イベント・舞台挨拶

『ジョン・ウィック:コンセクエンス』チャド・スタエルスキ監督来日舞台挨拶

®, TM & © 2023 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.

 数々の伝説と共に裏社会を震撼させてきた最強の殺し屋の壮絶な復讐を描き、キレ味鋭いアクションと独自の世界観で大ヒットとなった『ジョン・ウィック』。待望のシリーズ第4弾となる映画『ジョン・ウィック:コンセクエンス』が9月22日、ついに日本に上陸する。公開を前に9月13日(水)に都内映画館で舞台挨拶プレミアが開催され、チャド・スタエルスキ監督のほか、俳優の藤岡 弘、と柔道女子52㎏級東京2020オリンピック金メダリストの阿部 詩が参加した。
 まずは『ジョン・ウィック』シリーズ生みの親で最新作『ジョン・ウィック:コンセクエンス』でぶちあげアクションを爆誕させたチャド監督が、ファン約40人が待ち受けるレッドカーペットを闊歩した。チャド監督がJAPANの地に降り立ったのは、前作『ジョン・ウィック:パラベラム』以来4年ぶり4度目。チャド監督はファンにサインしたり写真を撮ったりしながら、血のように赤いカーペット上で笑顔を振りまいて「歓迎してくれて本当にありがとう! また日本に戻ってこられて嬉しいよ」と喜んでいた。

 その後実施された舞台挨拶プレミアでは、客席の通路を通ってチャド監督が華々しく登場。主演のキアヌ・リーブスについて聞かれると「キアヌとは本シリーズを4本撮ったわけだけれど……まあまあだね!」とジョークを発しながら「今回本作のPRのために来日できず、キアヌもがっかりしていたよ。でも彼からは『みんな愛している。そして幸運を祈っている』という伝言を受け取ってきた」と報告した。チャド監督はキアヌを「ハートも意思も強い男」と評して「今回のために彼は1年かけてトレーニングをし、ヌンチャクを学び、そしてドライビング・テクニックを鍛えるために5ヵ月も特訓を重ねた。この映画が素晴らしいのは、すべてキアヌの努力と練習のお陰だね」とリスペクトしていた。シリーズ4作目にして念願の日本ロケが実現したことについては「キアヌと僕は日本の漫画、アニメ、黒澤 明監督、『座頭市』などに影響を受けている。これまでのシリーズを観ても日本の影響を感じられたと思う。そして今回は幸運かつお金もあったので、日本での念願の撮影が叶ったわけだね」と喜びを噛みしめていた。

 キアヌもさることながら、本作には真田広之やドニー・イェンら実力派も顔を揃えた。チャド監督は「彼らレジェンド級の俳優と仕事をする場合、私は彼らのありのままが出せる場を作ること意識している。すると彼らは最高のものを出してくれるからね。今回の私のミッションは、彼らの素晴らしいアクション・シーンを作ることだった」と演出術を語り「要するに、彼らが素晴らしいのは私のお陰ということだね!」と茶目っ気たっぷりだった。

 そんな中、花束ゲストとして『ジョン・ウィック』シリーズを全作見ているほどの大ファンという藤岡と阿部がステージに登壇。

 藤岡は劇中で展開されるアクションを褒めちぎりながら「今回は特に素晴らしい。アクションはプロ対プロのリアルなアクションが随所にちりばめられており、息をつかせぬ速い展開がある。銃の扱い、カー・アクション、日本の刀剣や武道や総合格闘技、そのすべての扱いが素晴らしい」と大興奮。

 阿部も「すべてのアクションが魅力的。柔道も入っていたりして迫力があって瞬きが出来ない。ジョン・ウィックは強い人で私も憧れています。大好きな作品の監督にお会いできて嬉しい」と喜色満面。

 二人からのこれら絶賛にチャド監督は「格闘家であるお二人にそこまで褒めてもらえるなんて……。心から嬉しい」と深々と頭を下げていた。一方、チャド監督に詳しい阿部は「本作において、ご自身の格闘家としての経験は活かされましたか?」などと質問。これにチャド監督は「キアヌたちに比べたら私なんて低レベル」と謙遜しつつ「ただ私の格闘経験という背景によって、同じ言語を語ることができた。格闘技経験があることで私は体の動きというものを理解しているので、アクションのコミュニケーションをとる上で役に立った」と打ち明けていた。

 最後は日本での大ヒットを祈願して3人仲良く鏡開き。チャド監督は劇場公開を楽しみにしている日本のファンに向けて「今日は客席に日本のスタント・チームが来てくれている。彼らは素晴らしい仕事をして、たくさん倒れてくれた。……というか映画そろそろ観たいよね? 日本の皆さんありがとう! 早く映画を観てください!」と呼び掛け、盛大な盛り上がりの中イベントは終了した。

 登壇者:チャド・スタエルスキ監督、藤岡弘、、阿部 詩
 MC:奥浜レイラ

プロフィール

チャド・スタエルスキ監督
 2014年、キアヌ・リーブス主演の『ジョン・ウィック』で映画監督デビュー。2017年に『ジョン・ウィック:チャプター2』、2019年『ジョン・ウィック:パラベラム』を監督。最新作『ジョン・ウィック:コンセクエンス』の監督も務めた。『マトリックス』でキアヌのスタントダブルを務め、『マトリックス レザレクションズ』には出演をしている。スタントスタジオ「87 イレブン」も自ら設立。
 今後『Ghost of Tsushima』、『レインボーシックス』などの監督作が控える。

公開表記

 配給:ポニーキャニオン
 2023年9月 全国公開

(オフィシャル素材提供)

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました