最新ニュース

藤井道人監督・脚本『青春18×2 君へと続く道』“日台合作”国際プロジェクト作品/映画化決定

©2024「青春18×2」film partners

 監督・脚本 藤井道人(『余命10年』『新聞記者』)の最新作にして初の国際プロジェクト、日台合作映画『青春18×2 君へと続く道』が、2024年5月に劇場公開することが決定した。原作は、台湾で話題を呼んだ紀行エッセイ「青春18×2 日本慢車流浪記」。この物語にインスパイアされた国際的映画スター・張震(チャン・チェン)が映画化を企画、監督に日本映画界が今最も注目する藤井道人を切望し、本プロジェクトが始動した。

 始まりは18年前の台湾――。
 高校生・ジミーのバイト先に現れた日本から来た4つ年上のバックパッカー・アミ。ひと夏を同じ店で働き過ごすことになった2人だったが、次第にジミーはアミに淡い恋心を抱いていく。夜道をバイクで2人乗りしたり、映画を観に行ったり、2人の距離は縮まっていったが、突然、アミが日本に帰ることに。気持ちの整理がつかないジミーに、アミは“ひとつの約束”を提案する。時が経ち、あるきっかけで久々に実家を訪れたジミーは、日本に戻ったアミから18年前に届いたハガキを見つける。初恋の記憶がよみがえったジミーは、過去と向き合い、今を見つめるため、初めての日本での一人旅へ。アミとの思い出の曲を聞きながら列車に乗り、ジミーが向かうのは彼女の故郷。ジミーはアミとの再会を果たせるのか――。

 ジミー役には、今年公開された主演作が台湾映画における台湾興行収入歴代7位となる大ヒットを記録し、台湾最大の映画賞“金馬賞”の今年の主演男優賞にノミネートもされた超人気俳優・グレッグ・ハン。話題の韓国ドラマへの出演も決定し、台湾で公開されるスタジオジブリ『君たちはどう生きるか』のアオサギ役の吹き替え声優を務めるなど、アジア圏でいま最も注目を集める彼がついに日本への進出を果たす。アミ役には、数々のヒット映画、ドラマに出演、着実にキャリアを積み重ね、日本の若手女優の中でも名実ともに確固たる地位を築き上げてきた清原果耶。日台スターのダブル主演が実現した。
 さらには、米津玄師「Lemon」のMVなどの撮影も手掛け、藤井監督と数々の作品でタッグを組んできた今村圭佑が本作の撮影を担当。日本と台湾の四季折々の美しい風景と移りゆく時代が映し出され、岩井俊二監督による恋愛映画の金字塔『Love Letter』のオマージュが雪景色の中で撮影されるなど、心の原風景に立ち戻るようなエモーショナルでノスタルジックな世界が描かれている。日本と台湾、18年の歳月、国境と時を超えて、初恋の記憶をたどる旅が始まる――『余命10年』のスタッフが贈る、新たなラブストーリーが誕生した。

©2024「青春18×2」film partners

コメント&プロフィール

許光漢(グレッグ・ハン)
 オファーを頂いた時は、初めての国際プロジェクト作品への参加だったので、とても興奮しました。同時に緊張もありました。「青春」のほろ苦さや甘酸っぱさを感じられる脚本でしたが、日本語の台詞もあったので、少し心配でした。ですが、通訳の先生も熱心に教えてくださり、僕も出来る限り覚えられるよう努力しました。藤井監督の演出はとても正確で、監督の想像の中に俳優を入り込ませる能力も素晴らしく、ご一緒できて嬉しかったです。言葉は違いますが、すぐに息がぴったりと合ったように思いました。
 今回、日本と台湾の異なる文化を体験することができました。撮影に関わることから食文化などの些細なことまで、どれも興味深く、学ぶことの多い撮影でした。多くの初めてを経験でき、楽しかったです!
 皆様、ぜひ劇場で「青春」を堪能してください!

プロフィール
 1990年、台湾台北市生まれ。2013年「潛入藍中籃」で初主演を果たし俳優デビュー。2016年に植劇場シリーズドラマ「戀愛沙塵暴」、そして「先生、本当の恋って?」に出演し、台湾のエミー賞とも称される第52回金鐘獎で連続ドラマ助演男優賞にノミネート。その後も「時をかける愛」(19)で第55回金鐘獎の連続ドラマ主演男優賞にノミネートされ、アジアからの注目を集める。主な映画出演作は『ひとつの太陽』(19/チョン・モンホン監督)、『僕と幽霊が家族になった件』(23/チェン・ウェイハオ監督)など。その中、『僕と幽霊が家族になった件』は台湾映画史上第7位となる興行収入3.6億台湾ドル(約16億円)をあげる爆発的ヒットを記録。第96回米アカデミー賞®国際長編映画賞部門の台湾代表にも選出されるなど、今年の台湾を代表する作品となった。最近は台湾で公開されるスタジオジブリ『君たちはどう生きるか』のアオサギ役の吹き替え声優を務め、話題の韓国ドラマ「No way out」の出演も決定。アジアで「新・国民的彼氏」と呼ばれている。

清原果耶
 お話を聞いた時、どうしても参加したいと思えた素敵な企画でした。以前にも、ご一緒させていただいたことのある藤井道人監督と前田浩子さんがいるのならば、国際プロジェクトという新たな挑戦の場でも踏ん張ることができるはずだ、と撮影が始まる前から本当にワクワクしていました。
 今回演じさせていただいたアミちゃんは強く、儚く、とても魅力的な女の子です。許光漢(グレッグ・ハン)さんをはじめとする素敵なキャスト・スタッフの皆さまと、台湾、そして日本の地で紡いだ繊細な日々たちが皆さまの心を温められますよう願っています。

プロフィール
 2002年1月30日、大阪府生まれ。2015年、NHK連続テレビ小説「あさが来た」で女優デビュー。『護られなかった者たちへ』(21/瀬々敬久監督)で第45回日本アカデミー賞最優秀助演女優賞を受賞。主な映画出演作に『3月のライオン 前編/後編』(17/大友啓史監督)、『ちはやふる -結び-』(18/小泉徳宏監督)、『まともじゃないのは君も一緒』(21/前田弘二監督)、『夏への扉-キミのいる未来へ-』(21/三木孝浩監督)、『線は、僕を描く』(22/小泉徳宏監督)、『1秒先の彼』(23/山下敦弘監督)など。『片思い世界』(24/土井裕泰監督)の公開が控える。テレビドラマでは、「透明なゆりかご」(18/NHK)、「おかえりモネ」(21/NHK連続テレビ小説)、「ファイトソング」(22/TBS)、「霊媒探偵・城塚翡翠」(22/NTV)などの主演作がある。藤井道人監督とは『デイアンドナイト』(19)、『宇宙でいちばんあかるい屋根』(20)に続き3回目のタッグとなる。

監督・脚本:藤井道人
 僕のルーツの一つである台湾との共同プロジェクトは、本当に幸せな時間でした。
 プロデューサーのチャン・チェン、主演のグレッグ・ハンをはじめ、たくさんの大切な仲間たちが台湾で出来ました。
 言語や文化を超えて、互いの敬意を忘れずに『映画』に向き合い続けた日々は、僕にとっての宝物です。
 これは、18年前に置いてきた青春に、36歳になった主人公がサヨナラを告げる物語です。日本だけでなく、アジア、世界の人たちの心にしっかりと残る映画を目指しました。まさに、僕にとっての監督人生第二章のはじまりであると自負出来る作品になっています。
 清原果耶さんをはじめとする素晴らしい日本キャストと台湾キャストのコラボレーションをぜひ楽しみにしていてください。

プロフィール
 1986年生まれ。日本大学芸術学部映画学科卒業。大学卒業後、2010年に映像集団「BABEL LABEL」を設立。2014年伊坂幸太郎原作『オー!ファーザー』で商業作品デビュー。第43回日本アカデミー賞にて映画『新聞記者』が最優秀作品賞含む6部門受賞、他にも多数映画賞を受賞する。『青の帰り道』(18)、『デイアンドナイト』(19)、『宇宙でいちばんあかるい屋根』(20)、『ヤクザと家族 The Family』(21)、『余命10年』(22)など精力的に作品を発表しており、今年は『ヴィレッジ』、『最後まで行く』が続けて公開。今最も動向が注目されている映画監督の1人である。

エグゼクティブ・プロデューサー:張震(チャン・チェン)
 『青春18×2 君へと続く道』は、親しい友人でありプロデューサーの黃江豐(ロジャー)さんが紀行エッセイを見たことから始まり、4年の時間をかけ脚本開発をしました。その後藤井監督が参加してくださり大きな力となりました。この映画の誕生は、天の時、地の利、人の和のさまざまなご縁が結びついた結果です。
 長い間藤井監督の作品に注目しており、監督の映画の独特な魅力を高く評価していたため、撮影中は監督を深く信頼し、創作者としての監督の考えを尊重し支持をしました。グレッグ・ハンさんと清原果耶さんは非常に優秀な俳優です。二人の間で起こる化学反応を楽しみにしています。
 今回初めてエグゼクティブ・プロデューサーを務めました。国際共同製作はある種の試練、学びの機会であり、そして異なる仕事や文化的背景を持つ映画人たちの交流が増え、作品に異なる魅力を与えてくれます。
 青春の真っただ中にいる、又は嘗て青春を過ごした皆様に、この笑いあり涙ありのラブ・ストーリーをぜひご覧いただきたいと心からお勧め致します。

プロフィール
 1976年10月14日、台湾台北市生まれ。1991年、『牯嶺街少年殺人事件』(エドワード・ヤン監督)の主役で映画デビュー。主な映画出演作は『ブエノスアイレス』(97/ウォン・カーウァイ監督)、『グリーン・デスティニー』(00/アン・リー監督)、『百年恋歌』(05/ホウ・シャオシェン監督)、『ブレス』(07/キム・ギドク監督)、『レッド・クリフ Part I & PartⅡ』(08、09/ジョン・ウー監督)、『黒衣の刺客』(15/ホウ・シャオシェン監督)、『椿の庭』(21/上田義彦監督)、『DUNE/デューン 砂の惑星』(21/ドゥ二・ヴィルヌーヴ監督)など世界中の人気監督からオファーが舞い込む国際派俳優に成長。また、短編監督やプロデュース業へも進出すると、2018年にはカンヌ映画祭コンペ審査員に選出されるなど、中華圏を代表する国際映画人として活躍中。

キャスト&スタッフ

 出演:グレッグ・ハン、原果耶

 監督・脚本:藤井道人
 エグゼクティブ・プロデューサー:チャン・チェン
 撮影:今村圭佑
 原作:「青春18×2 日本慢車流浪記」
 製作幹事:JUMPBOYS FILMS/サイバーエージェント
 制作プロダクション:JUMPBOYS FILMS/BABEL LABEL

 (2024年、日本・台湾)

オフィシャル・サイト(外部サイト)

映画『青春18×2 君へと続く道』公式サイト
映画『青春18×2 君へと続く道』公式サイト。2024年公開 『余命10年』のスタッフが贈る、新たなラブストーリー 監督・脚本 藤井道人“日台合作”初の国際プロジェクトが始動!

 公式X(旧Twitter)・公式Instagram:@seishun18x2

公開表記

 配給:ハピネットファントム・スタジオ
 2024年5月 TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー

(オフィシャル素材提供)

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました