作品紹介

『BAD LANDS バッド・ランズ』

Ⓒ2023「BAD LANDS」製作委員会

イントロダクション

 映画『BAD LANDS バッド・ランズ』が9月29日(金)に全国公開されることが決定した。
第151回直木賞を受賞した「破門」や、「後妻業」などで人間を突き動かす欲望を描いてきた作家・黒川博行による重厚な傑作小説「勁草」(読み方:けいそう)を『検察側の罪人』や『関ケ原』など数々の話題作を手掛けてきた名匠・原田眞人監督が待望の映画化!
主演は、『ある男』で第46回日本アカデミー賞最優秀助演女優賞を受賞した安藤サクラ。原田眞人監督作品は本作で初参加! 壮大なファンタジーと日常感が話題となったテレビドラマ「ブラッシュアップライフ」で主演を務めた安藤が、本作では特殊詐欺を生業とする橋岡煉梨(ネリ)を怪演している。
 そして、安藤サクラ演じる主人公ネリの弟・矢代 穣(ジョー)役には、『燃えよ剣』以来、2度目の原田眞人監督作品の参加となる山田涼介(Hey! Say! JUMP)が抜擢。
 ネリ(安藤)ら姉弟が活動する大阪。「ふれあい荘」に住む元ヤクザで、幼いころからネリのことをよく知る存在、曼荼羅(まんだら)役に宇崎竜童。同じくNPO法人「大阪ふれあい事業推進協議会」の理事長であるが、裏の顔は特殊詐欺グループの名簿屋を名乗る高城役に生瀬勝久。一方、大阪府警で特殊詐欺の捜査をする捜査一課の刑事・佐竹役に吉原光夫。同じく大阪府警にある特殊詐欺合同特別捜査班の班長・日野役に江口のりこ。そしてネリも加担する特殊詐欺の道具屋であり、「亥誠組」とのつながりを持つ新井ママ役に天童よしみ。博識ながら「ふれあい荘」に住み特殊詐欺の受け子をして生きる通称“教授”役に大場泰正。グローバル・マクロ投資家の大物で総資産500億ドルにものぼるゴヤ・コーポレーションの会長の胡屋役に淵上泰史。裏賭場の帳付、さらに裏社会での黒い仕事を仲介する謎多き女・林田役にサリngROCKという、一癖も二癖もある超豪華キャスト陣の《怪演》が、安藤と山田の化学反応をより強烈なものとする!

©2023「BAD LANDS」製作委員会
©2023「BAD LANDS」製作委員会

ストーリー

 <持たざる者>が<持つ者>から生きる糧を掠め取り生き延びてきたこの地で、特殊詐欺に加担するネリと弟・ジョー。
 二人はある夜、思いがけず“億を超える大金”を手にしてしまう。
 金を引き出す……ただそれだけだったはずの2人に迫るさまざまな巨悪。
 果たして、ネリとジョーはこの<危険な地>から逃れられるのか。

 (2023年、日本、上映時間:143分)

キャスト&スタッフ

 出演:安藤サクラ、山田涼介
    生瀬勝久、吉原光夫、大場泰正、淵上泰史、縄田カノン、前田航基
    鴨鈴女、山村憲之介、田原靖子、山田蟲男、伊藤公一、福重 友、齋賀正和、杉林健生、永島知洋
    サリngROCK、天童よしみ / 江口のりこ / 宇崎竜童

 監督・脚本・プロデュース:原田眞人
 原作:黒川博行「勁草」(徳間文庫刊)
 音楽:土屋玲子
 撮影:北 信康
 製作:村松秀信、ウィリアム・アイアトン、勝股英夫、藤島ジュリーK.

ギャラリー

予告編

オフィシャル・サイト(外部サイト)

映画『BAD LANDS バッド・ランズ』公式サイト|9月29日(金) 公開
安藤サクラ×山田涼介×原田眞人監督による予測不能のクライムサスペンスエンタテインメント!姉弟が向かう先は、 天国 か 地獄 か。映画『BAD LANDS バッド・ランズ』9月29日(金) 公開!

 公式Twitter:@bad_lands_movie

公開表記

 配給:東映/ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
 9月29日(金) 全国ロードショー

(オフィシャル素材提供)

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました