作品紹介

『私がやりました』

© 2023 MANDARIN & COMPAGNIE – FOZ – GAUMONT FRANCE 2 CINÉMA – SCOPE PICTURES – PLAYTIME PRODUCTION

イントロダクション

 フランソワ・オゾン監督最新作『The Crime Is Mine(英題)』が、この度『私がやりました』の邦題で、11月3日(金・祝)よりTOHOシネマズ シャンテ他にて全国順次公開となる。
 フランスが誇る名匠フランソワ・オゾンが今回題材に選んだのはユーモアとブラックジョークに溢れたクライム・ミステリー。ある事件の“犯人の座”を巡って、年齢も性格も異なる女性3人が駆け引きを繰り広げていく一風変わったストーリーになっている。本国フランスでは過去にオゾンが手掛けた映画『8人の女たち』(02)、『しあわせの雨傘』(10)に次ぐ、動員100万人超えの大ヒットを記録!
 主人公のマドレーヌとポーリーヌ役には、ピュアな魅力が眩しいナディア・テレスキウィッツとレベッカ・マルデールを起用。正反対の性格の2人を魅力的に演じ、チャーミングな凸凹コンビを作り上げた。また、2人の前に立ちはだかるヴィランのオデットを演じるのは、『ピアニスト』(02)や『エル ELLE』(16)などで知られるフランスの国民的女優イザベル・ユペール。さすがの貫禄で観客の視線を釘付けにする。さらに女性たちを引き立てる愉快な男性キャラクターには、『しあわせの雨傘』(10)や『危険なプロット』(12)でこれまでオゾンとタッグを組んできたファブリス・ルキーニ、『パリタクシー』(22)で主演を演じたダニー・ブーン、そしてオゾン監督作『すべてうまくきますように』(21)に出演したアンドレ・デュソリエが抜擢されている。

© 2023 MANDARIN & COMPAGNIE – FOZ – GAUMONT FRANCE 2 CINÉMA – SCOPE PICTURES – PLAYTIME PRODUCTION

ストーリー

 有名映画プロデューサーが自宅で殺された。容疑者は、売れない新人女優マドレーヌ。プロデューサーに襲われ、「自分の身を守るために撃った」と自供する彼女は、親友で駆け出しの弁護士ポーリーヌと共に法廷へ。正当防衛を訴える鮮やかな弁論と感動的なスピーチで裁判官や大衆の心をつかみ、見事無罪を勝ち取る。それどころか、「悲劇のヒロイン」として一躍時の人となったマドレーヌは、大スターの座へと駆け上がっていく。ところが、そんなある日、二人の前にオデットという女が現れる。プロデューサー殺しの真犯人は自分で、マドレーヌたちが手にした富も名声も、自分のものだというのだ。こんなに魅力的な“犯人の座”は渡せない──果たして、3人の駆け引きと、悪だくみの行方は──?

 (原題:Madeleine、2023年、フランス、上映時間:103分)

キャスト&スタッフ

 監督・脚本:フランソワ・オゾン
 出演:ナディア・テレスキウィッツ、レベッカ・マルデール、イザベル・ユペール、ファブリス・ルキーニ、ダニー・ブーン、アンドレ・デュソリエ

ギャラリー

予告編

オフィシャル・サイト(外部サイト)

映画『私がやりました』公式サイト
フランソワ・オゾン監督最新作 映画『私がやりました』 2023年11月3日(金・祝)TOHOシネマズシャンテ他全国順次ロードショー

公開表記

 配給:ギャガ
 11月3日(金・祝)、TOHO シネマズ シャンテ他 全国順次ロードショー

(オフィシャル素材提供)

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました