最新ニュース

『サタデー・フィクション』本ビジュアルが解禁!ロウ・イエ監督来日決定&コメントも到着

©YINGFILMS

 ロウ・イエ監督最新作『サタデー・フィクション』が11月3日(金・祝)より、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館、シネ・リーブル池袋、アップリンク吉祥寺にて全国順次公開となる。

太平洋戦争開戦前夜の魔都上海 日本海軍少佐と女スパイの偽りの愛と策略の7日間の物語

 中国に生きる若者の心情を瑞々しく、過激に描き続けてきた映画監督ロウ・イエ。『ふたりの人魚』(00)、『天安門、恋人たち』(06)、『スプリング・フィーバー』(09)など、映画史に残る数多くの名作を世に送りだした彼が最新作で選んだ題材は、太平洋戦争が勃発する直前の魔都、上海。世界各国の諜報員が暗躍していた時代を舞台に、人気女優とスパイの二つの顔を持つ主人公を中心に据え、当時上海の中心とされていた現存する劇場「蘭心大劇場」で巻き起こる愛と謀略の物語を美しいモノクロ映像で描き出す。2019年の第76回ヴェネチア国際映画祭コンペティション部門に正式出品を果たした話題作がついに日本でも公開を迎える。
 諜報員という裏の顔をもつミステリアスな人気女優の主人公ユー・ジン役には、ディズニー・アニメーション『ムーラン』の実写版などハリウッドでも活躍する、中国を代表する女優のコン・リー。日本軍の暗号通信の専門家・古谷三郎に扮するのは、中国でも高い人気を誇るオダギリジョー。さらに、オダギリ演じる古谷の護衛・梶原には出演映画の公開が続く中島 歩。その他、台湾の国民的人気俳優マーク・チャオ、海外ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』『ストレンジャー・シングス 未知の世界』で知られるトム・ヴラシア、『エディット・ピアフ~愛の讃歌~』のパスカル・グレゴリーら国際色豊かなインターナショナルキャストが名を連ねる。

 この度、本ビジュアルが解禁! 本ビジュアルでは、コン・リー扮する主人公のユー・ジンをはじめ、映画の主要キャラクターの顔が並ぶ。女優と敏腕スパイ、二つの顔を持つユー・ジン。彼女のターゲットであり、太平洋戦争の鍵を握る重要人物、古谷(オダギリジョー)。そしてユー・ジンの恋人で舞台演出家のタン・ナー(マーク・チャオ)。それぞれ思惑を胸に抱えた3人の運命が、日中欧の諜報戦が激化する魔都上海で交錯していく。古谷の亡き妻と自分の容姿が瓜二つであることを利用し古谷に近づくユー・ジンと、そんなユー・ジンの姿に心乱される古谷、危険なミッションに挑むユー・ジンを深く想うタン・ナーの危うい三角関係も示唆されている。さらに書かれている文字は手書きの簡体字で、ビジュアルだけでも映画の世界観に浸れるデザインとなっている。
 そして本作の日本公開を記念して、監督のロウ・イエ4年ぶりの来日が決定! 前作『シャドウ・プレイ』(19)のフィルメックス上映にあわせた来日から約4年ぶりに日本へやってくる。「『サタデー・フィクション』が日本で公開を迎えることになり、とても嬉しく思っています。素敵な映画体験になりますように」と日本公開を心待ちにしていたロウ・イエ監督から、喜びの声と日本の観客へメッセージも到着した。公開初日である11月3日(金・祝)には、シネ・リーブル池袋、アップリンク吉祥寺、新宿武蔵野館で行われる舞台挨拶に、オダギリジョー、中島 歩ら日本人キャストとプロデューサーを務めたマー・インリーと共に登壇する。

ロウ・イエ監督 コメント
 日本の皆さん、こんにちは。ロウ・イエです。
 『サタデー・フィクション』が日本で公開を迎えることになり、とても嬉しく思っています。
 この機会を借りて『サタデー・フィクション』に参加してくれたスタッフとキャストの皆さんに感謝の気持ちを伝えたいです。
 彼らはとても優秀で、一緒に働くことができ光栄でしたし、とても楽しかったです。
 日本の皆さんにもこの映画を楽しくご覧いただければと思います。
 素敵な映画体験になりますように。

© YINGFILMS

公開表記

 配給:アップリンク
 11月3日(金・祝)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館、シネ・リーブル池袋、アップリンク吉祥寺にて全国順次公開

(オフィシャル素材提供)

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました