イベント・舞台挨拶アニメ

『劇場版シティーハンター 天使の涙(エンジェルダスト)』歌舞伎町のダストを残らず始末(スイープ)!イベント

©北条司/コアミックス・「2023 劇場版シティーハンター」製作委員会

 日本最大の繁華街-新宿歌舞伎町。世界中で猛威をふるった新型コロナウイルスが日本で第5類へ移行し、インバウンドの増加により、街はコロナ禍前の賑わいを取り戻した。こうした中、街中にポイ捨てされるゴミも増加、大きな問題になっている。そこで、一般社団法人歌舞伎町タウン・マネージメントは、歌舞伎町商店街振興組合と連携し、法で裁けぬ悪を討つ、裏社会No.1の始末屋(スイーパー)・冴羽 獠に任務を依頼。
 最新作『劇場版シティーハンター 天使の涙(エンジェルダスト)』の劇場公開日である9月8日(金)に、冴羽獠役を務めるレジェンド声優の神谷 明氏と、一般社団法人歌舞伎町タウン・マネージメント理事長であり、歌舞伎町商店街振興組合理事長の杉山元茂氏とともに新宿歌舞伎町シネシティ広場にて「歌舞伎町のダストを残らず始末(スイープ)!イベント」を実施した。

 イベントには、8月に新宿観光アンバサダーに任命された冴羽 獠を等身大にしたフィギアとともに、冴羽 獠の声優を務める神谷 明が、一般社団法人歌舞伎町タウン・マネージメント、歌舞伎町振興組合理事長の杉山元茂氏とともに登壇。神谷は「足元の悪い中、ありがとうございます」と挨拶。続けて杉山氏は「日頃歌舞伎町の地域で街づくりのために活動しております。歌舞伎町に限らず、人の流れに比例しゴミの量も増えていきます。コロナが落ちつきまして、たくさんの方が街に遊びに来てくださるようになりました。それに比例して、ゴミの量もやはり増えていると思います」と話した。

 また昔の新宿歌舞伎町と今の新宿歌舞伎町の違いを聞かれた神谷は「僕も若いころから、歌舞伎町といいますと先輩の経営するお店があったりして、先輩たちと一緒に来たりしていました。そんな中でまず何より、街が明るくなりましたね。目の前にありますTOHOシネマズのビルには新宿コマ劇場がありまして、表通りは昔も明るかったんですが、裏は少し暗いという印象でした。でも現在はどこもかしこも明るくなりましたね」と話し、「外国からの観光客も増えましたよね」と聞かれると続けて「そうですね、増えましたね。今日もスーツケースを運んでいる方がたくさんいらっしゃいましたね」と印象を語った。

 自身の活動について聞かれた杉山氏は「自分たちで掃除する、毎週水曜日の朝や午後3時から掃除をしています。その他にもボランティア団体の方が毎月お掃除をしてくださっています。街の掃除をしたら、自分ではゴミを捨てなくなります」と明かすと、「ご協力があるということはありがたいことですね」と神谷も共感していた。
 ここで青いジャケットと赤いTシャツを着用し冴羽 獠に扮した30名のスイーパー軍団がゴミ袋とゴミ取りバサミを持ち登場! これから新宿歌舞伎町のゴミ拾いをするということで、その様子を見た神谷は「冴羽 獠がこんなにもいると、それだけで安全だし、さらにキレイになりそうですね! 小雨になってよかったなと思います。一人ひとりが(街の美化に)気をつけること、それが大事だと思います。これから一生懸命、冴羽 獠軍団が歌舞伎町をキレイにしに行きますけども、皆さんも気がついたらゴミは持ち帰るようにしていただきたい。もし彼らの活動に協力してくれる方がいたらうれしいですね。僕も同じ冴羽 獠軍団ですからね」と期待感を語った。さらに、この日公開となった最新作『劇場版シティーハンター 天使の涙(エンジェルダスト)』について聞かれた神谷は「先ほど皆さんと一緒に劇場で観てきましたが、新たな感動がありました。ご覧になった方やこれからご覧になる方もいらっしゃると思いますが、ぜひここに冴羽 獠軍団にお力をお貸しいただけると同時に映画にもお力添えいただきたいと思います。本当に自信作です。ぜひご覧ください」と映画をアピールした。

 その後30名のスイーパー軍団は神谷の「スイーパーのみんな、雨にも負けず、この歌舞伎町をキレイにしてくれよ! もっこり頼むぜ!」という号令の下、新宿歌舞伎町のゴミ拾いに出発! 街ゆく人にイベントロゴ入りのゴミ袋を配布し、ポイ捨ての防止を啓発するなど、本来あるべき新宿歌舞伎町の姿を取り戻すため精力的に活動していた。あいにくの雨の中だったが、和やかなムードの中、イベントは終了した。

 登壇者:神谷 明(「シティーハンター」冴羽 獠役声優)、杉山元茂(一般社団法人歌舞伎町タウン・マネージメント、歌舞伎町振興組合理事長)、冴羽 獠軍団

一般社団法人歌舞伎町タウン・マネージメントについて

 一般社団法人歌舞伎町タウン・マネージメントは、新宿歌舞伎町の環境浄化・美化、地域活性などを軸に、誰もが安心して楽しめるまちに再生する取り組み「歌舞伎町ルネッサンス」を推進する中で、新宿歌舞伎町シネシティ広場などの活用を含め、「歌舞伎町ルネッサンス」が目指すまちづくりを実現し、さまざまな方が参画する場やネットワークを構築するため、2008年に任意団体として設立され、2022年に一般社団法人化されました。歌舞伎町一丁目、二丁目地区を活動範囲とし、「安全・安心事業」「まちづくり事業」「情報発信事業」「地域活性化事業」「エリアマネジメント事業」の5つの活動を推進しております。

新宿観光振興協会公認「新宿観光アンバサダー」について

 9月8日(金)公開『劇場版シティーハンター 天使の涙(エンジェルダスト)』のPRと合わせ、映画の舞台でもある新宿の街をPRしていただくことを目的に、協会公認の「新宿観光アンバサダー」に冴羽獠氏を任命。去る8月8日(火)に歌舞伎町シネシティ広場で行われた「プレミアイベント」では、新宿観光振興協会 杉江俊彦理事長より、冴羽獠役の声優、神谷明さんに任命証が授与されました。現在、等身大フィギュアが新宿観光案内所で観光客をお出迎えするとともに「新宿観光アンバサダー 冴羽 獠」の名刺を配布中。

公開表記

 配給:アニプレックス
 2023年9月8日(金) 全国ロードショー

 (オフィシャル素材提供)

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました