえば、やはりウド・キアの怪演を抜きにしては語れないが、本予告では「善も悪もあることを心得よ」というフォン・トリアー監督本人からの意味深なメッセージの後、背後からキアの顔がうっすらと浮かび上がるさまが観られる。もはやファンならずとも期待せずにはいられない予告に仕上がっている。

〈北欧の巨匠にして衝撃的問題作を生み出し続ける映画界の異端児〉監督・脚本:ラース・フォン・トリアー

 輝かしい受賞歴を誇る一方で、観る者を挑発するような作風で常に物議を醸してきたデンマーク出身の監督。1995年に同郷のトマス・ヴィンターベアらとともに、さまざまな制約の中で映画を製作する「純潔の誓い」と呼ばれる映画運動“ドグマ95”を発表すると、『ダンサー・イン・ザ・ダーク』ではカンヌ映画祭パルムドール(最高賞)を受賞。近年では、カンヌ映画祭での上映時に激しい暴力シーンのために4人の観客が鑑賞中に気絶したとの逸話が残る『アンチクライスト』、自身のうつ病の経験をもとに制作され絶賛を博した『メランコリア』、4時間にも及ぶ大長編『ニンフォマニアック』など、新作を発表する度に大きな話題を呼んでいる。2022年、パーキンソン病を患っていることを公表するなど健康面が心配されていたが、最新作『キングダム エクソダス〈脱出〉』がヴェネチア国際映画祭でプレミア上映された際には、オンラインでインタビューに応え、これからも映画製作を続けることを宣言し、元気な姿を観客に見せた。

『キングダム エクソダス〈脱出〉』作品情報

イントロダクション

 カンヌ・パルムドール受賞など輝かしい受賞歴を誇り、観る者を挑発する作風で圧倒してきたラース・フォン・トリアー。その中でも、90年代に制作されたドラマシリーズ「キングダム」はデンマーク最高視聴率50%越えを記録し、社会現象を巻き起こした伝説の作品だ。そして四半世紀の時を超えて最新作『キングダム エクソダス〈脱出〉』が全編5時間超の「映画作品」として第79回ヴェネチア国際映画祭でワールドプレミア上映を果たし、ついに日本で待望の劇場公開が決定!!

ストーリー

 コペンハーゲンの巨大病院<キングダム>で起こる、数々の不可解な事件……夢遊病者のカレンは、謎の声に導かれ、キングダムへと辿り着く。世界を破滅から救うために――。

スタッフ&キャスト

 監督:ラース・フォン・トリアー
 出演:ボディル・ヨルゲンセン、ミカエル・パーシュブラント、ラース・ミケルセン、ニコラス・ブロ、アレクサンダー・スカルスガルド、ウド・キア

 (原題:Riget Exodus、2022年、デンマーク、上映時間:319分)

上映時間

 怒涛の15時間超。
 『キングダム エクソダス〈脱出〉』319分、『キングダムⅠ デジタル修復版』283分、『キングダムⅡ デジタル修復版』298分

前売券情報

 3作品共通プレミア鑑賞券¥8,100にて好評発売中(当日1作品¥3,000の処)
 プレミア鑑賞券劇場窓口購入者限定「特製Tしャツ」(非売品・数量限定先着順・一部劇場を除く)

『キングダム【3作品共通特別鑑賞券】』前売券販売映画館、前売券特典|映画前売券のことならメイジャー|映画前売券情報
2023年07月28日(金)公開の『キングダム&#1230...

オフィシャル・サイト(外部サイト)

ラース・フォン・トリアー 2023『キングダム エクソダス<脱出>』『レトロスペクティブ』
ラース・フォン・トリアー最新作公開記念!4Kデジタル修復版、日本劇場初公開&ディレクターズ・カット完全版を含む14作品に及ぶ大回顧上映!

 Twitter:https://twitter.com/LvT_Films(外部サイト)

公開表記

 配給:シンカ/提供:シンカ、TCエンタテインメント
 7/28(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷、シネマート新宿ほかにて全国公開

(オフィシャル素材提供)

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
Translate »
タイトルとURLをコピーしました