作品紹介

『女子大小路の名探偵』

©2023映画『女子大小路の名探偵』製作委員会

イントロダクション

 メ~テレ60周年記念映画となる本作は、『アンフェア』シリーズの原作者・秦建日子が、地域みっちゃく生活情報誌®『NAGOYA FURIMO』や『GiFUTO』などで長期連載し、2021年に書籍化された同名小説を、原作者自身の脚本で映画化した痛快ミステリーエンターテインメント。
 喧嘩っ早くて口が悪いものの実は弟想いの美桜を演じたのは、数々の映画やドラマ、バラエティで活躍し続けている剛力彩芽。姉とは逆に喧嘩激弱で女の子にだらしない弟の大夏に扮したのは、映画『天気の子』で注目を集め、映画『カラダ探し』『OUT』、舞台『千と千尋の神隠し』など話題作への出演が相次ぐ醍醐虎汰朗。凸凹姉弟の息の合ったかけあいも楽しい見どころになっている。
 さらに北原里英、堀 夏喜(FANTASTICS)、小沢一敬(スピードワゴン)、水野 勝、そして戸田恵子といった愛知出身者が数多く出演する他、今野浩喜、田中要次など個性豊かなキャスト陣が集結。地元の人気スポットでのロケが謎の深まる事件をよりリアルなものにし、ヒグチアイの主題歌「この退屈な日々を」と挿入歌「誰でもない街」が、本作の味わいと余韻に彩りを与えている。

©2023映画『女子大小路の名探偵』製作委員会

ストーリー

 女子大小路のバー「タペンス」でバーテンダーのバイトをしていた大夏(醍醐)は、ストーカーの疑いをかけられたのをきっかけに児童相談所の職員・秋穂(北原)と知り合う。だが、彼女が自宅にお詫びのケーキを取りに戻っている間に、彼は中区の矢場公園でコスプレの衣裳を着たまま心肺停止状態の中学生・佐野あすかを発見。あすかは秋穂が担当していた少女だったが、同じ中学生の山浦瑠香の死体が中区で発見されてから3日後だったこともあり、大夏は連続殺人事件の容疑者として警察に連行される。
 そんな彼の窮地を、柳ヶ瀬のクラブ「グレース」で働く姉の美桜(剛力)が救う。会うといつもいがみ合ってばかりいる姉弟だったが、やがて事件の鍵を握る「タペンス」の客“ヤマモト”(堀)と接触し、山浦瑠香を殺害した犯人に辿り着く。しかし……。

 (2023年、日本、上映時間:95分)

キャスト&スタッフ

 出演:剛力彩芽、醍醐虎汰朗
    北原里英、今野浩喜、堀夏喜(FANTASTICS)、小沢一敬(スピードワゴン)、水野 勝
    寺坂頼我、柳ゆり菜、ゆきぽよ/遼河はるひ
    田中要次、戸田恵子

 原作:秦建日子「女子大小路の名探偵」(河出文庫)
 脚本:秦建日子
 監督:松岡達矢
 主題歌:ヒグチアイ「この退屈な日々を」(ポニーキャニオン)
 挿入歌:ヒグチアイ「誰でもない街」(ポニーキャニオン)
 音楽:倉堀正彦

ギャラリー

予告編

オフィシャル・サイト(外部サイト)

映画『女子大小路の名探偵』オフィシャルサイト
10.13金より池袋シネマロサ、ミッドランドスクエアシネマ他 全国公開|最(恐)強 NO.1ホステス×ヘタレの私立探偵 舞台は名古屋&岐阜 超凸凹(デコボコ)姉弟が、真犯人を追い詰める 痛快ミステリーエンターテインメント!

 公式Twitter:@jyoshidai_movie

公開表記

 配給:ラビットハウス
 2023年10月13日(金)より池袋シネマロサ、ミッドランドスクエアシネマ他全国公開

(オフィシャル素材提供)

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました