インタビュー

『緑のざわめき』岡崎紗絵 オフィシャル・インタビュー

©Saga Saga Film Partners

 第18回大阪アジアン映画祭インディ・フォーラム部門に正式出品された、福岡、佐賀を舞台に、3人の異母姉妹が織りなす物語を描いた『緑のざわめき』。この度、菜穂子役を演じた岡崎紗絵のオフィシャル・インタビューが到着した。

岡崎紗絵

 1995年11月2日生まれ。愛知県出身。
 2015年より俳優として実績を重ね、代表作ではドラマ「教場Ⅱ」、「ナイトドクター」、「オールドルーキー」等、話題作に出演。「花嫁未満エスケープ」では主演を務めた。映画では、今泉力哉監督の恋愛群像劇『mellow』(20)でヒロイン役を好演。近年の出演作に『名も無い日』(21)、『シノノメ色の週末』(21)がある。

松井玲奈さん演じる異母姉をストーキングする役と知り、どう思いましたか?

 影のある役は演じたことがなかったので、初めての挑戦でした。台本や撮影を通して悩みつつでしたけど演じることができ、嬉しくてやりがいもあり光栄でした。

異母姉をストーキングする心理は理解できましたか?

 初めは読んだだけでは難しいところがあったんですが、監督とお話を重ねていくうちに段々と理解が深まりました。お姉さんへの憧れを超えて、「お姉さんみたいになりたかった」とか、「一緒に住んでいたらどうだった」とか、嫉妬みたいなものにも変わっていく、”愛と憎悪”に似たようなものを感じました。

菜穂子役を演じるにあたり、何を大事に演じましたか?

 心の揺れ動きは繊細だなと思ったので、そこの疑問は無くしてやりたかったです。監督と密にお話をし合いながらやりました。

 すごく助けになりました。菜穂子はストーカーとかはしているけれど、友達だとかは普通にいて、社会生活は普通にできている子なので、そこのバランスは悩んだところではありました。「ストーカー」という言葉だけだと、「陰で、自分の殻にこもって、人との関わりはない人」とも取れるのかなと個人的には思うのですが、監督から頂いた資料を読んでそういうこともなく、普通に菜穂子として生活しているんだなと想像するきっかけになったので、ありがたかったです。

松井玲奈さん演じる響子をストーキングするというのは、演じていて難しかったですか?

 そこまでに至る心理だとかが当たり前に経験はなかったけれど、松井さん自身が知りたくなるようなミステリアスな部分、神秘的な部分がある方だったので、そういう対象として見るのはすごくやりやすかったです。「そう思うだろうな」と理解できたので。ストーカーをしてしまうのは、過去のいろいろがあるからというのが深くあると思ったので、監督と話して知れたし、母親との関係性のコンプレックスや家庭のことを考えつつやっていけば、理解できるかと言われたら難しいですけれど、演じていてそこまで難しいところはなかったと思います。

倉島颯良さん演じる異母妹・杏奈との関係性はいかがでしたか?

 杏奈と直接的に関わるのは最後のシーンだけだったんです。お姉さんに対する気持ちで動いていた菜穂子なので、ぽっと妹が現れると嫉妬の対象になってしまう。関わり方は難しかったです。お姉さんに対する思いよりも、杏奈ちゃんに対する気持ちのほうが難しかったです。お姉ちゃんが杏奈ちゃんといい感じで関わっているのを見て嫉妬していたし、自分も杏奈ちゃんからしたらお姉さんだと思うとまた変わってきたりして、そこは難しかったです。
 颯良ちゃんは、(共演シーンが少なく)会っていないからこそ、作品と繋がるところがあって、「どんな子なんだろう」というのを掻き立てられました。杏奈もそうですけれど、まっさらで、目がすごく綺麗で、優しくていい子でした。

佐賀・福岡での撮影はいかがでしたか?

 自然がすごく豊かでした。ロケーションが綺麗な場所が多かったです。神秘的で画になる場所ばかりだなと思いました。特に最後のシーンの海の前の鳥居だとか、木が生い茂っている場所は、印象的でした。

完成した映画を観ていかがでしたか?

 なんて心の動きに寄り添った繊細な作品なんだろうと思いました。それぞれの「肯定されたい」という気持ちを感じました。それぞれに生活があって、それぞれ理想だったり願いがあって、欠けた部分を持っている3人が、完璧じゃないし、それぞれ揺れている感じが、共感できる部分もあればそうでもない部分もあるけれど、人間っぽいなと思いました。

本作の見どころはどこだと思いますか?

 観た方々それぞれ思うことも違う作品だと思うんですけれど、3人姉妹が孤独感などいろいろなものを抱えていると思うんです。でも、辿ればみんな繋がっていて、その繋がりをすごく求めていて。3人が出会った時に出てくる反応は見どころだなと思います。2人だったらそうはならなかっただとか、3人だからこそというところもあると思います。そういう心の動きに注目して観てもらいたいです。

読者にメッセージをお願いします。

 私が行っていないロケ地もあって、完成した作品を観たら、ダイナミックで自然豊かな場所での撮影が多かったです。そういう自然のダイナミックさと、3姉妹が揺れ動く繊細さが、違ったように見てとれるのは、劇場での大画面ならではだと思います。そういう環境だとか場所の力を借りながら撮影したので、その空気感を一緒に感じていただければと思います。

公開表記

 配給:S・D・P
 9月1日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開

(オフィシャル素材提供)

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました