最新ニュース

大江崇允監督最新作『鯨の骨』特別映像【主題歌】ver.&新ビジュアル2種 解禁!

Ⓒ2023『鯨の骨』製作委員会

 落合モトキ×あのがW主演、大江崇允監督最新作『鯨の骨』が2023年10月13日(金)より、渋谷シネクイント、シネマート新宿他にて劇場公開となる。
 濱口竜介監督と共同執筆した『ドライブ・マイ・カー』が米アカデミー賞®脚色賞にノミネートされ、話題沸騰の配信ドラマ「ガンニバル」の脚本も手がけた大江崇允が、「AR」を題材にリアルとバーチャルが混濁する世界を描く、サスペンスフルで新感覚な意欲作。
 【AR】アプリ「ミミ」にはまり込んでいくサラリーマン、間宮を演じたのは『桐島、部活やめるってよ』『素敵なダイナマイトスキャンダル』の落合モトキ。子役からの長いキャリアを持つ実力派が、無気力とナイーブの狭間を漂う主人公を好演。そして間宮のみならず、孤独なひとびとを引き寄せる“明日香”役は、強烈な個性で注目を集めるミュージシャン、あの。“あの”という存在が象徴している今の時代の空気がみごとに役に生かされており、とらえどころのない【AR】アプリ「ミミ」のカリスマ少女に扮している。
 また、明日香に憧れ、「ミミ」内で新たなカリスマを目指す女性、凛役に横田真悠、間宮の元婚約者、由香理役に大西礼芳、明日香の熱狂的な信者、しんさん役に宇野祥平が扮し、脇を固めている。

anoの主題歌「鯨の骨」は主演を務めるあのが映画をイメージして作詞作曲を担当!
特別映像【主題歌】ver.&特別ビジュアル2種を解禁!

 本作で落合モトキとW主演を務め、アーティストとしても精力的に活動しているあのが、大江監督からの依頼を受け、本作の主題歌の楽曲制作も担当。自身で明日香を演じながら、映画の撮影中に感じたことを詩に反映したという主題歌「鯨の骨」は、劇中の明日香の切ない想いが表現されており、特別映像ではそんな主題歌とともに明日香のさまざまな表情が捉えられている。

 完成した映画を試写で観たあのは「映画の主題歌を作るのは初めてだったのですごく嬉しかったし、自分の曲が流れるエンドロールを大画面で観ることは特別な経験でした」と語っている。
 なお、12月13日に発売されるanoの1stアルバム「猫猫吐吐」に主題歌「鯨の骨」も収録される。アルバムの初回限定盤には、一夜限りの限定公開となった配信ライブ「ano 1st Streaming LIVE」全編、anoの1stツアー「トキメキ偏愛♡復讐ツアー」のドキュメント映像を収録したBlu-rayや、フォトブックが付属する。
 また、何かを訴えかけるように鋭い眼差しでこちらを見つめる間宮(落合モトキ)と明日香(あの)の新たな特別ビジュアル2種も解禁となった。

 落合モトキ×あのがW主演、大江崇允監督最新作『鯨の骨』が2023年10月13日(金)より、渋谷シネクイント、シネマート新宿他にて劇場公開となる。
 濱口竜介監督と共同執筆した『ドライブ・マイ・カー』が米アカデミー賞®脚色賞にノミネートされ、話題沸騰の配信ドラマ「ガンニバル」の脚本も手がけた大江崇允が、「AR」を題材にリアルとバーチャルが混濁する世界を描く、サスペンスフルで新感覚な意欲作。
 【AR】アプリ「ミミ」にはまり込んでいくサラリーマン、間宮を演じたのは『桐島、部活やめるってよ』『素敵なダイナマイトスキャンダル』の落合モトキ。子役からの長いキャリアを持つ実力派が、無気力とナイーブの狭間を漂う主人公を好演。そして間宮のみならず、孤独なひとびとを引き寄せる“明日香”役は、強烈な個性で注目を集めるミュージシャン、あの。“あの”という存在が象徴している今の時代の空気がみごとに役に生かされており、とらえどころのない【AR】アプリ「ミミ」のカリスマ少女に扮している。
 また、明日香に憧れ、「ミミ」内で新たなカリスマを目指す女性、凛役に横田真悠、間宮の元婚約者、由香理役に大西礼芳、明日香の熱狂的な信者、しんさん役に宇野祥平が扮し、脇を固めている。

anoの主題歌「鯨の骨」は主演を務めるあのが映画をイメージして作詞作曲を担当!
特別映像【主題歌】ver.&特別ビジュアル2種を解禁!

 本作で落合モトキとW主演を務め、アーティストとしても精力的に活動しているあのが、大江監督からの依頼を受け、本作の主題歌の楽曲制作も担当。自身で明日香を演じながら、映画の撮影中に感じたことを詩に反映したという主題歌「鯨の骨」は、劇中の明日香の切ない想いが表現されており、特別映像ではそんな主題歌とともに明日香のさまざまな表情が捉えられている。

 完成した映画を試写で観たあのは「映画の主題歌を作るのは初めてだったのですごく嬉しかったし、自分の曲が流れるエンドロールを大画面で観ることは特別な経験でした」と語っている。
 なお、12月13日に発売されるanoの1stアルバム「猫猫吐吐」に主題歌「鯨の骨」も収録される。アルバムの初回限定盤には、一夜限りの限定公開となった配信ライブ「ano 1st Streaming LIVE」全編、anoの1stツアー「トキメキ偏愛♡復讐ツアー」のドキュメント映像を収録したBlu-rayや、フォトブックが付属する。
 また、何かを訴えかけるように鋭い眼差しでこちらを見つめる間宮(落合モトキ)と明日香(あの)の新たな特別ビジュアル2種も解禁となった。

ストーリー

 結婚間近だった恋人と破局した不眠症の間宮は、マッチングアプリで唯一返信をくれた女子高生と会うが、女子高生は間宮のアパートで自殺してしまう。うろたえて山中に埋めようとするも、気がつけば死体は消えていた。間宮はARアプリ「ミミ」の中で、死んだ女子高生と瓜二つの少女“明日香”を発見する。彼女の痕跡を追いかけるうちに、現実と幻想の境界が曖昧になっていく間宮。いったい“明日香”とは何者なのか? 彼女は死んだはずの少女と同一人物なのか?

 (2023年、日本、上映時間:88分)

※ ARアプリ『ミミ』とは?
 劇中に登場する、位置情報を元としてスマホカメラ画面で撮影した自分の動画を撮影場所に残せるサービス。また、ミミを起動することで、その場所に残された動画を再生することができる。名前の由来となったあのお伽話のように、秘密や愚痴を垂れ流し、それで街を埋め尽くそうという悪意のコンセプトで作られたジャンクアプリ。

※ ARとは?
 ARとは「Augmented Reality」の略称で、日本語では「拡張現実」を意味する。現実世界での体験にデジタル情報を重ね合わせ、新たな価値を生み出す「XR(Cross Reality)」と呼ばれる先端技術のひとつ。
 ARアプリの主な例として『セカイカメラ』『ポケモンGO』などがある。

キャスト&スタッフ

 出演:落合モトキ、あの
    横田真悠、大西礼芳
    内村 遥、松澤 匠、猪股俊明/宇野祥平

 監督:大江崇允
 脚本:菊池開人、大江崇允
 音楽:渡邊琢磨
 プロデューサー:近藤多聞、片山武志
 エグゼクティブプロデューサー:後藤 哲
 スーパーバイジングプロデューサー:久保田修
 共同プロデューサー:田中美幸 
 撮影:米倉 伸

 製作幹事:カルチュア・エンタテインメント
 制作プロダクション:C&Iエンタテインメント

予告編

オフィシャル・サイト(外部サイト)

映画『鯨の骨』公式サイト
落合モトキ×あの W主演 『ドライブ・マイ・カー』「ガン二バル」の脚本を手掛ける大江崇允監督作品 10月13日(金)より、渋谷シネクイント、シネマート新宿ほかにて公開

公開表記

 配給:カルチュア・パブリッシャーズ
 10月13日(金) 渋谷シネクイント、シネマート新宿ほか全国公開

(オフィシャル素材提供)

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました