最新ニュース

フランソワ・オゾン監督最新作『私がやりました』11月3日(金・祝)公開決定!ポスター&予告編も解禁

© 2023 MANDARIN & COMPAGNIE – FOZ – GAUMONT FRANCE 2 CINÉMA – SCOPE PICTURES – PLAYTIME PRODUCTION

 フランソワ・オゾン監督最新作『The Crime Is Mine(英題)』が、この度『私がやりました』の邦題で、11月3日(金・祝)より公開されることが決定した!

パリの大豪邸で起こった、有名映画プロデューサー殺人事件。
「犯人の座」をめぐり3人の女たちが繰り広げる、クライム・ミステリー・エンターテインメント!

 有名映画プロデューサーが自宅で殺された。容疑者は、売れない新人女優マドレーヌ。プロデューサーに襲われ、「自分の身を守るために撃った」と自供する彼女は、親友で駆け出しの弁護士ポーリーヌと共に法廷へ。正当防衛を訴える鮮やかな弁論と感動的なスピーチで裁判官や大衆の心をつかみ、見事無罪を勝ち取る。それどころか、「悲劇のヒロイン」として一躍時の人となったマドレーヌは、大スターの座へと駆け上がっていく。ところが、そんなある日、二人の前にオデットという女が現れる。プロデューサー殺しの真犯人は自分で、マドレーヌたちが手にした富も名声も、自分のものだというのだ。こんなに魅力的な“犯人の座”は渡せない──果たして、3人の駆け引きと、悪だくみの行方は──?

 主人公のマドレーヌとポーリーヌ役には、ピュアな魅力が眩しいナディア・テレスキウィッツとレベッカ・マルデールを起用。正反対の性格の2人を魅力的に演じ、チャーミングな凸凹コンビを作り上げた。また、2人の前に立ちはだかるヴィランのオデットを演じるのは、強烈なインパクトで登場するイザベル・ユペール。さすがの貫禄で観客の視線を釘付けにする。メガホンを取ったのはフランスが誇る名匠フランソワ・オゾン。本国では過去にオゾンが手掛けた映画『8人の女たち』(02)、『しあわせの雨傘』(10)に次ぐ、動員100万人超えの大ヒット作となっている。ユーモアとブラック・ジョークに溢れたクライム・ミステリーが、圧倒的なエンターテインメントとしてスクリーンに登場!

 公開日決定とあわせ、日本版ポスターと予告編も解禁! ポスターでは、マドレーヌ&ポーリーヌとともに、一癖も二癖もある個性的なキャラクターたちの姿がお目見え。キュートな犯人“立候補者”たちが、曲者たちを巻き込みながら真犯人の座を巡ってひと騒動を起こすことを予感させるポスターとなっている。

 また予告編では、3人の女たちが「犯人の座」をかけて争う様子が描かれる。有名映画プロデューサーに襲われそうになり、必死で逃げだしてきたマドレーヌは、ルームシェアをする親友ポーリーヌに出来事を打ち明ける。しかしすぐに警察がやってきてマドレーヌは事件の容疑者に。新米弁護士でもあるポーリーヌは正当防衛を主張するようマドレーヌに完璧な台本を用意する。その演技力と美貌を活かし、人々の心を揺さぶる陳述を披露した彼女は一躍「悲劇のヒロイン」としてスターに! そんな彼女たちのもとにやってきたのは物語の鍵を握る謎多きかつての大女優オデット。「こんにちは、子猫ちゃん」と異様な雰囲気を醸し出し「成果を手にすべきなのは私」と主張するオデットも犯人の座を狙っており――。“全員が犯人の名乗りをあげる”という謎の展開で動き出すミステリー! 本当の犯人は一体誰なのか⁉

キャスト&スタッフ

 監督・脚本:フランソワ・オゾン
 出演:ナディア・テレスキウィッツ、レベッカ・マルデール、イザベル・ユペール、ファブリス・ルキーニ、ダニー・ブーン、アンドレ・デュソリエ

 (原題:Madeleine、2023年、フランス、上映時間:103分)

オフィシャル・サイト(外部サイト)

映画『私がやりました』公式サイト
フランソワ・オゾン監督最新作 映画『私がやりました』 2023年11月3日(金・祝)TOHOシネマズシャンテ他全国順次ロードショー

公開表記

 配給:ギャガ
 11月3日(金・祝)、TOHO シネマズ シャンテ他 全国順次ロードショー

(オフィシャル素材提供)

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました