作品紹介

『フライガール』

イントロダクション

 福嶋賢治監督初劇場公開作『フライガール』が今秋シモキタ-エキマエ-シネマ『K2』にて9月22日から劇場公開が決定した。その後、順次全国公開予定。
 本作はこれまでさまざまな商業映画の助監督を経験してきた福嶋賢治、初の劇場公開作品。福嶋は村瀬大智監督『霧の淵』(2024年公開予定)、ポン・フェイ監督『再会の奈良』(2022)、石川慶監督『Arc』(2021)、足立紳監督『喜劇 愛妻物語』(2019)、大森立嗣監督『Mother』(2019)、𠮷⽥恵輔監督『愛しのアイリーン』(2017)等の作品で経験を積んできた。
 本作は監督の実体験をベースに、⼈との「違い」に悩まされる主⼈公が日常生活の中で起こる小さな諍いと向き合っていく。誰もが人生で経験する、人との「違い」による悩み。現代では「多様性」や「自己肯定感」など“ありのままの姿でいること”が尊重され、それが話題になるほど人との「違い」を意識する時代だ。映画『フライガール』はその悩みの一助となる映画体験となるかもしれない。作品に込めたメッセージを卓越した映像表現で紡いだ手腕にも注目だ。そして国際的に歴史あるサンフランシスコ・インディペンデント映画祭に入選。今後の活躍に期待がかかる注目監督の初長編劇場公開作。

ストーリー

 中学⽣の時に⽇本にやってきた橘瑠⾐。知り合いにふと⾔われた「瑠⾐って⽇本⼈と違うの?」という⾔葉がずっと瑠⾐の⼼にわだかまりを感じさせていた。⼤学⽣になり、友⼈のいづみに勧められ、揚げ物スタンプラリーに参加する瑠⾐。いづみは瑠⾐の⼼の引っかかりを取り除こうと、⼩説家志望でフードライターの広瀬浩司を帯同させる。⼈とのコミュニケーションをなるべく避けてきた瑠⾐は⼾惑いながらも食べ歩きの旅が始まるのだった。その道中で2人はさまざまな「違い」を抱えた⼈たちと出会っていくのだが……。

 (2023年、日本、上映時間:85分)

キャスト&スタッフ

 出演:ミネオショウ、松浦祐也、絢寧、ストーン・マイケル・アーロン/ 山中 聡
    愛甲ひかり、あさちる、アマンダB、いわたまあり、Ildi Z、金澤ちゆき、小玉百夏、志冴、平 隆人、竹崎綾華、田中シェン、辻やすこ、花柳のぞみ、平下昌也、森 累珠、MIO、YAE

 出演:岡⽥苑⼦、⼩澤うい、伊達 諒、森 海⽃ ほか

 監督・脚本・編集:福嶋賢治
 共同脚本:上⽥真之
 撮影監督:⽥辺清⼈
 録⾳:上條慎太郎
 サウンドデザイン:阿尾茂毅
 ⾳楽:佐藤リオ
 VFX:トリじい
 スチール:Jey
 メイク:渡辺⾥美
 宣伝美術:東かほり
 協⼒(劇中映画提供):共和教育映画社
 製作:cavasunfilm

ギャラリー

予告編

オフィシャル・サイト(外部サイト)

http://flyfrygirl.com/

公開表記

 配給・宣伝:夢何生
 9月22日(金)よりシモキタ-エキマエ-シネマ『K2』にて公開

(オフィシャル素材提供)

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました