最新ニュース

アカデミー賞®名優ホアキン・フェニックス主演×リドリー・スコット監督『ナポレオン』12月1日(金)公開決定!日本版予告&新場面写真解禁

 ホアキン・フェニックス主演、リドリー・スコット監督、Apple Original Filmsによる映画『ナポレオン』(ソニー・ピクチャーズ配給)が、12月1日(金)に全国の映画館で公開されることが決定! この度、日本版予告と新場面写真が解禁された。

 1789年、フランス革命――。神経質で冷淡でありながら、天才的な軍事戦略で皇帝にまで上り詰めた英雄ナポレオン。
 最愛の妻ジョゼフィーヌとの奇妙な愛憎関係の中で、フランスの最高権力を手に、何十万人の命を奪う幾多の戦争を仕掛けていく。冷酷非道かつ怪物的カリスマ性をもって、ヨーロッパ大陸を次々と勢力下に収めていくナポレオン。
 フランスを<守る>ための戦いが、いつしか侵略、そして<征服>へと向かっていく――。
 彼を駆り立てたものは、一体何だったのか?

巨匠リドリー・スコット監督と『ジョーカー』のアカデミー賞®俳優ホアキン・フェニックスが、『グラディエーター』以来の再タッグで挑むスペクタクル超大作!

撮影カメラ11台!集められたエキストラは8000人!多額な制作費をかけ、ヨーロッパロケを敢行!今世紀最大級の<スペクタクル超大作>の日本版予告が解禁!

 1789年に始まったフランス革命により、マリー・アントワネットが国民の罵声飛び交う中でギロチン(斬首刑)にかけられるショッキングなオープニングから予告映像が始まる。それを冷静に見守る一人の男、フランスの将校ナポレオン。革命による国内の混乱を鎮め、イギリスやオーストリアから国を守るべく、類まれなる軍事戦略でたちまち頭角を現し、皇帝にまで上り詰めていく。最愛の妻ジョゼフィーヌと共に出席したノートルダム大聖堂での戴冠式では自らの手で冠を取り上げて被り、大いなる野望を描く印象的なシーンも!

 そして、アウステルリッツとワーテルローという、ナポレオンの戦いの中でも重要な二大戦闘シーンも見られる。フランス国旗を手にした軍隊と数百頭の馬と共に勇ましく指揮を執るナポレオン。そして予告ラストに描かれるのは、一面、氷と霧に覆われたアウステルリッツの戦い。オーストリアとロシアの連合軍を雪で覆われた氷上に誘い込み、突然、大砲を発射! 彼らの足元の氷を打ち割り、血まみれになった敵国の兵や馬が氷の割れた湖へと落ちていくという、ナポレオンの狡猾かつ冷酷ぶりを伺わせる衝撃シーンも。

 彼は英雄なのか、暴君なのか――。
 今世紀最大級のスケールで描くスペクタクル超大作『ナポレオン』。ぜひ映画館で観届けていただきたい。

『ジョーカー』でアカデミー賞®主演男優賞受賞のホアキン・フェニックス主演
巨匠リドリー・スコット監督と『グラディエーター』以来、23年ぶりのタッグ!

 監督はアカデミー賞®作品賞受賞の『グラディエーター』や『オデッセイ』などを手がける巨匠リドリー・スコット。主人公ナポレオン役には『ジョーカー』でアカデミー賞®主演男優賞を受賞したホアキン・フェニックス。スコット監督は「これまで一緒に仕事をした中で最高の俳優の一人」とホアキンを称する。この二人のタッグはホアキンが、ラッセル・クロウ演じるローマの将軍マキシマスと対峙する暴君を演じた『グラディエーター』(2000)以来23年ぶりとなる。ナポレオンの妻ジョゼフィーヌ役には、『ミッション:インポッシブル/デッドレコニング PART ONE』のホワイト・ウィドウ役や『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』など次々と話題作に出演するヴァネッサ・カービー。脚本は『ゲティ家の身代金』でもスコット監督とタッグを組んだデヴィッド・スカルパなど、超一流のキャストとフィルムメイカーが集結した。

キャスト&スタッフ

 監督:リドリー・スコット
 脚本:デヴィッド・スカルパ
 出演:ホアキン・フェニックス、ヴァネッサ・カービー

 (原題:Napoleon、2023年、アメリカ)

オフィシャル・サイト(外部サイト)

映画『ナポレオン』オフィシャルサイト | ソニー・ピクチャーズ
映画『ナポレオン』2023年12月全国の映画館で公開!<軍人ナポレオンの真の姿>を壮大なスケールで描いた超大作

 オフィシャルTwitter:https://twitter.com/SonyPicsEiga(外部サイト)
 ハッシュタグ:#映画ナポレオン

公開表記

 配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
 12月1日(金) 全国の映画館で公開!

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
Translate »
タイトルとURLをコピーしました