最新ニュース

『コカイン・ベア』8月3日=ハチミツの日!を記念して場面カット解禁

Ⓒ2022 UNIVERSAL STUDIOS

 クマがコカインを食べてしまい森で大暴れする全米でバズりまくったワイルド・パニック・アドベンチャー『コカイン・ベア』(9月29日よりTOHOシネマズ 日比谷、渋谷シネクイントほか全国公開)の場面カット10枚が解禁された。

「このクマ、最高にキマってる。」
今年のアカデミー賞®授賞式に登場した“コーキー”が、ついに日本のスクリーンで大暴れ!!

 1985年、アメリカ。墜落した麻薬輸送機から落下したコカインをクマが食べてしまうという事件が発生――。そんなウソのようなホントの話に着想を得た、前代未聞の問題作が誕生! 突如としてスクリーンに“出没”した<コカイン・ベア>=コカインを食べて狂暴化したクマは、“コーキー”という愛称で・を中心に話題沸騰。予告編の総再生数は6600万回超え、今年2月の全米公開では初登場第2位を記録し、ついにはアカデミー賞授賞式にも登場し全米のハートを鷲掴みにした!さらに、日本でも公開決定を発表するや否やTwitterでトレンド入りを果たすなど、早くも注目の的となっている。

『スパイダーバース』シリーズ プロデューサーら豪華スタッフ&キャスト集結!

 本作のプロデュースを務めたのは、第91回アカデミー賞®長編アニメ映画賞を受賞した前作に続き、大ヒットを記録している『スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース』をはじめ数々のヒット作を手がけてきたフィル・ロード&クリストファー・ミラーの名コンビ。監督には俳優としても活躍するエリザベス・バンクスを起用。『猿の惑星: 新世紀』のケリー・ラッセル、『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』のオシェア・ジャクソン・Jr、『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』のオールデン・エアエンライク、2022年に惜しくも亡くなった『グッドフェローズ』のレイ・リオッタら実力派俳優たちが、コカイン・ベアに翻弄される人々を軽快に演じる。

本日8月3日はクマが大好きなハチミツの日!ということで、場面カット10枚を一挙解禁!

 全米を沸かせたコカイン・ベアが救急車に大ジャンプで飛びかかったり、ハイなあまりに女性に襲いかかってしまうワイルドすぎる一面を見せたかと思えば、(コカイン・ベアだけに見える!?)鮮やかな蝶を見つめる可愛らしい一面をのぞかせたりと、“映画界のニュースター”の多彩な表情を垣間見ることができる!
 その他にも本作が遺作となったレイ・リオッタ演じる麻薬王の一味や、銃を構える森林公園のレンジャー、なぜか顔がコカインまみれの野生動物管理官、森で迷子になった子どもを捜すも絶体絶命のピンチに陥った母親の姿などが見て取れる。コカイン・ベアに翻弄される人々も、一癖も二癖もある個性的なキャラクターばかりなので、ぜひ注目してほしい!

 本作ではハチミツではなくコカインでパワーアップした森の最強捕食者・クマさんの暴れっぷりを堪能できる! 果たして前代未聞のコカイン・ベアが次々と巻き起こす騒動から、人々は無事に逃げ延びることができるのか!? 森林公園を舞台に繰り広げられる究極のワイルド・パニック・アドベンチャーにご期待いただきたい!!

【ムビチケカード】
 金額:1,500円(税込)
 購入特典:オリジナル入浴料(森の香り) ※数量限定 ※一部劇場を除く
 発売:全国の上映劇場、メイジャー公式サイトにて発売中

公開表記

 配給:パルコ ユニバーサル映画
 9月29日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷、渋谷シネクイントほか全国公開

(オフィシャル素材提供)

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました