イベント・舞台挨拶

『シーナ&ロケッツ 鮎川誠 ~ロックと家族の絆~』完成披露イベント

©RKB毎日放送/TBSテレビ

 2023年1月29日に74歳でこの世を去った鮎川誠。1978年に“シーナ&ロケッツ”を結成して以来、最後まで現役のロックミュージシャンとしてステージに立ち続けた彼の素顔に迫ったドキュメンタリー映画『シーナ&ロケッツ 鮎川誠 ~ロックと家族の絆~』が、8月11日(金・祝)に福岡先行上映、8月25日(金)に全国公開する。

 日本で最も愛されたロックンロール・ギタリストの素顔と功績を貴重な証言で綴る傑作ドキュメンタリー映画『シーナ&ロケッツ 鮎川誠 ~ロックと家族の絆~』の完成披露イベントが8月8日(火)に都内で行われ、ロック好きで知られる小峠英二(バイきんぐ)と監督の寺井 到がトークを繰り広げた。

 鮎川誠と同郷の福岡県出身であり、鮎川が亡くなる前の東京での最後のシーナ&ロケッツのライブを生で観たという小峠。ライブ会場で買ったという“シーナ&ロケッツ”Tシャツを着て登壇した。普段はコウテイペンギンのドキュメンタリーしか見ないというも、本作に関しては「今まで見たことのないようなものすごくプライベートなところも流れる。皆さんもきっと楽しめるはず」と太鼓判。この好反応に寺井監督も「鮎川さんの話であると同時に、家族の話でもある。鮎川さんの優しい人となりを知ってもらえるのは嬉しい」と喜んだ。

 福岡時代に『レモンティー』を聴いたのがシーナ&ロケッツとの出合いという小峠は「曲がカッコいいから入って、ライブも何度も観ました。鮎川さんはギターを弾いているときは鬼気迫っているけれど、MCになると温かい人間味が出て、いい人だと思った。そのギャップが素晴らしい」と鮎川の魅力を分析。寺井監督も「ONとOFFがない人で、しゃべりにそれが出る。ステージ上でもそれ以外でもそのまま。こんなに一貫してブレないのかと驚かされました」と鮎川さんの飾らない人柄に触れていた。

 また小峠は、本作を通して“シーナ&ロケッツ”の楽曲の中にある魅力を再発見したようで「鮎川さんは家族愛にあふれた方で、それが曲にも投影されている。速くて尖っていた曲であったとしても、伝わり方がマイルドでトゲの先端は実は丸い。それは鮎川さんの温かい人間味があるから。そのハートの部分が、“悪い”だけのロックではない曲を作ったのだと思う」と分析した。

 劇中では土屋昌巳、浅井健一、甲本ヒロト、松重 豊ら著名人が鮎川について語る。小峠は甲本の言った「鮎川さんとシーナがいなくなったことは大したことじゃない。“いた”ってことがすごいんだ」という言葉に痺れたと言い、「確かにお亡くなりにはなった。でもあれだけカッコいい音源やライブを生んだこと自体が凄いことだと。僕もその言葉に納得しました」としみじみ。寺井監督も甲本のその言葉が本作の方向性を決定づけたと言い、「追悼作品のようになるのは嫌だったので、あの言葉があって作品の方向性が定まった気がする。所縁の人たちが語る鮎川さんのエピソードを集めれば、鮎川さんの人となりが分かると思った」と金言だと明かした。

 鮎川は膵臓がんのために2023年1月29日に急逝。小峠は「福岡に仕事で帰った時に、天神にある行きつけのレコードショップに行ったら、カッコいい曲が流れていた。それはシーナ&ロケッツの曲で、店員から『今日鮎川さんが亡くなった』と聞かされた。たまたま店に寄って曲を聴いて店員から訃報を聞いて……驚きました」と縁を感じさせるエピソードを披露。一方、寺井監督は「鮎川さんが亡くなったから僕はこの場に立てているということに複雑な思いがあります。シーナさんが亡くなられてもなお鮎川さんがバンドを続けている姿を撮りたくてカメラで追っていたので、その点では素直に喜べません」と複雑な心境ながらも、「とはいえ、この作品を通して鮎川さんの素敵さが多くの方に伝わるのは嬉しいこと」と劇場公開を歓迎していた。

 登壇者:小峠英二(バイきんぐ)、寺井 到監督

公開表記

 配給:KADOKAWA
 8月11日(金・祝)より福岡先行上映、8月25日(金)より全国公開

(オフィシャル素材提供)

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました