イベント・舞台挨拶TVドラマ・ネット映画

『バチェラー・ジャパン』シーズン5 配信直前スペシャルトークイベント

©2023 Warner Bros. International Television Production Limited

 Prime Videoは、大人気恋愛リアリティ番組の最新作となる『バチェラー・ジャパン』シーズン5(※)を、8月3日(木)22時より、プライム会員向けに独占配信する。

 ※『バチェラー・ジャパン』シーズン5はAmazonプライム特典対象作品の最新作。プライム会員の皆様は、お急ぎ便やお届け日時指定便などの迅速で便利な配送特典を追加料金なしで無制限に利用できる他、その他さまざまなショッピング特典やエンターテインメントをお楽しみいただけます。

 『バチェラー・ジャパン』とは、成功を収めた1人の独身男性=バチェラーの運命のパートナーの座を巡り、性格もバックグラウンドも異なる女性たちが競い合う恋愛リアリティ番組。さまざまなシチュエーションで展開されるバチェラーとの非日常的で豪華なデートやカクテル・パーティなど、種々のイベントを通じて繰り広げられる恋愛の駆け引きや、そこに現れるむき出しの人間ドラマが描かれる。

 この度、7月25日(火)に本作の配信直前スペシャルトークイベントが実施され、今田耕司氏、藤森慎吾氏(オリエンタルラジオ)、指原莉乃氏らスタジオMC陣ほか、今回新たにゲストMCを務める片寄涼太氏(GENERATIONS)、そして、5代目バチェラーの長谷川惠一(※)氏らが登壇した。

前作、シーズン4の配信から約2年。いよいよ『バチェラー・ジャパン』シーズン5の配信開始が来週に迫る中、イベントには、本シリーズに欠かせないスタジオMC陣の今田耕司氏、藤森慎吾氏、指原莉乃氏、さらに今回ゲストMCに大抜擢された片寄涼太氏が集結した。

 早速、最新作となるシーズン5の見どころを聞かれた4名。MC陣の中で唯一シーズン1から参加している今田が「今回も見どころ満載! ほんと裏切らないですよ、バチェラーは」と口火を切ると、続く藤森、指原も「今回は思わず涙してしまう名シーンがありますからね! 映画みたいだった」(藤森)、「女性同士のかけひきや友情が今回すごいですよね!」(指原)とそれぞれ注目ポイントを解説。

 一方、過去シーズンを全て視聴し『バチェラー・ジャパン』シリーズの大ファンを公言する片寄は、今回ゲストMCとして参加することが念願だったようで、「イチ視聴者だった自分がまさか参加できるなんて……」と当時の喜びを感慨深げに振り返りつつ、「めちゃめちゃびっくりしました。僕でいいのかな……」と不安も吐露。そんな片寄に対し、「唯一の既婚者が参加してくれてね……(笑)、重い荷物を背負わしてしまってごめんね」(今田)、「今田さん、藤森さんは直感型だったから……(笑)、考察型の片寄さんが加わってくれてホント良かった」(指原)と今田や指原がフォローするも、「スタジオでは“片寄探偵”としていろいろと予想してくれていたけど、そこそこ当たらないっていうね」と最後には弄られると、場内から笑いが起こった。

 興奮冷めやらぬ中、続いて、今なお人気を博す『バチェラー・ジャパン』シリーズの魅力を聞かれた一同。最新作シーズン5では、応募総数1,700名の中から100倍以上の倍率を勝ち抜いた16名の女性が参加しているが、年々増す反響の高さに今田も「なんでしょうね~。海外版とも違って、『バチェラー・ジャパン』ならではの面白さもあって。いろいろな駆け引き、友情と恋愛だけじゃない面白さがある」と改めて番組の魅力についてコメント。そんな今田の分析に大きく頷く3人だったが、熱くなった今田が思わずネタバレしそうになると、「その先はダメ! 言わないで!」と嗜める場面も。

 さらに、自他共に認める“バチェラーオタク”な片寄は、歴代の中で最も印象に残っているシーズンについて、「やっぱり、友永真也さんのシーズン3です!」と即答すると、指原も「分かります! 私なんて、今でも友永さんと岩間さんのカップル・チャンネル追いかけていますから(笑)」と同調。また、「結婚はしましたけど、まだまだ学ぶことが多い。『バチェラー』からもっと勉強したいです」と続ける片寄に対し、「女性はこういうときに傷ついていたんだとか、勉強になるよね。データバンクがもうパンパン(笑)」(今田)、「私も毎シーズンで恋愛の勉強はしているんですが、見ての通り状況は変わってません! しつこく独身をやらせてもらっているので、もうしばらく時間をください!」(指原)と笑いを誘った。

 イベント後半には、シーズン5の舞台となったメキシコの伝統的な演奏、メキシカン・マリアッチによる演奏と、情熱的なメキシカン・ハット・ダンスが披露され、空気に包まれながら満を持して5代目バチェラーの長谷川惠一氏が登壇! 照れ笑いを浮かべながらも颯爽と長谷川氏が姿を現すと、今田らも熱狂した様子で歓声を送った。

 『バチェロレッテ・ジャパン』シーズン2に参加し、最後の二人に選ばれながらも、あと一歩のところで“真実の愛”に手が届かなった長谷川氏。イベント初登壇とあって、緊張した面持ちを見せつつ、「事業をはじめたばかりの時期だったので参加を悩みましたが、前回の旅以降、恋愛から遠ざかっていたので、今回も参加しようと決意しました」と、5代目バチェラーに抜擢された当時の想いを告白した。

 そんな、今までのバチェラー像とは異なる“恋愛不器用”な一面を持つ長谷川氏の印象について聞かれた指原は「『バチェロレッテ・ジャパン』シーズン2を見ていて、長谷川さんを好きだったからこそ、最初は「えっ!?」と意外でした」と、発表当時の正直な胸中を振り返るも、「バチェラー・ファンの私から皆さんに伝えておきます! 安心してください、めっちゃ面白いから!」と本シーズンを大絶賛。今田や片寄も、「表情もみるみる変わっていくし、本当に彼の成長をみてほしい」(今田)、「大変な決断の連続だったと思う。遊びじゃなくて本当に本気なんだというのがすごく伝わってきた」(片寄)と新バチェラーが旅で見せる“成長ぶり”に口をそろえて太鼓判を押した。

 最後に、長谷川氏は「自分自身、最初はバチェラーっぽくない優柔不断な一面もありましたが、旅のなかで“もっと成長しなきゃ”と覚悟を決めて、成長できました。本当に魅力的な女性参加者たちのおかげです。不器用な男の成長物語を見届けてほしいです!」と旅の見どころをアピール。MC陣らも「最後の最後の最後まで楽しめます! ハンカチなしでは見られない、美しいシーンもあって最高に面白い!」(今田)、「参加女性も本当に魅力的な方ばかり。女性同士の友情にも注目してください!」(藤森)、「長谷川さんの良いところは優しいところと優柔不断なところ(笑)、私も皆さんと議論したいし、中盤での名シーンは大注目です!」(指原)、「早く皆さんに観ていただきたいし、僕も早く皆さんと語り合いたいです!」(片寄)と、改めて本シーズンの見どころを語りつつ、長谷川氏に熱いエールを送った。

 果たして、前代未聞となる“恋愛不器用なバチェラー”長谷川氏は今回の旅で真実の愛を見つけられるのか。『バチェラー・ジャパン』シーズン5は、8月3日(木)22時より、プライム会員向けに独占配信!

 登壇者:今田耕司、藤森慎吾(オリエンタルラジオ)、指原莉乃、片寄涼太(GENERATIONS)
     長谷川惠一(5代目バチェラー)

5代目バチェラー プロフィール:長谷川 惠一(はせがわ けいいち)

 1985年5月11日生まれ。新潟県出身。大学卒業後、大手企業での勤務を経て、パーソナル・トレーナー兼3人制プロ・バスケットボール選手に転身。現在はパーソナル・トレーナーの経験を活かし、ウェルネス・クリエイターとして、パーソナル・ジムやフィットネス・イベント、スポーツ選手のセカンド・キャリアのコンサルタントなど多岐に及ぶ健康・フィットネス関連の会社の代表を務める。

『バチェラー・ジャパン』シーズン5概要

 配信開始日:2023年8月3日(木) 22時より独占配信開始
 作品ページ:https://www.amazon.co.jp/dp/B0BZZC8CKV(外部サイト)
 話数:本編10話
    8月3日(木) 22時 第1話~第3話
    8月10日(木) 22時 第4話~第6話
    8月17日(木) 22時 第7話~第8話
    8月24日(木) 22時 第9話~第10話
     ※配信内容・スケジュールは予告なく変更になる場合がございます。

 公式Twitter:@BachelorJapan(http://twitter.com/bachelorjapan、外部サイト)
 公式Facebook:BachelorJapan(http://www.facebook.com/BachelorJapan、外部サイト)
 公式Instagram:@bachelorjapan(http://www.instagram.com/bachelorjapan、外部サイト)
 Prime Video 公式TikTok: https://www.tiktok.com/@primevideojapan(外部サイト)
 Prime Video公式YouTube: https://www.youtube.com/@PrimeVideoJP(外部サイト)
 ハッシュタグ: #バチェラー #バチェラー5
  ※ 作品の視聴には会員登録が必要です。無料体験期間終了後、有料期間に自動移行(Amazonプライムについて詳しくはhttps://www.amazon.co.jp/amazonprimeへ)。

Prime Videoについて
 Prime Videoは、映画からドラマ、バラエティ、アニメなどのテレビ番組まで、豊富な作品をお客様にご提供しています。お客様が、観たい作品を観たい方法でご覧いただけるよう多様な選択肢をご提供しています。

 ● プライム会員特典: Prime Videoでは、日本Amazon Original作品『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』や『風雲!たけし城』、ドラマ『モダンラブ・東京~さまざまな愛の形~』、『エンジェルフライト 国際霊柩送還士』、映画『HOMESTAY(ホームステイ)』、Amazon製作の『バチェラー・ジャパン』シリーズや『ラブ トランジット』、Amazonスタジオ製作による『ロード・オブ・ザ・リング: 力の指輪』、『ザ・ボーイズ』、『トム・クランシー/CIA分析官 ジャック・ライアン』、エミー賞受賞作品である『マーベラス・ミセス・メイゼル』を配信。スポーツではPrime Video独占ライブ配信の『Prime Video Presents Live Boxing』、その他にも人気作品『シン・エヴァンゲリオン劇場版』、『ONE PIECE FILM RED』、『シン・仮面ライダー』、『レジェンド&バタフライ』、『劇場版 呪術廻戦 0』、TVアニメ 『呪術廻戦』第2期「懐玉・玉折」、『鬼滅の刃』や『ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM “Record of Memories”』、ドキュメンタリー映画『憧れを超えた侍たち 世界一への記録』を含む対象の人気映画やテレビ番組をご覧いただけます。
 ● Prime Videoチャンネルでより多くのコンテンツを:プライム会員はdアニメストア for Prime Video、NHKオンデマンド、韓国ドラマ・エンタメChannel K、J SPORTSなど60以上のチャンネルを別途のアプリやチューナーを使わず視聴できます。1チャンネルから登録でき、いつでもキャンセルすることが出来ます。視聴できるチャンネルのリストはhttp://www.amazon.co.jp/channels(外部サイト)をご参照ください。
 ● レンタルおよび購入:Amazonをご利用されるお客様は、新作の映画やテレビ番組をオンデマンドでレンタルまたは購入いただけます。
 ● どこでも視聴:ご自宅でも外出先でも、観たい作品を観たい方法でご覧いただけるよう多様な選択肢をご提供しています。ウェブサイトでストリーミングできるほか、Prime Videoのアプリをご利用いただければ、対応するスマートフォン、タブレット、ケーブルテレビ用端末、ゲーム機器、スマートTVなどで視聴いただけます。ご利用いただけるデバイスのリストは、http://www.amazon.co.jp/gp/video/getstarted/(外部サイト)をご参照ください。
 ● プレミアムな特長:4KウルトラHDやHDRに対応したコンテンツをお楽しみいただけます。インターネット・ムービー・データベース(IMDb)と連携し、登場人物や地名など、作品に含まれる主要キーワードを、付帯情報とともに紹介するX-Ray機能を使えば、気になる映画やテレビ番組の舞台裏までご覧いただけます。モバイルデバイスにダウンロードすればオフラインでも視聴いただけます。
  (※ コンテンツによってはダウンロードできない場合があります。)

Amazonプライムで暮らしをもっと快適に。
 「Amazonプライム」はお買い物やエンターテインメントなどの多様な特典を提供する会員制プログラムです。世界で2億人を超えるAmazonプライム会員の皆様に、さまざまな特典やサービスをお楽しみいただいています。4,900円(税込)の年会費または、500円(税込)の月会費(2023年7月現在の価格)でご登録いただけます。数千万点の対象アイテムに対して、お急ぎ便やお届け日時指定便などの迅速で便利な配送特典を追加料金なしで無制限に利用できる他、Prime Videoの会員特典対象コンテンツの視聴や、1億曲以上がシャッフル再生で聴き放題のAmazon Music Prime、Prime Reading、Prime Gaming、Prime Try Before You Buy、世界各国で開催されているプライムデーといったプライム会員限定セールなど増え続ける多様な特典をご利用いただけます。プライムの詳細と30日間の無料体験はhttps://www.amazon.co.jp/amazonprime(外部サイト)から。

Amazonについて
 Amazonは4つの理念を指針としています。お客様を起点にすること、創造への情熱、優れた運営へのこだわり、そして長期的な発想です。Amazonは、地球上で最もお客様を大切にする企業、そして地球上で最高の雇用主となり、地球上で最も安全な職場を提供することを目指しています。カスタマーレビュー、1-Click注文、パーソナライズされたおすすめ商品機能、Amazonプライム、フルフィルメント by Amazon(FBA)、アマゾン ウェブ サービス(AWS)、Kindle ダイレクト・パブリッシング、Kindle、Career Choice、Fire タブレット、Fire TV、Amazon Echo、Alexa、Just Walk Out technology、Amazon Studios、気候変動対策に関する誓約(The Climate Pledge)などは、Amazonが先駆けて提供している商品やサービス、取り組みです。
 Amazonについて詳しくはAmazon Newsroom (http://amazon-press.jp、外部サイト)およびAbout Amazon(http://www.aboutamazon.jp、外部サイト)から。

(オフィシャル素材提供)

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました