最新ニュース

ロック映画好きは必ず観なければならない世紀の怪作『金持を喰いちぎれ』無駄に豪華な大量の出演者解禁!

© 1987 National Film Trustee Company Ltd. All rights reserved.

 1987年の初公開時、あまりの過激さに誰にも理解されず映画史上空前の空振りを記録したとんでもない英国産社会派ブラック・コメディ『金持を喰いちぎれ』がデジタルリマスターにより新たに息を吹き返し、いよいよ今週7/14(金)よりシネマート新宿、シネマート心斎橋ほかにてリバイバル公開となる。
 公開に先駆け、本作に出演している超ビッグ・ネームでありながらも言われなければ分からない役、もしくは少しの出演でも超インパクトある役等々、無駄に豪華で大量の出演者をお知らせ!

 ロンドンで最も金持ちの集まる高級レストラン<バスターズ>でウェイターとして働くアレックスは、いけ好かない客やマネージャーにいびられクビになり、身寄りも友人も家もなく社会の最下層に沈んだ。同じくロンドンでは乱暴で下品だが実行力のある上流階級の権力者、超タカ派内務大臣ノッシュが、ソ連のスパイである英国情報部司令長官が仕掛けた女性スキャンダルの罠にはまるが、送り込まれた高級コールガールは一発でノッシュの子をはらんだ。底辺部隊を組成するアレックス。<イート・ザ・リッチ>と改名されたその高級レストランでミンチ肉料理に舌鼓を打つ金持ちたち。社会の最上位と最底辺の対決のときが迫る。

★今回解禁となった無駄に豪華で大量の出演者たちは以下★

● 本作のサウンドトラックも担当、40年間不眠不休の大暴走を展開した暴走ロックンロールの帝王と云われるイギリスのバンド、モーターヘッドのベーシスト兼ヴォーカリスト、レミー(極悪レミーとも呼ばれる)は全編に渡り出演。LIVEシーンも披露。

© 1987 National Film Trustee Company Ltd. All rights reserved.

●82年ロンドンで結成されたケルティック・パンク・バンド、ザ・ポーグスのボーカルであり、近年ではジュリアン・テンプル監督/ジョニー・デップ製作で『シェイン 世界が愛する厄介者のうた』(2020)が制作されたシェイン・マガウアンは大使館を襲撃するテロリスト役で「自由と権利を! 圧制者を打倒せよ!」と叫ぶ。

© 1987 National Film Trustee Company Ltd. All rights reserved.

●自身が立ち上げたレコード・レーベル、I.R.S.レコードでR.E.M.やクランプス、デッド・ケネディーズなどをリリースした猛者であり、スティングがリード・ボーカルをつとめるイギリスのバンド、ポリスのスチュワート・コープランドの兄であり、ポリスのマネージャーだったマイルス・コープランドがレストラン〈バスターズ〉で「黒人をクビにして共産主義者を雇おう」と言う。

© 1987 National Film Trustee Company Ltd. All rights reserved.

●1974年イギリスで結成されたパンク/ニューウェイヴバンド、ストラングラーズのギター、ヒュー・コーンウェルと、60年代スウィンギング・ロンドン時代の歌姫サンディ・ショウがカップル役で出演。

© 1987 National Film Trustee Company Ltd. All rights reserved.

●監督のピーター・リチャードソンとデヴィッド・ボウイの元奥方アンジー・ボウイが夫婦役で出演。

© 1987 National Film Trustee Company Ltd. All rights reserved.
© 1987 National Film Trustee Company Ltd. All rights reserved.

●晩餐会で乱闘に巻き込まれるポール・マッカートニー。

© 1987 National Film Trustee Company Ltd. All rights reserved.

●“ザ・サン”紙の新聞記者を演じているのがTVトーク番組ホストでピアノ奏者でもあるジュールズ・ホランド。

© 1987 National Film Trustee Company Ltd. All rights reserved.

●『ハリー・ポッター』シリーズでルビウス・ハグリッドを演じたロビー・コルトレーンの腹には矢が突き刺さる。

© 1987 National Film Trustee Company Ltd. All rights reserved.

●バスターズ改めレストラン〈イート・ザ・リッチ〉で「トイレに行く」と席を立つのが当時ザ・ローリング・ストーンズのベーシストだったビル・ワイマン。

© 1987 National Film Trustee Company Ltd. All rights reserved.

●レストラン〈バスターズ〉の性格の悪い色男マークは大ヒットホラー映画『ヘル・レイザー』(88)でパズルボックスを解いてしまった男フランクを演じたショーン・チャップマン。

© 1987 National Film Trustee Company Ltd. All rights reserved.

●「保健社会保障省」窓口の派手で意地悪な女性は『クライングゲーム』(93)でIRAの女性メンバー、ジュードを演じたミランダ・リチャードソン。

© 1987 National Film Trustee Company Ltd. All rights reserved.

無能な者が権力者になるという、この世の摂理に切り込み、あらゆる差別とヒエラルキーを吹き飛ばして見事に散った、社会派超怪作!

 1980年代、パンク・ムーブメントを力ずくで押さえこみ社会保障カットとフォークランド戦争で大英帝国を再建した剛腕サッチャー政権下、生活苦に耐えきれなくなったイギリス国民がついに立ち上がった! 一部の金持ちだけが優雅な生活を謳歌し、庶民ばかりが苦しむ世の中を痛烈批判。海外のキャッチコピーは「おまえが食べているのはおまえだ!」。人種差別、性差別、階級差別、選民主義、権威主義に怒りを爆発させ、反旗をひるがえす大貧民たちが、大金持ちしか入れない超高級レストラン<BASTARDS>を乗っ取り、<EAT THE RICH>と改名して金持ちを血祭りにする! イギリスの庶民派テレビ局で人気を呼んだ社会風刺コメディ番組「ザ・コミック・ストリップ」でポスト・モンティ・パイソンとして注目を浴びた英国コメディ集団コミック・ストリップの一員であるピーター・リチャードソン監督が、パイソンズより遥かに過激に強烈な風刺を利かせて制作、ジョージ・オーウェルの小説「動物農場」やビートルズの楽曲「Piggies」のテーマにも通じる、猛烈な社会批判を展開するも、初公開時、その猛毒に誰もついて行けずに映画史上空前の空振りを記録した、勇気溢れるとんでもないブラック・コメディ『金持を喰いちぎれ』が36年ぶりに戻ってきた。
 「グルメの叙事詩」とも評され、あまたあるグルメ映画に『ハンニバル』(レクター版)と『博士の異常な愛情』をぶち込んで、じっくり煮込まず肉汁滴るスパイスかけすぎのハンバーグ・ステーキに仕上げたグルメ映画史にさん然と輝く極悪異端作でもあり、近年の英国媒体による「映画史上最大の失敗・愚行TOP50」では、歴史的超大作が軒並み名を連ねるなか、超インディペンデント低予算映画にもかかわらず第49位にランクイン(マイケル・チミノ『天国の門』が2位、デヴィッド・リンチ『砂の惑星』が3位)、今でも凄まじい存在感を発揮している前人未到の社会派超怪作である。
 製作総指揮は『ロッキー・ホラー・ショー』(75)や、ポリス、XTC、ディーヴォなど出演の音楽映画『Urgh! A Music War』(81)を手掛けたマイケル・ホワイト。主演にはジェンダーのボーダーをかるく突破、舞台、映画、テレビ、ラジオ、音楽などどんなところでも活躍するラナー・ペレー、元ヘヴィ級プロ・ボクサーであり、007シリーズのスタントのほか『荒野の用心棒』(64)にも映っているノッシャー・パウエルが上流階級の内務大臣にふんしている。また暴走ロックンロールの帝王であり人類の切り札といわれるバンド、モーターヘッドをサウンドトラックに起用、劇中に唐突なライヴ・シーンが差し込まれ、その創始者であるロックンロールの化身、極悪レミーが台詞を含めた演技を披露している。そしてポール・マッカートニー、アンジー・ボウイ、サンディ・ショー、クー・スターク、ミランダ・リチャードソン、シェイン・マガウアン(ポーグス)、ヒュー・コーンウェル(ストラングラーズ)、ビル・ワイマン(ローリング・ストーンズ)ら超豪華ミュージシャン、俳優、モデル、作家、アーティストたちが大挙カメオ出演、なぜ映っているのかは誰も分からないが、作品のテーマに賛同したと信じることも可能だ。
 作品内容と完成度、そして世の中の反応、作品が受けた仕打ち。すべてがあまりのことにたいへんなこととなった本作は、数十年の熟成を重ねて気づくと『ロックンロール・ハイスクール』『さらば青春の光』『スパイナル・タップ』『ザ・コミットメンツ』『スクール・オブ・ロック』等々のロック映画好きはもちろん、この世の金持ちと庶民は必ず観なければならない作品となっていた。製作から36年、なぜいま、これがリバイバルされるのか、まったく分からないが、食料品も軍事費も何でも値上げで生きづらさ増す日本の現状からすれば、我々は80年代英国人の気持ちに納得するだろう。そして何の躊躇もなくそれを映画という表現で世に叩きつけた本作は、あらゆる物事が<ふつう><平均>に落ち着こうとする現代において人類が忘れ去ろうとしている何かをもたらすにちがいない。この年月を経て、人類はこの猛毒の理解に近づいたのか、それとも遠ざかったのか、進化か退化を問われるまさかの正式リバイバルで、ついに金持ちを喰いちぎるときがやってきてしまったのだ。

 『金持を喰いちぎれ』は7月14日(金)よりシネマート新宿・シネマート心斎橋にてロードショー、以降全国順次公開となる。

公開表記

 配給:ビーズインターナショナル
 シネマート新宿/シネマート心斎橋にて7月14日(金)より公開 ほか全国順次公開

(オフィシャル素材提供)

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました