イベント・舞台挨拶映画祭・特別上映

塚本晋也監督『ほかげ』第36回東京国際映画祭ガラ・セレクションにてアジアン・プレミア上映

ⓒ2023 SHINYA TSUKAMOTO/KAIJYU THEATER

 10月25日(水)に、第36回東京国際映画祭 ガラ・セレクションで『ほかげ』の公式上映、舞台挨拶が行なわれ、アジアン・プレミアを迎えた。上映後の舞台挨拶には、塚本晋也監督と物語の狂言回しとなる戦争孤児を演じた塚尾桜雄、趣里演じる居酒屋の女のもとにやって来る復員兵役の河野宏紀が登壇。観客から惜しみない拍手が送られた。

 塚本監督は「今日が日本で初めての上映です。お越しくださってありがとうございます。世界がきな臭くなっている今、どうしても描かねばと思って作りました」と挨拶し、観客に感謝の気持ちを述べた。

ⓒ2023 SHINYA TSUKAMOTO/KAIJYU THEATER

 続いて、挨拶を求められた塚尾は満員の客席に圧倒された様子で黙ってしまう一幕も。場内からは「がんばれー!」と声援が送られ、塚本監督も「緊張してる?」と声を掛け、助け舟を出すと、塚尾は「嬉しいです」と笑顔を見せた。また、今作では初の舞台挨拶登壇となった河野は、「日本を代表する映画祭に参加できてとても光栄です」と緊張した面持ちで挨拶を行った。

ⓒ2023 SHINYA TSUKAMOTO/KAIJYU THEATER

 撮影時の思い出を尋ねられた塚尾は、「監督や趣里さん、森山さんや河野さんとたくさんお話ししながら撮影しました。夏だったのですごく暑かったんだけど、みんなでアイスを食べながら撮影したのがすごく楽しかったです」と一生懸命に話し、その様子に会場全体が温かな空気に包まれた。塚本監督は、「塚尾くんが撮影現場をいつも明るくしてくれたのが救いでしたね。ほっとしながら撮影できました」と振り返った。

 自身で監督も務める河野は、「塚本監督はわんぱくな作品を撮られている方なのでとても緊張していたのですが、実際はすごく優しくて温かくて、撮影中も集中しやすい環境を作ってくれたり、すごく気遣ってくれました」と塚本監督に感謝を述べ、「僕も映画監督として、今後もチャレンジしていきたいので、現場でいろいろ吸収しようと思っていたんですが、そんな余裕はなかったです。でも、塚本監督を見ていると、とても細部にこだわっていらっしゃって。照明ひとつにしてもすごく時間を掛けていて、そのこだわりが素晴らしい映画を作り続けられる理由の一つなんだろうなと思いました」と塚本監督の現場での様子に感銘を受けたと語った。

ⓒ2023 SHINYA TSUKAMOTO/KAIJYU THEATER

 河野を抜擢した理由を尋ねられた塚本監督が、「復員兵の役には500人以上の応募が来たんです。時節柄かなり絞り込んでオーディションしたのですが、河野くんは芝居が自然で、ウソを感じない。役に挑む姿勢のまっすぐな感じ、そして佇まいですね、大事なところですが、それが抜群に素晴らしかったんです」と称賛すると、河野は嬉しそうに微笑んだ。

 最後に塚本監督は、「今日という最初の上映に来ていただいたことが、今、嚙み締めるように嬉しく思います。祈りの映画ですので、なんとか少しでも多くの方に届けたいです」と観客へ思いを託した。

ⓒ2023 SHINYA TSUKAMOTO/KAIJYU THEATER

 登壇者: 塚尾桜雅、河野宏紀、塚本晋也監督

第36回東京国際映画祭レッドカーペットオフィシャル画像

©2023 TIFF
©2023 TIFF
©2023 TIFF
©2023 TIFF
©2023 TIFF

公開表記

 配給:新日本映画社
 11月25日(土)よりユーロスペースほか全国順次公開

(オフィシャル素材提供)

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました