最新ニュース映画祭・特別上映

塚本晋也監督『ほかげ』第80回ヴェネチア国際映画祭オリゾンティ部門正式出品決定!

ⓒ2023 SHINYA TSUKAMOTO/KAIJYU THEATER

 11月25日(土)よりユーロスペースほか全国にて公開する塚本晋也監督の最新作『ほかげ』が、第80回ヴェネチア国際映画祭オリゾンティ・コンペティション部門への正式出品が決定した。塚本晋也監督は、これまでにも『野火』(14)、『斬、』(18)と二作連続でコンペティション部門への出品を果たす快挙を成し遂げており、ヴェネチア国際映画祭との縁は深い。また、『六月の蛇』(02)ではコントロコレンテ部門(現・オリゾンティ部門)で審査員特別大賞、『KOTOKO』(11)はオリゾンティ部門で最高賞のオリゾンティ賞を受賞している。
 併せて、戦争孤児を塚尾桜雅、復員した若い兵士役に河紀が演じるほか、利重 剛、大森立嗣の出演も新たに解禁された。

 『鉄男』(89)でのセンセーショナルな劇場デビュー以後、世界中に熱狂的ファンを持ち、多くのクリエイターに影響を与えてきた塚本晋也。戦場の極限状況で変貌する人間を描いた『野火』(14)、太平の世が揺らぎ始めた幕末を舞台に生と暴力の本質に迫った『斬、』(18)、本作ではその流れを汲み、戦争を民衆の目線で描き、戦争に近づく現代の世相に問う。主演は、2023年後期のNHK連続テレビ小説『ブギウギ』のヒロインに抜擢され、今最も活躍が期待されている俳優、趣里。孤独と喪失を纏いながらも、期せずして出会った戦争孤児との関係にほのかな光を見出す様を繊細かつ大胆に演じ、戦争に翻弄されたひとりの女を見事に表現した。片腕が動かない謎の男を演じるのは、映像、舞台、ダンスとジャンルにとらわれない表現者である森山未來。飄々としながらも奥底に蠢く怒りや悲しみを、唯一無二の存在感で示している。

 今回追加キャストとして解禁されたのは、主演の趣里が演じる、戦争で家族をなくし、焼け残った居酒屋で体を売って生きている女と交流を深めていく戦争孤児を『ラーゲリより愛を込めて』や大河ドラマ「青天を衝け」に出演している子役・塚尾桜雅。一度見たら忘れられないその瞳で物語をより深く豊かに彩り、未来への希望を体現した。復員した若い兵士役に、PFFグランプリ受賞作品『J005311』の監督でもある河野宏紀。そして、映画監督、俳優としても活躍する利重 剛、大森立嗣が脇を固める。

 併せて解禁された場面写真では、居酒屋の女、片腕の動かない謎の男、戦争孤児の坊やの眼差しや物語の舞台となる闇市の様子等が捉えられている。

 第80回ヴェネチア国際映画祭は、審査員長に『ラ・ラ・ランド』や『バビロン』のデイミアン・チャゼル監督、昨年度の同映画祭で銀獅子賞と新人監督賞を受賞した『サントメール ある被告』のアリス・ディオップ監督、マーティン・スコセッシが製作総指揮を務めた『チャンブラにて』のジョナス・カルピニャーノ監督を迎え、現地時間8月30日(水)~9月9日(土)に開催される。本作は、新鮮で革新的な作品で構成されるオリゾンティ・コンペティション部門に正式出品されることが決定。塚本監督作品がヴェネチア国際映画祭に選出されるのは、『斬、』以来5年ぶり。尚、塚本監督と森山、塚尾は公式上映に参加予定。出品に際し、塚本監督は「こうしてまた、最古の映画祭に呼んでいただけること、たいへん光栄に思 います。終戦後の片隅に生きる人々の祈りが、ヴェネチアの皆さんにも届くことを願っています」と、趣里も「『ほかげ』が ヴェネチアに招待されたというニュース、本当に嬉しく思います」と、そして、森山、塚尾、河野からも喜びのコメントが寄せられた。

コメント全文

塚本晋也監督
 こうしてまた、最古の映画祭に呼んでいただけること、たいへん光栄に思います。
 オリゾンティ部門は、これまで作った何本もの作品が上映された、馴染みのあるセクション。
 肩の力を抜いて、楽しく参加させていただきたいと思います。
 そして、終戦後の片隅に生きる人々の祈りが、ヴェネチアの皆さんにも届くことを願っています。

趣里/居酒屋の女役
 『ほかげ』がヴェネチアに招待されたというニュース、本当に嬉しく思います。
 戦後の日本を舞台にしたこの作品がヴェネチアの皆様の目にどう映るのでしょうか。今からとても楽しみです。

ⓒ2023 SHINYA TSUKAMOTO/KAIJYU THEATER

森山未來/片腕の動かない謎の男役
 『ほかげ』が評価され、個人的には初めてのヴェネチア映画祭への参加がこの作品であることを心から嬉しく思います。
 ヴェネチアの日差しと、島なみの揺らぎを楽しみにしています。

塚尾桜雅/戦争孤児役
 今回、塚本監督の映画に参加できて本当に嬉しかったです。趣里さんや未來さん、またすごい俳優さんたちとご一緒できてたくさん勉強させていただきました。
 ヴェネチア国際映画祭に参加させていただくことも嬉しく思います。緊張もしますが楽しみにしています。

河野宏紀/復員した若い兵士役
 この映画の本当の意味での悲しみと痛みと塚本監督の優しさが、世界に届きますように。
 本当におめでとうございます。

キャスト&スタッフ

 監督・脚本・撮影・編集:塚本晋也
 出演:趣里、塚尾桜雅、河野宏紀、利重 剛、大森立嗣、森山未來
 助監督:林 啓史
 音楽:石川忠
 音響演出:北田雅也

 製作:海獣シアター

 (2023年、日本、上映時間:95分)

オフィシャル・サイト(外部サイト)

映画「ほかげ」公式サイト
映画「ほかげ」公式サイト。塚本晋也監督作品 趣里 森山未来 出演。2023年11月25日(土)ユーロスペースほか全国順次公開!

 公式Twitter:@hokage_movie #ほかげ

公開表記

 配給:新日本映画社
 11月25日(土)よりユーロスペースほか全国順次公開

(オフィシャル素材提供)

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました