作品紹介

『ドラキュラ/デメテル号最期の航海』

© 2023 Universal Studios and Amblin Entertainment. All Rights Reserved.

イントロダクション

 全ての「ドラキュラ」モノの原点、ブラム・ストーカーによる名作小説「吸血鬼ドラキュラ」から、最恐と評される“第七章”を初めて映画化した『ドラキュラ/デメテル号最期の航海』(原題:The Last Voyage of the Demeter)が9月8日(金)に日本公開となる。
 ルーマニアのカルパチア地方から英国ロンドンまで、謎めいた50個の無記名の木箱を運ぶためチャーターされたデメテル号は、洋上で毎夜不可解な出来事に遭遇する。この物語は、デメテル号船長の航海日誌(キャプテンズ・ログ)に記されたおよそ1ヵ月におよぶ無慈悲な存在と対峙する壮絶な物語である。
 英国へ帰国するためデメテル号に乗り込み、悪夢に巻き込まれていく主人公クレメンス医師を演じたのは『ストレイト・アウタ・コンプトン』でドクター・ドレー役に大抜擢され、『イン・ザ・ハイツ』など話題作に出演するコーリー・ホーキンズ。『DUNE/デューン 砂の惑星』のデヴィッド・ダストマルチャン、『カモン カモン』の天才子役ウディ・ノーマンほか、本作で一際異様な存在感を発揮している注目のドラキュラ役には『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』、『REC/レック』などで数々のクリーチャーを演じる名優ハビエル・ボテットが出演。監督にホラー映画の鬼才『スケアリーストーリーズ 怖い本』のアンドレ・ウーヴレダル、『アメリカン・スナイパー』などクリント・イーストウッド作品で数々の撮影監督と務めるトム・スターンが参加。逃げ場のない洋上でのパニックを描く、純血100%正統派ドラキュラ映画『ドラキュラ/デメテル号最期の航海』にご期待いただきたい。

© 2023 Universal Studios and Amblin Entertainment. All Rights Reserved.

ストーリー

 ルーマニアのカルパチア地方から英国ロンドンまで、謎めいた50個の無記名の木箱を運ぶためにチャーターされたデメテル号は、洋上で毎夜不可解な出来事に遭遇する。この物語は、デメテル号船長の航海日誌(キャプテンズ・ログ)に記されたおよそ1ヵ月におよぶ無慈悲な存在と対峙する壮絶な記録である。果たして、大海原を航るデメテル号に何が巻き起こったのか? そして謎に包まれた50個もの木箱の中身とは……?

 (原題:The Last Voyage of the Demeter、2023年、アメリカ)

キャスト&スタッフ

 原作:ブラム・ストーカー「吸血鬼ドラキュラ」(角川文庫)
 製作:ブラッドリー・J・フィッシャー、マイク・メダヴォイ、アーノルド・メッサー
 監督:アンドレ・ウーヴレダル
 脚本:ブラギ・シャットJr.、ザック・オルケウィッツ
 撮影監督:トム・スターン
 音楽:ベアー・マクレアリー
 出演:コーリー・ホーキンズ、リーアム・カニンガム、デヴィッド・ダストマルチャン、アシュリン・フランチオージ、ハビエル・ボテット、ウディ・ノーマン
 提供:ユニバーサル・ピクチャーズ

ギャラリー

予告編

オフィシャル・サイト(外部サイト)

Universal Pictures Japan

 公式Twitter:@uni_horror
 公式Instagram:@universal_eiga
 公式Facebook:@universal.eiga

公開表記

 配給:東宝東和
 9月8日(金) 全国公開

(オフィシャル素材提供)

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました