作品紹介

『違う惑星の変な恋人』

©「違う惑星の変な恋人」製作委員会

イントロダクション

 インディーズ映画では異例の199分に及ぶ傑作恋愛群像劇『恋愛依存症の⼥』がシネマ・ロサの動員記録を達成。その後、感動シネマアワードの企画コンペグランプリを受賞した『階段の先には踊り場がある』で商業デビューを果たした今泉⼒哉以降の新世代恋愛群像の旗⼿・⽊村聡志監督の最新群像劇『違う惑星の変な恋⼈』の劇場公開⽇が2024年1⽉26⽇(⾦)に決定。新宿武蔵野館ほかほか全国順次公開となる。

 ドラマ・映画・舞台で注⽬を集める⼥優・莉⼦と筧美和⼦、『偶然と想像』『愛なのに』『よだかの⽚想い』と話題作への出演が相次ぐ中島 歩、「君の花になる」「ばらかもん」の綱 啓永、『愛なのに』で主題歌を担当していたシンガーソングライター・みらんという異⾊メンバーによるこんがらがった恋愛群像の⾏⽅や如何に――。

©「違う惑星の変な恋人」製作委員会

ストーリー

 同じ美容室で働くむっちゃん(莉⼦)とグリコ(筧美和⼦)は、ふとしたきっかけでお互いの⾳楽の趣味が合うことを発⾒して以降はなんでも話し合う仲になる。ある⽇、美容室にグリコの元カレ・モー(綱 啓永)が現れる。グリコはモーから復縁を迫られているらしい。グリコはシンガーソングライター ・ナカヤマシューコ(みらん)のライブで旧知のベンジー(中島 歩)と再会。同⾏していたむっちゃんはベンジーに⼀⽬惚れしてしまう。

 むっちゃんはグリコとモーの協⼒を得てなんとかベンジーと恋仲になろうと、モーはむっちゃんの⼒を借りてグリコにアプローチをし続けることに。そのまた⼀⽅、ベンジーはナカヤマシューコと関係を持っていて、むっちゃんからの恋⼼も感じているもののひさしぶりに会ったグリコに⼀番惹かれている。またグリコもむっちゃんへの罪悪感を感じつつも、久しぶりに会ったベンジーに惹かれていることに気付き始める。
 カタールW杯の⽇本戦が始まる頃、複雑にこんがらがってしまった恋の⽮印を整理するためにむっちゃん、グリコ、ベンジー、モーが⼀同に介するのであった――。

 (2023年、日本、上映時間:116分)

キャスト&スタッフ

 出演:莉⼦、筧美和⼦、中島 歩、綱 啓永、みらん、村⽥ 凪、⾦野美穂、坂ノ上茜
 監督・脚本:⽊村聡志
 製作:藤本款、直井卓俊、久保和明、⽟井雄⼤、柳﨑芳夫、前信介、⽔⼾部晃
 プロデューサー:原⼝陽平、秋⼭智則、久保和明
 企画・キャスティング:直井卓俊
 ⾳楽:渡辺雄司(⼤⽥原愚豚舎)
 劇中歌・主題歌:みらん(NOTT/NiEW)
 撮影:⼭⽥笑⼦
 制作プロダクション:レオーネ

ギャラリー

特報

オフィシャル・サイト(外部サイト)

 X アカウントhttps://twitter.com/chigawaku2024(外部サイト)

公開表記

 配給:SPOTTED PRODUCTIONS
 2024年1⽉26⽇(⾦) 新宿武蔵野館ほか全国順次公開

(オフィシャル素材提供)

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました