最新ニュース

『アンダーカレント』6種類のスペシャルポスター一挙公開!

🄫豊田徹也/講談社 🄫2023「アンダーカレント」製作委員会

 「まるで1 本の映画を観ているようだ」と漫画評論家の間や口コミで高く評価され、「漫画界のカンヌ映画祭」と呼ばれるフランス・アングレーム国際漫画祭ではオフィシャルセレクションに選出されるなど国内外から熱狂的な人気を誇る伝説的一作、豊田徹也の長編漫画『アンダーカレント』が待望の実写映画化! 心の奥底に閉じ込めた気持ちを大切に描く、自分自身ととことん向きあう究極のヒューマン・ドラマ、映画『アンダ―カレント』が10月6日(金)より全国公開する。

 この度、スペシャルポスター6点を一挙公開! またミュージシャン・[Alexandros]川上洋平、芸人・ハナコ岡部 大、俳優・宮沢氷魚、映画監督・犬童一心、イラストエッセイスト・犬山紙子、フリーアナウンサー・久米 宏、漫画家・大橋裕之ら、各界の著名人から絶賛の声が届いた。

 突然夫が失踪してしまった銭湯「月乃湯」の女主人・かなえを真木よう子、夫が失踪したかなえの前に「働きたい」と現れる謎の男・堀を井浦 新、失踪したかなえの夫の行方を期間限定で探すことになる探偵・山崎をリリー・フランキー、突然失踪したかなえの夫・悟を永山瑛太、かなえと悟の同級生でかなえに探偵・山崎を紹介する菅野には江口のりこと実力派俳優が集結。監督は、『愛がなんだ』『ちひろさん』などを手がけ、いま日本映画界で最も支持を集める映画監督の一人・今泉力哉。コミュニケーションが不足する今の時代だからこそ届けたい1本が、ここに誕生した。

映画の世界に没入体験!?スペシャルポスター6種を一挙公開!著名人から絶賛コメントが続々到着!

 今回公開するスペシャルポスター6種は、映画の内容を深く掘り下げて作り出されており、作品の世界観を残しつつ新たな魅力を引き出してくれる。また、「誰しも、人には言えない大切な<嘘>を秘めている。」「人をわかるって、どういうことですか?」「生きるための嘘は、罪ですか?」「それでも私はあなたを知りたい」「本当のことは、誰かを傷つけ、そしていつか救い出す。」「いなくなる、ってことはここにいた、ってこと。」という深く心に残る本作を象徴する珠玉の言葉たちに、情感あふれるさまざまなシーンが切り取られ、強いメッセージが心に深く染み渡ること必至だ。

 さらにひと足先に本作を鑑賞した各界の著名人から絶賛の声が続々到着! ミュージシャン・[Alexandros]の川上洋平は、「ある程度の年齢になって疼き始める、伏在していた憂い。河口へと流し出せなかった主人公にいつのまにか自分を重ねていました。観てよかった」。芸人のハナコ・岡部 大は「ハナコ岡部の奥にいる岡部 大はどんな人間だったか、少し曖昧になるときがあります。そして岡部 大自身も、大人になっていろいろな“ふり”をすることを覚えて、本当の自分を出さないことがあります。楽しいふりや平気なふり、忙しいふりや考えているふり。バス停でのサブ爺の言葉が、やけに心に刺さりました。大切な人と、自分自身と、改めてもっと向き合ってみよう、話をしようと思いました」。今泉監督の『his』に出演していた俳優の宮沢氷魚は、「必ず真実が全ての人を幸せにするとは限らない。真実が他人を傷つけ、自分を苦しめてしまう時もある。だから人は自分や大事な人を守るために幾度も嘘に逃げる。そして気がついたら嘘に取り憑かれ、本当の自分を見失ってしまう。でも、そんな自分と向き合い、自分の心には偽ってはいけないと思う。強く生きていく必要はない。自分に正直に生きたいと思わせてくれる作品です」。映画監督の犬童一心は、「今泉サスペンス、下腹に効く不意打ち。舌先で凍りついた言葉、人肌で溶かされ声となって聞こえてくる。施しようのない痛さ、そして、切なさ」。イラストエッセイストの犬山紙子は「観る哲学だった。深く深く心の奥に潜る体験がこの映画にはある。人を知るってなんだろう、自分を知るってなんだろう。あまりに完成された、ファンにとって聖域のような原作を、映画化した今泉監督の覚悟が伝わってくる。細野晴臣氏の音楽もあまりに素晴らしい。『アンダーカレント』を映画で観られてよかった」。真木よう子の大ファンだと公言するフリーアナウンサーの久米 宏は、「私は真木よう子さんのファンです。この作品では抑えに抑えた演技、ほとんど何もしていないと言っていいぐらいです。それが現実感と深みを与えています。ますます彼女のファンになりました」。今泉監督の『街の上で』の共同脚本も手掛けた漫画家の大橋裕之は、「水中に漂う無数の泡。アニメ『銀河鉄道の夜』のあるシーンを思い出したのは、どちらも音楽が細野さんだからなのかもしれない。原作との違いを意識しながら観てしまったけど、全キャストがハマってて、終わり方もすごく好きでした」と、誰もが本作のタイトル通り、心の底流・深いところを刺激された作品だったようだ。
 その他のコメント全文は以下の通り。

コメント一覧 ※ 敬称略五十音順

映画監督・犬童一心
 今泉サスペンス、下腹に効く不意打ち。
 舌先で凍りついた言葉、人肌で溶かされ声となって聞こえてくる。
 施しようのない痛さ、そして、切なさ。

イラストエッセイスト・犬山紙子
 観る哲学だった。深く深く心の奥に潜る体験がこの映画にはある。人を知るってなんだろう、自分を知るってなんだろう。
 あまりに完成された、ファンにとって聖域のような原作を、映画化した今泉監督の覚悟が伝わってくる。細野晴臣氏の音楽もあまりに素晴らしい。『アンダーカレント』を映画で観られてよかった。

フリーアナウンサー・女優・宇垣美里
 水底に揺蕩うように、淡々とした日常から浮かび上がる、心の深いところの微細なゆらぎ。
 私たちはこれからも、わけの分からない自分と向き合い、分かるわけもない他人とともに、生きていくしかないのだ。
なんだかそう身につまされて、心がぎゅっとなった。

マンガ家・イラストレーター・大白小蟹
 人間の身体の底のほうに流れている、その人自身でさえも知覚するのが難しいような「本当のこと」について描いた原作の物語が、映画という形式で生身の肉体をもって新たに語り直されること。それはこの物語にとって、とても幸福なことなのではないか、と、食卓を挟んで向かい合うかなえと堀さんを観て思いました。

漫画家・大橋裕之
 水中に漂う無数の泡。アニメ「銀河鉄道の夜」のあるシーンを思い出したのは、どちらも音楽が細野さんだからなのかもしれない。
 原作との違いを意識しながら観てしまったけど、全キャストがハマってて、終わり方もすごく好きでした。

芸人・ハナコ岡部 大
 ハナコ岡部の奥にいる岡部 大はどんな人間だったか、少し曖昧になるときがあります。そして岡部 大自身も、大人になっていろいろな「ふり」をすることを覚えて、本当の自分を出さないことがあります。楽しいふりや平気なふり、忙しいふりや考えているふり。バス停でのサブ爺の言葉が、やけに心に刺さりました。大切な人と、自分自身と、改めてもっと向き合ってみよう、話をしようと思いました。

ミュージシャン・オカモトコウキ(OKAMOTO‘S)
 友達と少し連絡を取ってないだけだと思ってたのに、気づけばお互い随分と変わってたりする。全てがちょっとしたことなんだろう。そんな時、この人はこうだと思ってたことはある種自分の思い込みもあると気づかされるのだ。
 自分の近くにいる人のこと、どこまで分かってるだろう?
 あなたは何に囚われて生きているのだろう?
 登場人物の些細な心の動きは、普段は忘れている疑問を呼び起こす。とても繊細で、大切な空気感を閉じ込めている作品。

アップリンク吉祥寺支配人・小川賢人
 「人を分かるってどういうことですか」。
 素直で勝手な人間模様が愛おしい。
 いろいろな水が銭湯にもある。
 自分の輪郭が曖昧になったとき、そっと包み込んでくれる水。
 全てを過去として、洗い流してくれる水。
 目の前にいたはずの水面の月は遠く。
 <心の奥底>に触れたとき、うたかたの記憶が波紋する。
 “「ちゃんと好き」って、どういうこと?”から10年経った今も問い続ける今泉監督の最新作、ぜひ劇場で。

芸人・かが屋賀屋壮也
 お先に観させていただきましてすみません。ありがとうございます。美しい映像、美しい真木よう子さん、そしてもし自分の近くの人が……と少し怖い想像をしてしまう物語。隠してるのともまた違う心の底の底にあるもの、コントロールが難しいもの。自分にとってはなんだろうと考えるきっかけになりました。あと、カラオケのシーンがあるんですがそこがめっちゃ好きでした。観るのをオススメします!

ミュージシャン・川上洋平[Alexandros]
 ある程度の年齢になって疼き始める、伏在していた憂い。河口へと流し出せなかった主人公にいつのまにか自分を重ねていました。観てよかった。数年前に読んだ原作の答え合わせのような映画でした。
 鑑賞後どじょうを食べたくなるかな、と思いましたがなりませんでした。

芸人・パンサー菅良太郎
 この映画を人に勧める時、どんなジャンルと言えばいいのだろうとしばらく考えたが『なぜカテゴライズして勧めなければいけないんだろう』と根本から凝り固まった思考をマッサージされるような映画でした。
 原作のコメディ感は抑え気味ながらも刺さるセリフはしっかりとそのままで。
 ぜひカップルで観てほしい、鑑賞後の話し合いはいつもより濃厚になることでしょう。

フリーアナウンサー・久米 宏
 私は真木よう子さんのファンです。
 この作品では抑えに抑えた演技、ほとんど何もしていないと言っていいぐらいです。
 それが、現実感と深みを与えています。
 ますます彼女のファンになりました。

シンガー・ソングライター・崎山蒼志
 得てしてこの空白を、私は言い表せないでいる。折り重なっていく人間の、人生の模様。出会い、別れていく中で隠したままの、隠されたままの気持ち。知らずも、馴染みある美しく静謐な風景の中、紡がれる会話が、私の中に染み入って、時折胸のざわめきが押し寄せた。
 私は私のことすら、未だに分からないままでいる。そのままでいいとも思いつつ、アンダーカレントという言葉の意味を、改めて反芻している。

脚本家・高田 亮
 誰にだって過去はある。嘘をついて過去から逃れ続けるか、いつかどこかで決着をつけるのか。生きるほど過去は大きくなっていき、決着のつけられない過去が積み上がっていく。やりくりできない過去とどう折り合いをつけていくのか。みんなぎりぎりのところで生きている。
 静かな物語が力のある画のなかで運ばれていく心地よさと居心地の悪さの快感が、深い余韻を残すラストに導いてくれる。今日もなんとかやりくりをして生きていこう。

YEBISU GARDEN CINEMA 支配人・田川尚史
 嘘をついたことのない人はこの世にいるのだろうか、嘘には2種類あり誰かを守る嘘と、自分を守る嘘。
 悟がついてきた嘘は自分を守るため、かなえの嘘も自分を守るため、堀の嘘はどうだろう。きっと誰かを守るため。ご飯を買ってきたのを黙った嘘、薪割を忘れた嘘。悟が嘘をつかなくても良い世界で生きて来たなら結末はどうなっただろうか――。映画を観た帰り道少しだけ考えてみてほしい、自分の生きている世界は嘘が必要な世界か……。

株式会社arca CEO & Creative Director ・辻愛沙子
 普通に過ごして見えるあの人もこの人も、誰にも見せない痛みを抱えて生きている。
 分かり合えないからこそ、人は寄り添い合えるのかも知れない。
 暗い川底を覗くかのようにそんな人の奥底を映し出す、心剥き出しの物語。

KBC シネマ1・2・八重尾知史
 心底。という表現があるように、本音や真実は心の奥底にある。
 それは言えずに居る内に沈殿し、やがて堆積する時間や嘘に覆い隠されていく。澄んだ水面を掻き回し濁すような出来事が泥を掘り起こすまでは。
 隣り合う人も、まして己すら掴み切れない心。それが触れ合い、すれ違うさまの恐ろしさも愛おしさも余さず描き切れる稀有な作家、今泉力哉監督はその領域に到達したと思う。

新宿バルト9 支配人・花田尚謙
 信じている相手が本心を見せてくれているのか分からない。
 話してくれたことが本当のことなのかも分からない。
 場合によっては本当のことを知らないほうが幸せなのかもしれない。
 いろいろなことを感じたり、考えさせられたりしながら映画を観てました。
 人それぞれなのだと思いますが、あらためて他人との関係性や自分の在り方を考えさせられる作品でした。

センチュリーシネマ支配人・藤野 優
 言い知れない哀しみを抱えながらそれでも生きていく。
 ゆっくりと哀しみを超える。
 とても生命力を感じた作品でした。
 今泉監督っぽい時折ユーモアあるシーンにほぐされましたが、より哀しみを深刻にも感じさせられました。
 いつもそばにいたって相手のことをすべて知り尽くすことはできない……。
 そんな中で真木さんの演技から、それでもそばにいるよと言葉をかけてくれているような、救いの光が見られました。

俳優・藤原季節
 初めて特報の映像を見た瞬間から、主人公の瞳に引き込まれて、一番観たい映画だった。アンダーカレント。そこに流れる、風景も音も感情も、僕には心地よくて、ずっとそこに浸っていたい気持ちになった。しかしその場所は時折、静かに叫び出したくなるような息苦しい何処かに変わった。激流でもなく、濁流でもない、何処か。主人公の瞳を見つめながら、そこはもしかすると、とても深い場所なんじゃないかという気がした。アンダーカレント。undercurrent。ああ、もう一度、映画館で観たい。いま僕は、静かに叫び出したい気持ちだ。

映画監督・松本優作
 人の綺麗なところ、汚いところ、全てが入り混じった心の底流。
 表面には決して表れない人々の感情に寄り添い、掬い取ろうとする今泉監督の演出に心を強く打たれました。
 また、自分自身の生き方を改めて考え直すきっかけにもなりました。
 人と人との関わりが薄くなりつつある今の時代に、ぜひ観てほしい作品です。

マンガ解説者・南 信長
 好きなマンガの映画化には期待より不安が上回る。『アンダーカレント』のように完成度の高い作品であればなおさらだ。が、それは杞憂だった。全編に人生の不条理と喪失感を漂わせながら淡々と描かれる原作の世界観が、見事に再現されて違和感がない。そこに生身の人間が演じるからこその動きや間、表情が新たな彩りを加える。20年近く前の作品が今映画化された奇縁にも驚く。マンガと映画の幸福な出会いがここにある。

俳優・宮沢氷魚
 必ず真実が全ての人を幸せにするとは限らない。
 真実が他人を傷つけ、自分を苦しめてしまう時もある。
 だから人は自分や大事な人を守るために幾度も嘘に逃げる。そして気がついたら嘘に取り憑かれ、本当の自分を見失ってしまう。
 でも、そんな自分と向き合い、自分の心には偽ってはいけないと思う。強く生きていく必要はない。自分に正直に生きたいと思わせてくれる作品です。

芸人・パンサー向井 慧
 TVではいつも元気な人が実は楽屋ではおとなしかったり、髭でロン毛の無口そうな人が実は社交的だったり、口角が常に上がっているような笑顔の人が実は鬱屈としていたり。そして、それすらその人の一部に過ぎなかったり。
 他人のことが全て分かるなんてことはない。
 分からないからこそ分かろうとする時間を手放してはいけない。
 「人を分かるってどういうことですか?」
 この台詞が頭から離れなくなる映画でした。

漫画家・安田弘之
 手塩に掛けて野菜を育てた農家みたいな気持ちなんです。原作者って。
 その野菜の味を見つけてくれる人がいて。
 料理にしてくれる料理人がいて振舞ってくれるお店があって。
 自著の「ちひろさん」に引き続きまたまた美味しい料理に仕上がっていた『アンダーカレント』を観てなんだか自分も誇らしかったです。
 (……ね? 今泉さんなら間違いないでしょ?)
 顔も知らない原作の豊田さんにドヤ顔の念を飛ばしました。
 ラストに映画オリジナルの追加シーンがあります。
 僕はこの追加シーンがとても好きです。

ゲームクリエイター/脚本家・山中拓也
 誰しも心の底には、他人に踏み込ませたくない何かがある。
 それは透明度の低い底流(アンダーカレント)。
 水面を眺めているだけでは見えない何か。
 誰かの心を覗こうとすれば、最初に水面には映るのは自分の顔で。
 誰かに踏み込むということは、自分を見つめることと同じで。
 そんな営みの薄くまとわりつく不安と恐怖を、自然で美しい日常描写と共に描いてくれる丁寧で静謐な映画でした。
 この映画は、他人を分かりたくて、分かろうとして、分からないってことを、分かりあう。
 物語を見届けたあとに分かるのは、そうやって見つけた「分からない」は最初の「分からない」よりもちょっとだけ優しくて、ちょっとだけ息がしやすい気がするってことでした。

センチュリーシネマ副支配人・脇田直佳
 ヒロイン、かなえが水中を漂うシーンが印象に残る。
 ただ沈んでいるのではなくて、かなえの心の奥底のイメージを表したかのような透明感のある映像、少し暗い水中に仄かに差し込む光は物語展開と共に自分にも馴染んでくるイメージに思えてくる。
 落ち着いた季節、秋の鑑賞に相応しい、静かなヒューマン・ドラマ。
 劇場のスクリーンでぜひ浸ってください。

公開表記

 配給:KADOKAWA
 2023年10月6日(金) 全国公開

(オフィシャル素材提供)

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました