最新ニュース映画祭・特別上映

『哀れなるものたち』第80回ヴェネチア国際映画祭コンペティション部門に出品!

©2023 20th Century Studios. All Rights Reserved.

 アカデミー賞®10ノミネート、全世界で大ヒットを記録した『女王陛下のお気に入り』のヨルゴス・ランティモス監督、エマ・ストーンが再集結して描く、未知の驚きと未体験の感動に満ちた、待望の最新作『哀れなるものたち』。

 原作は日本でも2008年に翻訳された、スコットランドの作家アラスター・グレイ著の傑作ゴシック奇譚「哀れなるものたち」(早川書房刊)。その類稀な世界が映画界随一の鬼才ヨルゴス・ランティモス監督の手によって映像化される。物語は、風変わりな天才外科医ゴドウィン・バクスターの手によって不幸な死から蘇った若き女性ベラが、世界を知るために大陸横断の冒険の旅へ出る。時代の偏見から解き放たれたベラは、平等と自由を知り、驚くべき成長を遂げていく――。主人公ベラを演じるのは、『ラ・ラ・ランド』でアカデミー賞®主演女優賞を受賞し、ランティモス監督作品『女王陛下のお気に入り』でアカデミー賞®助演女優賞にノミネートされたエマ・ストーン。今回はプロデューサーとしても加わったエマ・ストーンが再びヒロインを演じ、前作を遥かに超える壮大なコラボレーションに期待が高まる。また、天才外科医のゴドウィン・バクスターを名優ウィレム・デフォー、ベラと共に大陸横断の冒険の旅に出るダンカンを『アベンジャーズ』シリーズのハルク役で知られるマーク・ラファロが演じ、一癖も二癖もある芸達者たちが脇を固めている。

 アカデミー賞®最多9部門10ノミネートを果たし、主演女優賞(オリヴィア・コールマン)を受賞した、ヨルゴス・ランティモス監督の前作『女王陛下のお気に入り』は、第75回ヴェネチア映画祭でワールドプレミア上映し、審査員大賞とヴォルピ杯女優賞の2冠に輝いた。

 そしてこの度、ヨルゴス・ランティモス監督の最新作『哀れなるものたち』の第80回ヴェネチア国際映画祭コンペティション部門へ出品、ワールドプレミア上映を行うことが決定した。

 現地時間7月25日(火)に行われた第80回ヴェネチア国際映画祭の記者会見にて、本作のコンペティション部門への出品、そしてワールドプレミア上映が行われることが発表された。今回の記念すべき第80回ヴェネチア映画祭の審査委員長は、『ラ・ラ・ランド』のデイミアン・チャゼル。さらに審査員としてマーティン・マクドナー、ジェーン・カンピオンなど多彩な顔触れが加わる。ランティモスをはじめ、マイケル・マン、デヴィッド・フィンチャー、ソフィア・コッポラ、エイヴァ・デュヴァ―ネイ、ブラッドリー・クーパー、濱口竜介といった過去例のない大物たちが揃ったコンぺ作品に審査員がどのような判断を下すか、大いに注目される。
 第80回ヴェネチア国際映画祭は8月30日(水)~9月9日(土)開催予定。未だかつて人類が体験したことのない未知なる感動へと誘う、映画『哀れなるものたち』に、ぜひ引き続き注目いただきたい。

公開表記

 配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
 近日 全国ロードショー

(オフィシャル素材提供)

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました