作品紹介

『首』

イントロダクション

構想30年、日本が世界に誇る映画監督北野武、待望の最新作!

 『その男、凶暴につき』(89)、『HANA-BI』(98)から『BROTHER』(01)、『座頭市』(03)、『アウトレイジ』3部作(10~17)まで衝撃的な問題作を次々に発表し、世界中の映画ファンを魅了し続けてきた北野 武監督の最新作にして集大成となる作品、それが本作『首』。
 北野監督が初期の代表作の1本『ソナチネ』(93)と同時期に構想し、30年もの長きに渡って温めていた本作は、巨匠・黒澤 明が生前「北野くんがこれを撮れば、『七人の侍』と並ぶ傑作が生まれるはず」と期待していた念願の企画の映画化だ。
 “本能寺の変”が、戦国武将や忍、芸人や百姓といった多彩な人物の野望と裏切り、運命とともに描かれ、キレ味抜群のバイオレンスと笑いをはじめとした北野ワールドのエッセンスが全開する。

 そんな野心作に豪華&異色のキャストが集結! 北野武自らが“本能寺の変”を策略する羽柴秀吉を飄々と演じ、織田信長に複雑な感情を抱く明智光秀を西島秀俊が演じる。
 加瀬 亮が狂乱の天下人・信長を怪演し、 浅野忠信と大森南朋も秀吉を支える軍師・黒田官兵衛と弟の羽柴秀長をユーモアたっぷりに演じ切る。
 さらには秀吉に憧れる百姓・難波茂助を演じる中村獅童が北野組に初参戦。
 他にも木村祐一、遠藤憲一、桐谷健太、小林 薫、岸辺一徳らが歴史上の重要人物に独自のキャラでなりきっている。

 信長の跡目をめぐるさまざまな欲望と策略が入り乱れ、血肉が飛び散る“山崎の戦い”から燃え上がる本能寺へと突き進むクライマックスのスペクタクルも本作の見どころだ。
 そのスケールと迫力は北野武作品史上随一!
 果たして、そのとき秀吉、光秀、信長らがとった行動は?
 “世界のキタノ”だから撮ることのできた、戦国エンターテインメントの全貌がついに明らかになる!!

©2023KADOKAWA ⓒT.N GON Co.,Ltd
©2023KADOKAWA ⓒT.N GON Co.,Ltd

ストーリー

 天下統一を掲げる織田信長(加瀬 亮)は、毛利軍、武田軍、上杉軍、京都の寺社勢力と激しい戦いを繰り広げていたが、その最中、信長の家臣・荒木村重(遠藤憲一)が反乱を起こし、姿を消す。信長は明智光秀(西島秀俊)、羽柴秀吉(ビートたけし)ら家臣を一堂に集め、自身の跡目相続を餌に村重の捜索を命じる。

 「働き次第で俺の跡目を指名する。いいか、荒木一族全員の首を斬ってしまえ!ただし、村重だけは殺すな。俺の前に必ず連れてこい!」

 秀吉は弟の羽柴秀長(大森南朋)、軍司・黒田官兵衛(浅野忠信)とともに策を練り、千利休(岸辺一徳)の配下で元忍(しのび)の芸人・曽呂利新左衛門(木村祐一)に村重の探索を指示する。秀吉は逃亡した村重を利用し、主君の信長と光秀を陥れ、密かに天下を獲ろうと企んでいたのだ。新左衛門によって捕らえられた村重は光秀に引き渡されるが、光秀は村重を殺すことができず、城に匿う。同じころ、成り上がり者の秀吉に憧れる百姓の難波茂助(中村獅童)は村を飛び出し、戦場へ。そこで出会った新左衛門は、出世して大名を目指そうとする茂助に天下一の芸人になることが夢の自分を重ね、ふたりは行動をともにすることになる。村重の行方が分からず苛立つ信長は、村重の反乱の黒幕が徳川家康(小林 薫)だと考え、光秀に家康の暗殺を命じる。だが、秀吉は家康の暗殺を阻止することで信長と光秀を対立させようと目論み、その命を受けた新左衛門と茂助がからくも家康の暗殺を阻止することに成功する。家康を排除したい信長は、京都・本能寺に茶会と称して家康をおびきよせる計画を光秀に漏らす。信長を討つ千載一遇の好機を得た光秀は、村重に問う。

 「これは……天命だと思うか?」

 信長への愛憎入り乱れた感情を抱きながら、ついに信長の“首”を獲る決意を固めた光秀。
 一方、秀吉は家康を巻き込みながら天下取りのために奔走する。
 武将たちの野望、芸人と百姓の野望、それぞれの野望が“本能寺”に向かって動き出す。
 果たして、この“首”の価値は如何に?

 (2023年、日本、上映時間:131分、R15+)

キャスト&スタッフ

 原作:北野 武「首」(KADOKAWA刊)
 監督・脚本:北野 武
 出演:ビートたけし
    西島秀俊、加瀬 亮、中村獅童
    木村祐一、遠藤憲一、勝村政信、寺島 進、桐谷健太
    浅野忠信、大森南朋
    六平直政、大竹まこと、津田寛治、荒川良々、寛 一 郎、副島 淳
    小林 薫、岸部一徳

ギャラリー

予告編

著:北野 武(KADOKAWA刊)

発売:2019年12月20日より発売中

ⓒTakeshi Kitano 2019

公開表記

 配給:東宝 KADOKAWA
 11月23日(木・祝)全国公開

(オフィシャル素材提供)

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました