作品紹介

『PATHAAN/パターン』

イントロダクション

 ボリウッド史上No.1興収、そしてスーパースター、シャー・ルク・カーン4年ぶりの主演作『PATHAAN /パターン』が9月1日(金)より新宿ピカデリー、グランドシネマサンシャイン 池袋ほかで公開する。

 2023年、インドは1本の映画に沸き立った!
 インド中の劇場はスクリーンを総動員して上映したが、座席は数日先まで売り切れ、さらに完売しているに関わらずチケット窓口には人だかりができ、劇場前では太鼓を叩きプラカードを振って盛りあがる人々や、上映後にはエンディング曲を歌い踊り出す若者が続出するなど、まさに社会現象を巻き起こした。
 そして、興収10億ルピー約18億円を稼げばヒットと言われるインド映画界で、初日だけで10億6千万ルピーを稼ぎ出した。その後も興収は伸び続け、日本でも大ヒットした『RRR』などに続くインド映画世界興収歴代5位を記録! まさにインド中を興奮させた超大作スパイ・アクションがついに、日本上陸!!
 シャー・ルク・カーンが演じるのは、インド諜報機関RAW所属のパターン。すでに30年のキャリアがあるベテランだが、現在も危険な最前線の任務に就いている。また、『タイガー 伝説のスパイ』でサルマーン・カーンが演じた「タイガー」は同僚のエージェントというファンにはたまらない設定になっている。ヒロインのルバイをディーピカー・パードゥコーンが演じ、大胆な水着姿を披露。「腰の動きがセクシーすぎる」という非難が一部から巻き起こったほどの魅力的なダンスで観客の心を掴む。監督は『WAR ウォー』のシッダールト・アーナンドが務め、ドバイ、アフガニスタン、トルコ、イタリア、フランスなど世界中で撮影を行い、この壮大なスパイ映画を作り上げた。

ストーリー

 インド政府がカシミール地方の自治権を剥奪したことで、怒ったパキスタンの将軍カーディルはインドに復讐するため、元インド軍のジムと手を組みテロ攻撃を企てる。インド諜報機関所属のパターンは、ジムが計画する生物兵器での攻撃を阻止するために、テロ組織と対決へ向かう。そしてデリー上空を飛行中の飛行機に生物兵器が仕掛けられたことを知る。残された時間はわずか6分。この絶体絶命の状況で、インド最高のエージェント、パターンは母国を救うことが出来るのか!?

 (原題:PATHAAN、2023年、インド、上映時間:146分)

キャスト&スタッフ

 監督:シッダールト・アーナンド
 出演:出演:シャー・ルク・カーン、ディーピカー・パードゥコーン、ジョン・エイブラハム

ギャラリー

予告編

オフィシャル・サイト(外部サイト)

【公式】映画『PATHAAN/パターン』オフィシャルサイト
9/1(金)新宿ピカデリーほか全国ロードショー

公開表記

 配給:ツイン
 9月1日(金) 新宿ピカデリー、グランドシネマサンシャイン 池袋 ほか 全国ロードショー

(オフィシャル素材提供)

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました